« 高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3) | トップページ | インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編) »

2016年12月10日 (土)

高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・今更ですが・・スペイキャストを始めて・・もうすぐ3年になろうとしています・・ここまで平坦な道のりではなかったし・・無駄な時間と金銭的にも浪費をしてきました。。不思議な事に・・始めたばかりの入門者を見ると・・感情移入してしまうんですよね・・こういう人達には自分のような誤った道を辿らせてはいけない・・最初に良いもを買ってもらって・・無駄な時間と浪費を抑え・・効率的な道を行って欲しい!!人間・・歳を取るとお節介になるんでしょうな~・・このテーマの原点はここにあるし・・この記事のターゲットはあくまで初心者・(自身のヘッポコぶりではこれが限界だしね・(^_^;)・)。。それから前提条件だけど・・高弾性ロッドと言っても常識的な限界はありますよね・・競技用のロッドで渓流用の#2番ラインを使えば・・ウルトラ・スーパー・エクストラになるでしょうが・・あまりにもエキセントリックですよね・・一方・・ベロンベロンな腰ぬけロッドをしなやかとは表現しないと思います。。   
   
本題に入る前に・・もし・・前篇を読んでいない方がいたらこちらからお願いしたい(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1))(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2))(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)      
      
◆このテーマにおける前提条件をまとめると・・      
       
高弾性ロッド:やや硬めのロッド~高反発(かなり硬め)なロッドまでを指す   
しなやかなロッド:曲がってくれて・・復元の速いロッド(抜けの良いロッド)を指す   
ターゲットは初心者ですね   
   
あくまで自身の知っている範囲ですが・・エキスパートの方々やワールドワイドな師範ほど・・上記のしなやかなロッドを理想としている事が多いです。。あの・・S氏(弟)ですら・・曲がって・・復元が速い・・バランスが重要だと言っています。(まあ~K・Bulltはまったく実現できていないですけどね)   
   
さて・・かなり以前の記事でも触れていますが・・運動エネルギーの公式って奴ですね・・以下の式です。   
    
E=1/2mv²(mが重量、vは速度です)       
    
DH#6番手
のラインベリー部分の重量を仮に19.8gとします。また、シュートの瞬間のTip速度を仮に時速70Km(19.4m/秒)とすると・・運動エネルギーは3.74(J)になります。これと・・同じエネルギーをDH#5番手(17.2g)で得るには時速75kmが必要になります・・約7%の速度アップで同等になるんですね・・しかも・・ラインが細いということは・・空気抵抗が低くなるので・・上記の速度以下でも飛んでくれる計算になります。素人の実験なので・・実測(ラインスピード)できる機材もありません・・なのであくまで・・自身の感覚だし・・状況にもよりますが。。   
しなやかなロッドはラインを一番手落としたほうが(軽くしたほうが)飛ぶし・・スピードも速くなります・・重いラインはどうしても落下が早くなりますね。。一方・・高弾性ロッドはラインの番手を落としても・・上げても・・飛距離は変わらないか・・もしくは悪くなります。。更に・・成功率と言うか・・繰り返した場合ですが・・高弾性ロッドは最初のうちはまずまずなんだけど・・数をこなすうちに・・どんどんと乱れて行く。。一方・・しなやかなロッドは中盤から後半のほうがむしろ安定してくる。。結局・・実際の釣りにおいては・・数えるほどのベストキャストよりも・・総合的(トータル)な飛距離が物を言う。。更に実釣ではウェーディングをするし(水面の高さが変わる)風や波もある・・ここで得る経験こそが全て!!足首程度の水面・・理想的な環境での練習では判らない事も多い。。   
   
◆そして・・問いかけます・・      
※あなたの目的はなんですか??どんな釣がしたいですか??   
※ロッドのメーカー・製作者(開発者)に対して・・このロッドがあなたの答えですか?全てのユーザーと真剣勝負をする自信がありますか?   
   
◆そして自身のポリシーは・・   
少し矛盾した話になりますが・・自身は釣が好きだけど・・キャス練も好きです・・ストイックなキャス練も・・キャス友と逃がした大物の話や・ロッド・ラインの話題で笑談する時間をとても大事にしています。。でも・・初心者には・・苦労も無駄な練習もさせたく無い・・自分が好き(キャス練やスポーツとしてのフライフィッシングが)だから・・他の人も好きとは限らないし・・だから・・たぶん偉そうにこんな事を言うと思いますよ。。   
   
森羅万象・・万物の法則は常に最大効率へと向かっている。。   
   
時は金なり・・無理・無駄をしてはいけない!!無理な練習を繰り返す時間があったら・・残業するなり・・バイトをして・・稼いだ金で理想のロッドを手にいれるべき!!   
   
◆最後に・・このテーマの原点は・・      
フライフィッシングの落陽です・・非常に残念な話ではありますが・・若い世代のフライ人口の減少と言う現実があります。。思ったようにロッドやラインが売れない訳だから・・メーカーにとっては非常に厳しい冬の時代に入りつつあるわけですね。。で・・ビジネス的にどうしたか・・と言うと・・既存の顧客(すでに何本もロッドを持っている人)に更に買ってもらおうとしている訳です・・それには戦略が必要ですよね・・そこで「高弾性」「飛距離」って事になる訳ですよ。。中上級者なら・・キャスティングを遊びとして・・一本くらいあってもいいかな・・って乗りで買う人もいる訳ですよ。。でもね・・一番迷惑(混乱の極み)しているのが・・初心者(被害者)です・・こんなやりたい放題をやっていたら・・更に若い人はフライに見向きもしなくなる・・本当にそれでいいのでしょうか??・・自身はこれまで提示してきたロジックが間違っているとは思えないんですよね・・だから・・何度でも・・信念を持って言いますよ「高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!」   

 

関連記事:高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1)   
高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2)   
高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)   
参考記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
アンダーハンド(下) vs オーバーハンド(上)どっちがいいの?   
スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント

 

   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・             
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3) | トップページ | インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編) »

」カテゴリの記事

コメント

トシyanさん
早速ライン入手から始めます。
まだ先ですが来シーズンに向けて準備したいと思います。
キールストリーマーも巻いてみます。
ありがとうございました。

くまさん・・こんばんは~・・湖のリトリーブ・・いわゆる引っ張りは最高に楽しいですよ・・ガツンとくるダイレクトなアタリは一度味わうと病みつきになります。。何とか・・飛ばせるようにがんばりましょう!!まず・・ご質問の件ですが・・
①リーダーは着けて練習してください。フライの変わりにヤーン(毛糸)を7cmほどの長さで切って、中央で結んでください。これが無いと・・アンカーが抜けてしまいます。練習方法例もこの仕掛けで練習してください。
②12f6’の6番ならば中禅寺湖でも芦ノ湖でもメインロッドとして問題なく使用できます。
練習例(2)ですが・・
ロッドの反発力が何となく判ってきたら・・次はDループの練習です。一番簡単なペリーポークから始めるのが無難です。シューティングスペイとペリーポーク(純正のスカジット系)はラインを最初に折りたたむのは同じですが・・実はまったく別物です。シューティングスペイは前後(2次元的な)のキャスト(だから硬めのロッドが向いている)・・一方ペリーポーク(純正スカジット)は円運動ベクトル(ロッドを最初から曲げたままキャストアウト)によるキャストです。とは言っても・・コメントでは説明できないので・・練習方法も含め・・記事で提示します。(来年かな・・(^_^;)・・)

トシyanさん
アドバイス頂きありがとうございます。
自分の情報も入れず失礼しました。
湖でのリトリーブの釣りがしたくて練習はじめました。元々ルアーで湖の釣りをしていてそこそこの成果は出ていたのですが、限界を感じる部分があり、フライのダブルハンドの釣りを志すきっかけになりました。
フライ自体は川などでシングルハンドでのドライやウエットの釣りは経験がありますが、ツーハンドのスペイ系のキャスティング(特にバックのない場所)で飛距離がでず、リトリーブが成り立たないと思い悩んでいたところです。
OH-Dでアンダーハンドキャスティングの真似をして、デルタシューティングヘッドでシューティングスペイの真似をして(DVDで見ました。)
この飛距離ではとても釣りにならないと思い道具買いに逃げようとしていましたが、教えて頂いたラインを用意して教えて頂いた練習方を試してみます。
質問ばかりですみませんが、教えて頂いた練習の場合リーダーは付けたほうがいいですか?
あとロッドは六番ですが中禅寺湖で使えますか?

くまさん・・こんにちは~・・くまさんのキャスティングスタイルやどのような釣をされるのか?情報が無いため・・無難な方法として以下はどうでしょうか?(最小限のコストと時間効率)
◆まずラインを変えて試す
ラインが変わることで劇的にキャスティングも変わります。OH&Dは個人的にお勧めできるラインではありません。自身も2本ほど所有しておりましたが、今は実験用として何度も寸断され原型を留めていません(^_^;)。。
◆お勧めラインは
RIOのバーサTip(ショート)がお勧めです。川でも・・湖でも・・管釣でも・・それなりの範囲をカバーできます。キャスティングスタイルも選ばない・・オールラウンドなラインです。
http://www.waltonflyfish.com/rio_products_item.php?no=652&subno=728&subno2=794
インファンテは試投したことがありませんが、JTHよりはしなやかと思われるため、ロッドの番手通りのラインが無難ではないでしょうか・・もし、アンカーが切れるようであればリーダーを長めにするか、たらしを少し多めにとって調整してください。
◆練習方法の例として(残念ながら練習が不要なロッドやラインは無いです)
既にご存じかもしれませんが・・ラインヘッドをすべて出して・・たらしは50cmくらい・・ロッドを自分の正面・・水平に構え・・(OHで前後に振るのと同じ要領で)・・ロッドを左右に振ります。。ラインを空中(左右横方向)に浮かせながら・・ラインが伸びきったら逆へ動かしを繰り返します。ロッドを動かして・止めることで・曲がったロッドが復元しラインが飛んで行きます。ある程度勢いが必要です。力の入れ具合でロッドがどの様に曲がるか・・ラインはどう歪むのか・・ラインの重さとロッドの反発力を感じる練習です。最初(動き始め)に全力を出すのではなく・・止める直前に力を入れる。
◆個人レッスンを受ける
まあ~師匠にもよりますが・・(^_^;)・・プロならば不足している所や間違っている所をアドバイスしてくれると思います。。まずはロッドの前にここまでの投資をしてはどうでしょうか?
◆ロッドについて
ロッド選択は嗜好による要素が出てきます。しなやかなロッドにもオートマチックもあればマニュアルもあります。バットパワーが少しでも変わるだけで・・別物になってしまいます。SAGEやScottでさえ、同じ型番や番手でも個体差があります。。購入前に試投される事をお勧めします・・誰かに背中を押してもらうのは無理で・・自分で飛び込むしかないですね。

はじめまして。もう3年ほどトシやんさんのブログ更新楽しみにしています。今回の4部作は私の非常に興味のある部分が題材になっていて、我慢できず、投稿させて頂きました。私もスペイ系のキャスティング歴はトシやんさんと同じくらいです。しかし初心者レベルからぬけだせず、周りに実践者や詳しいショップもないためネット頼りの情報収集でsic竿や硬い竿を買ったり売ったり迷走をして、現在はティムコのインファンテツーハンドとOH-Dラインで練習していますが前述のような初心者レベルなのです。
バイトや残業をしてでも買って上達に役立つロッド、ライン教えて下さい。スコットや、セージのロッドまで所有するトシやんさんのおすすめロッドなら信用できると思いますので、おねがいいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/64608257

この記事へのトラックバック一覧です: 高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4):

« 高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3) | トップページ | インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編) »