2012年10月20日 (土)

夕暮れ時の月を撮影(by D7000):「星を継ぐ者」

昨日、久しぶりに月を撮影して見た。。夕日に染まる薄ピンクの月が色っぽく見えたからだ!!   
DSC_2770   
少しづつ時間をずらして撮影して見た。。   
DSC_2779   
更に暗く。。   
DSC_2788   
   
こんな綺麗な月を見ると、昔読んだSF小説を思い出す・・「星を継ぐ者:J.P.ホーガン」   
近未来・・宇宙開拓が始まり・・人類は月に手を伸ばしていた。。そんな時、月面の岩穴から死体(チャーリーと命名)が発見される。。身に着けていた宇宙服は現代のそれより進化したものだった。。調査を進めていくと、驚くべきことにチャーリーも宇宙服も1万年以上前の物であることが判明する。しかも遺伝学的にもチャーリーは現代人の祖先であることが解っていく・・J.P.ホーガン渾身の名作「星を継ぐ者」「ガニメディの優しい巨人」「巨人たちの星」の三部作。。秋の夜長にどうだろう!!お勧めする。。   
   
もっと暗く。。あら~もう夜・・   
DSC_2809   
   
web拍手 by FC2 written by トシyan    
関連記事:右下の「天体観測」に関連記事があります。

2012年8月26日 (日)

D7000直焦撮影(初めての)

直焦撮影というものをご存じだろうか?デジタル一眼のレンズの代わりに天体望遠鏡を着けたもので簡単・安易に超望遠を実現できてしまう。このように聞くと・・お安く(コストが)ないでしょ!!・・とか思われるでしょうが・・カメラの超望遠レンズに較べたら・・超安価です。まあこの世界、上を見ればきりがないですけどね・・私はVixenのA80Mfという鏡筒を使っています。まあ~高中学生向けのビギナー製品?なのですが・・なかなかどうしてちゃんと使えます!赤道義(地球の自転に応じて星を自動追尾したり、見たい星に自動で望遠鏡を動かしてくれたりします)無しのポルタⅡとセットなら(私もこのセットから始めました)4万円程度で購入できます。(^O^)   
IMG_2206IMG_2207   
スペック的には焦点距離が910mm,F11ぐらいになります。(まあ~直径8cmのレンズなんで・・こんなもんかと)あと・・通常望遠鏡は接眼レンズ(実際に目で見る場合)を取り付け見るわけですが、接眼レンズも焦点距離があるので比率で光学倍率が決まります。   
接眼レンズを交換することで倍率を(目標に応じて)変えていくことになります。(A80Mfだと40倍~100倍近くまでですかね・・)   
今回は直焦なので接眼レンズは入っていません、なので倍率的にはたいしたことはないです。(天体の世界では・・)   
写真は自宅のベランダから撮影した月です。(トリミング無し)   
DSC_2173DSC_2186   
シャッター速度を変えて明るめと暗めで撮影して見ました(確か1/80と1/160:ISO320)。。ノイズリダクション機能等も使ってません・・素のままの撮影です。暗めのほうが個人的には好きです・・・明るい方はピントが若干ずれているかもしれません。。^_^;   
撮影時のブレを防止するためにはセルフタイマでもいいですけど・・リモコンシャッターがあると便利です。リモコンシャッターは激安(確か400円ぐらい??)のパチモンですう~!でもちゃんと動きますよ。。   
IMG_2208   
しかし、撮影して気づいたことがあります。メカシャッターが切れる度にカメラが微妙に振動します・・月のような明るい物なら問題ありませんが・・今後、接眼レンズも入れての撮影(土星やら木星等・・)で倍率を上げていくと・・かなり不安になりますね・・何百倍にもなっているので風が吹く程度でも像が揺れますからね~三脚の性能限界かな??。。ポルタⅡですからね・・うまいやり方をご存じの方がいましたら・・コメント下さい。。<(_ _)>

web拍手 by FC2 written by トシyan

関連記事:右下の「天体観測」に関連記事があります。

2012年8月17日 (金)

ペルセウス流星群と天の川

さてさて、Nikon D7000を購入した目的を告白しよう!(^◇^)。。2年前に天体望遠鏡を購入して以来、星に興味が湧いてきた・・YouTubeを何気なく見ていたら、インターバル機能で天の川を撮影し動画化したものがあった。。これが実にすばらしく感動してしまった。。これだ~!!(^_^)v。。これなら赤道儀(地球の自転に合わせ自動追尾してくれる三脚+モーター+マイコン制御のようなもの)も必要ない・・・夏休み12日の夜はペルセウス流星群が極大を向かえる。。10~12日は嫁の実家なので鳥海山での撮影も可能だ・・・・13日以降は私の実家なので、地元の御亭山・八溝山でいくらでも撮影チャンスがあるはず・・・天の川をバックに流星群がスパ・スパと流れていく絵が撮れたら・・と夢が膨らみ・・買ってしまったのだ!そして、夏休みはやって来た。。でも、なんで。。こういう時に限って天気が悪いの?<(`^´)>?山形でも夜の天候はだめ。。栃木もまったく天候に恵まれず・・・とりあえず撮っては見たが・・雲が多すぎて途中で中断となってしまった。。これをYouTubeに投稿するにはあまりにも微妙なのだが・・折角なので載せておこうか!!(微速度撮影とも言うらしい) 
    
http://youtu.be/ma9sMlui4Yo

チャンスはまだまだ!!これからもある!!綺麗な絵が撮れたら必ずアップするので。。乞うご期待!!

Data:Nikon D7000+Nikkor16-85mm,F3.5,Interval 21sec, Exposure time 20sec,ISO 3200
       Frame rate 8/sec

written by トシyan

関連記事:右下の「天体観測」に関連記事があります。

御亭山

夏休みも中盤に入りました、今日は栃木(私の実家)に来ています。。下見も兼ねて、御亭山(こてやさん)で調査開始です。。
いい感じ!周辺に余計な街灯(光害)もなく・・360°ほぼ地平線が確認できます。にらんだ通り、天体観測にはもってこい(最適)の場所ですね・・(#^.^#)
DSC_1335DSC_1338
ここまで曇り、雨、曇り・・と天候に恵まれませんでしたが、今日はなんだかいけそうな気がします・・\(^o^)/
DSC_1368DSC_1360
しかし、D7000と16-85mmの組合せは風景が最高です!『緑』と『青い空』と『雲』を撮らせると、見ている風景を切り取ったように写してくれます。よお~し!今夜は星空撮影にチャレンジしますか・・・飼い猫のマルも今夜は晴れると言っています。

DSC_1298


written by トシyan

関連記事:右下の「天体観測」に関連記事があります。