« フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!②ゴルフ理論編) | トップページ | フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!④ダブルハンド編) »

2017年3月 4日 (土)

フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!③シングルハンド編)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・・前回のゴルフ理論をシングルハンドのキャスティング(シュートキャスト)に展開して説明します。。基本的にOH(オーバーヘッド)であれ・・シングルハンドスペイであれ・・アンダーハンドでもまったく理論は同じです。。下図はシュートキャストの流れをイメージしたイラストになります。。   
image   
①から②付近はシフト動作のみで前方に振り降ろしていきます。③あたりから手首を使った回転が始まり、⑤で曲がりが最大になり・・⑥で復元することでTip速度が最大になります。下図はポジションごとの運動ベクトル(手の動く方向)とバットの角度をあらわしたイメージ図になります。   
image   
基本的に・・前回のゴルフ理論とまったく同じです。。①はシフト動作が主体で・・動く方向とバットの角度が大きいため・・ロッドが大きく曲がることはありません。③になると回転が少し入ってくるので動く方向とバットの角度も小さくなり・・ロッドも少しづつ曲がってきます・・当然ですが・・ホールも入ってきます。⑤になるとシフト動作より手首の回転が主体となりロッドの曲がりは最大になります。。最初はシフト動作でラインを加速させ・・ロッドをなるべく曲げないように・・グリップエンドを振り降ろします・・少しづつ回転を加え・・最後はシフト動作はなくなり回転のみでシュートになります。。どうです~ゴルフ理論とまったく同じでしょう!!よく「バットを使え」と言われますが・・バットは硬いわけで・・当然ですが復元も速くなります・・なので・・シュートの直前でバットを使う必要がある訳です・・ただし・・その時はTipやミドルは曲がっている必要がある・・曲がる順番は「Tip」「ミドル」「バット」になり。。・・復元では・・「バット」「ミドル」「Tip」と順番に戻ってくるので・・最大加速を得ることができます。。これはOH(オーバーヘッド)だろうが・・スペイだろうが・・アンダーハンドだろうと・・まったく同じ原理だし・・昔からあった技術のはずです。。しかも・・特別な発明でもなんでもなく・・スポーツの基本原理そのものですよね!!(次回ダブルハンド編に続く) 

関連記事: 
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!①プロローグ編)    
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!②ゴルフ理論編)    
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!③シングルハンド編)    
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!④ダブルハンド編)    
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!⑤おさらい編)    
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!⑥加速度編) 
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!⑦アンダーハンド編-1) 
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!⑧アンダーハンド編-2) 
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!⑨上達の近道は無い編) 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                        
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!②ゴルフ理論編) | トップページ | フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!④ダブルハンド編) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/64970674

この記事へのトラックバック一覧です: フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!③シングルハンド編):

« フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!②ゴルフ理論編) | トップページ | フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのか!④ダブルハンド編) »