« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月18日 (日)

Surface Seducer Double Barrel

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・風変わりなマテリアル(?)を見つけた・・元々はバス用のフライなんだけど・・管釣り用として面白いかな??って買ってみました。。   
IMG_1766BAGU   
ヘッドを逆に付けるか・・素直に付けるかでアクションが大きく変わる・・完全にフローティングなんで・・トップウォーターだけでなくボトムスキャンとしても使用できそうである。。専用のフックに取付けて・・ハックルと適当なテールを着けるだけの簡単タイイング。。   
IMG_1767   
年末年始の管釣り大会で活躍しそうな雰囲気が・・あるかも??   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編(2))

プロバイダ編第2段です~・・やっぱり・・このお題って専門用語が多くて・・難しいのかな~・・とりあえず・・今回は直球で説明しますね。。前回は・・プロバイダのDHCPやDNSの話をしましたが・・今回はバックボーンという回線全体に関わる内容です。。まず・・下図を見てください・・これがインターネット回線・・全体イメージになります。。   
image   
   
バックボーンって言うのは・・回線を相互接続させた集合体で・・まあ~高速道路や新幹線みたいな物と思っていいです。「フレッツ光・・1G」とか言っているのは・・回線業者の範囲(下図:地域基地局までの範囲)でしかありません。しかも・・一戸で1Gを独占できる訳ではなく・・最大だと・・32戸で一回線を共有する場合もあります。   
   
image   
   
東京の一戸建①(フレッツ光でプロバイダはOCNの場合)から大阪の企業BのWebサーバーをアクセスした時の流れは以下のようになります。。   
   
image   
   
仮に・・フレッツ光の回線を占有でき・・1Gをそのまま使えたとしても・・その先のOCNバックボーンや企業Bの帯域が狭ければ(車線が少ない)回線速度がでないというのが・・容易に想像できるのではないでしょうか・・。。皆同時で使用できる容量/帯域(車線や車両数)は決まっているので・・使用する人口が増えれば・・制御・制限が掛かって・・一人あたりの帯域はどんどんと狭くなります。。次回は・・IX(インターネットエクスチェンジ)やいわゆる大動脈といわれる基幹ネットワーク・・(まあ~結局これもバックボーンなんですけどね)・・の話をしましょう!!    
◆シリーズ編   
インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編)   
◆関連記事:   
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント   
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)   
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)   
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)

   

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年12月11日 (日)

インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編)

何度か取り上げているテーマなんだけど・・過去の記事はどうも・・玄人・玄人しすぎてしまって・・一般受けしない(理解できない->敬遠される->アクセス数が伸びない)と言う残念な結果になっています。。(挑戦したい人は以下を見てください)   
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・   
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・   
確かに・・GE-PONとかTDM・・TDMA・・TCPIPだのを簡単に・・判り易く説明するのは無理がありそうです。そこで・・指向を変えて・・アプリレイヤーに近い所から説明します。。(あくまで入門者向けなので・・細部は割愛しますよ)   
   
1.固定回線(光やADSL)でインターネット接続をするには・・   
一般家庭において固定回線によるインターネット接続をするには・・プロバイダの各種プランを契約する必要がありますよね・・自身の場合は「niftyAUひかり(1G)」を契約しています。。ここで・・「AUひかり」はKDDI(回線事業者)の通信回線網・・(ちょっと難しくなってきたかな(^_^;))・・「nifty」はISP:プロバイダになります。。宅配の仕組みに例えると・・通信回線網は「配送車を指します・・配送車は集配所からお宅まで来てくれますよね。。      
YAMATO1      
そして・・輸送車
」がプロバイダの役割に相当します(まあ~イメージとしてはね)。。 各地域の集配所から別の集配所へ大量輸送します。。      
YAMATO2      
実際の物理的な接続は・・「自分のPC<->ルーター(ホームゲートウェイ)<->ONU(PONインターフェース):ここまでは自宅の中」      
<->「
基地局<->SNポート<->インターネット網:電柱より先の話」    
      
2.ISP:プロバイダのDNS・DHCPサービスって何??      
また小難しい専門用語が出てきましね・・これが・・・プロバイダの重要な役割になります。。プロバイダから送付されたレンタル機器(ONUやホームゲートウェイ)の電源が入った直後は・・回線に物理接続されてはいるんだけど・・自分の所在(住所)が確定していません。。回線の正常が確認できると・・ホームゲートウェイに登録した・・IDとパスワード(プロバイダ契約書に記載されています)によって・・あなた自身が契約者であるという認証が取れます(意識しなくとも自動でやってくれます)・・これによって・・あなたのホームゲートウェイにIPアドレス(12.34.56.78:1から255までの4つの数字)という世界に一つの住所が与えられます(DHCP)。。さて・・これで回線網にアクセスすることができますが・・・これだけだとIPアドレスを直接指定する必要があります。普通ULRを入れる時って・・www.yahoo.co.jpって入れますよね・・この名前から住所(IPアドレス)を調べて教えてくれるのがDNS(ドメイン・ネーム・サーバー)になります。。      
      
①自分のPC(webブラウザー)からwww.yahoo.co.jpを入力すると・・      
②プロバイダのDNSサーバーはあなたのPCにwww.yahoo.co.jpのIPアドレスを返す・・      
③自分のPC(webブラウザー)はyahooのIPアドレスを直接指定してyahooのページを開く・・ 
(2回目以降はPC側でキャッシュ(一時保存)されたIPアドレスが使用されるのでDNSへの問い合わせは無し)      
      
これで・・やっと・・ブラウザーに表示されるようになります。。      
      
3.ISP:プロバイダによって回線速度は変わるのか??      
プロバイダによっては何10万・・何100万回線の契約者がいる訳で・・ある程度アクセスが集中されても大丈夫な容量を確保する必要があります・・これがショボイと・・急にレスポンスが悪くなったりする可能性が出てきます。。      
      
次回はプロバイダのバックボーンについてです。。これによる回線速度の遅延要因を分析してみましょう。。       
◆シリーズ編   
インターネット回線(通信)の速度が遅い??(ISP:プロバイダ編(2)) 

 

◆関連記事:   
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント   
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)   
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)   
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)   

    

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・    
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年12月10日 (土)

高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・今更ですが・・スペイキャストを始めて・・もうすぐ3年になろうとしています・・ここまで平坦な道のりではなかったし・・無駄な時間と金銭的にも浪費をしてきました。。不思議な事に・・始めたばかりの入門者を見ると・・感情移入してしまうんですよね・・こういう人達には自分のような誤った道を辿らせてはいけない・・最初に良いもを買ってもらって・・無駄な時間と浪費を抑え・・効率的な道を行って欲しい!!人間・・歳を取るとお節介になるんでしょうな~・・このテーマの原点はここにあるし・・この記事のターゲットはあくまで初心者・(自身のヘッポコぶりではこれが限界だしね・(^_^;)・)。。それから前提条件だけど・・高弾性ロッドと言っても常識的な限界はありますよね・・競技用のロッドで渓流用の#2番ラインを使えば・・ウルトラ・スーパー・エクストラになるでしょうが・・あまりにもエキセントリックですよね・・一方・・ベロンベロンな腰ぬけロッドをしなやかとは表現しないと思います。。   
   
本題に入る前に・・もし・・前篇を読んでいない方がいたらこちらからお願いしたい(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1))(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2))(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)      
      
◆このテーマにおける前提条件をまとめると・・      
       
高弾性ロッド:やや硬めのロッド~高反発(かなり硬め)なロッドまでを指す   
しなやかなロッド:曲がってくれて・・復元の速いロッド(抜けの良いロッド)を指す   
ターゲットは初心者ですね   
   
あくまで自身の知っている範囲ですが・・エキスパートの方々やワールドワイドな師範ほど・・上記のしなやかなロッドを理想としている事が多いです。。あの・・S氏(弟)ですら・・曲がって・・復元が速い・・バランスが重要だと言っています。(まあ~K・Bulltはまったく実現できていないですけどね)   
   
さて・・かなり以前の記事でも触れていますが・・運動エネルギーの公式って奴ですね・・以下の式です。   
    
E=1/2mv²(mが重量、vは速度です)       
    
DH#6番手
のラインベリー部分の重量を仮に19.8gとします。また、シュートの瞬間のTip速度を仮に時速70Km(19.4m/秒)とすると・・運動エネルギーは3.74(J)になります。これと・・同じエネルギーをDH#5番手(17.2g)で得るには時速75kmが必要になります・・約7%の速度アップで同等になるんですね・・しかも・・ラインが細いということは・・空気抵抗が低くなるので・・上記の速度以下でも飛んでくれる計算になります。素人の実験なので・・実測(ラインスピード)できる機材もありません・・なのであくまで・・自身の感覚だし・・状況にもよりますが。。   
しなやかなロッドはラインを一番手落としたほうが(軽くしたほうが)飛ぶし・・スピードも速くなります・・重いラインはどうしても落下が早くなりますね。。一方・・高弾性ロッドはラインの番手を落としても・・上げても・・飛距離は変わらないか・・もしくは悪くなります。。更に・・成功率と言うか・・繰り返した場合ですが・・高弾性ロッドは最初のうちはまずまずなんだけど・・数をこなすうちに・・どんどんと乱れて行く。。一方・・しなやかなロッドは中盤から後半のほうがむしろ安定してくる。。結局・・実際の釣りにおいては・・数えるほどのベストキャストよりも・・総合的(トータル)な飛距離が物を言う。。更に実釣ではウェーディングをするし(水面の高さが変わる)風や波もある・・ここで得る経験こそが全て!!足首程度の水面・・理想的な環境での練習では判らない事も多い。。   
   
◆そして・・問いかけます・・      
※あなたの目的はなんですか??どんな釣がしたいですか??   
※ロッドのメーカー・製作者(開発者)に対して・・このロッドがあなたの答えですか?全てのユーザーと真剣勝負をする自信がありますか?   
   
◆そして自身のポリシーは・・   
少し矛盾した話になりますが・・自身は釣が好きだけど・・キャス練も好きです・・ストイックなキャス練も・・キャス友と逃がした大物の話や・ロッド・ラインの話題で笑談する時間をとても大事にしています。。でも・・初心者には・・苦労も無駄な練習もさせたく無い・・自分が好き(キャス練やスポーツとしてのフライフィッシングが)だから・・他の人も好きとは限らないし・・だから・・たぶん偉そうにこんな事を言うと思いますよ。。   
   
森羅万象・・万物の法則は常に最大効率へと向かっている。。   
   
時は金なり・・無理・無駄をしてはいけない!!無理な練習を繰り返す時間があったら・・残業するなり・・バイトをして・・稼いだ金で理想のロッドを手にいれるべき!!   
   
◆最後に・・このテーマの原点は・・      
フライフィッシングの落陽です・・非常に残念な話ではありますが・・若い世代のフライ人口の減少と言う現実があります。。思ったようにロッドやラインが売れない訳だから・・メーカーにとっては非常に厳しい冬の時代に入りつつあるわけですね。。で・・ビジネス的にどうしたか・・と言うと・・既存の顧客(すでに何本もロッドを持っている人)に更に買ってもらおうとしている訳です・・それには戦略が必要ですよね・・そこで「高弾性」「飛距離」って事になる訳ですよ。。中上級者なら・・キャスティングを遊びとして・・一本くらいあってもいいかな・・って乗りで買う人もいる訳ですよ。。でもね・・一番迷惑(混乱の極み)しているのが・・初心者(被害者)です・・こんなやりたい放題をやっていたら・・更に若い人はフライに見向きもしなくなる・・本当にそれでいいのでしょうか??・・自身はこれまで提示してきたロジックが間違っているとは思えないんですよね・・だから・・何度でも・・信念を持って言いますよ「高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!」   

 

関連記事:高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1)   
高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2)   
高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)   
参考記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
アンダーハンド(下) vs オーバーハンド(上)どっちがいいの?   
スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント

 

   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・             
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年12月 4日 (日)

高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・今年の夏頃にけんちゃんがK・Bullet Chrome を購入したので・・試投レポートをしました(けんちゃんがK・Bullet Chrome(#8/14f)を買った!)・・メーカー曰く「驚きの軽さ」「曲がりやすく復元が速い」・・と謳い文句を言っていますが・・この中で一致しているのは「復元が速い」という点のみです。SAGE ONEに較べると・・明らかに重いです・・更に・・バットからTipまで岩のように硬いですね(ウルトラ・スーパー・エクストラ・ファーストアクション)・・まったく曲がりません。。もうね~S氏(弟)は明らかに感覚がおかしい・・教祖様が黒だと言えば・・例え・・白であっても黒なのだろうか??それとも・・設計コンセプトはしなやかさ(柔)と高弾性(剛)の両立だったけど・・作ったら・・単なる棒が出来てしまった・・開発費を掛けたので・・捨てるわけにはいかない・・売るしかないって事だろうか??この業界に公平なルールや当たり前の民主主義は存在しないのだろうか??金正恩(キムジョンウン)こそがルールなのだろうか??   
本題に入る前に・・もし・・前篇を読んでいない方がいたらこちらからお願いしたい(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1))(高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2))   
   
◆あくまで・・自身のフィーリングですが・・ダブルハンドでギリギリ許せるファーストアクションはSAGE ONEですね・・このロッドは単なるファーストではなく・・Tip側がしなやかに出来ていて・・ファーストにしてはパワーバンドを広げているのと・・特に意識をしなくてもロッドがオートマチックに反発力を出してくれる・・多少力んでしまっても許容範囲も広い・・という利点があります。。ファーストアクション系のロッドに共通した投げ方(振り方)なんだけど・・シュートの直前にチョンって感じで・・利き手を少し回転させるイメージで、手首のみを押し込む・・力を入れるのはここだけ・・最後の最後に入れる。。ロッドTipの先端にボールをくっつけて・・スナップを効かせる感じで・・放り投げるイメージだろうか・・ルアーを投げる感じに似ている。。ロッドを振るのではなく・・ラインを投げるつもりでいかないと・・ファーストアクションは本来の力を出せない。。それから・・アドバイスとして・・シュートのタイミングは思ったより手前(早くしないといけない)がいい・・タイミングが遅いほうにズレている事が以外に多い・・自分では・・ジャストと思っていても・・最高速度から遅れている事が多いのだ。。   
   
◆しなやか(柔)なロッドの良い所は沢山ある。。   
①スイープからTipが曲がってくれるし、回転運動中にラインの重さやテンションを感じ易い。   
②人間は後ろに目が無いのでDループを見ることができない、しなやかなロッドは曲がってくれるのでDループを感じやすい。   
③力はほとんど必要ない・・数日振っても釣行が楽。   
④パワーバンドが広めなのと・・タイミングが取り易い・・注意するのは力んで突っ込まないようにする事。   
⑤実釣において・・バレの確率が減る・・とくに・・手前まで寄せてきて・きちんと「いなし」が効くので安定感がある。   
ポイントはとにかく力まない事・・これが・・初心者には難しい・・・自身もいまだに・・やってしまう事がある。。アンダーハンド側を使って回して・・利き手は最後に止めるだけ。。慣れてくれば・・ファースト系よりも安定した飛距離が得られるし、ループも安定するはずなので・・風等の環境変化にも対応力が上がる。。   
   
ロッドによってタイミングも違うし・・投げ方・・振り方も違う・・結局・・高弾性うんぬんではなく・・柔と剛のバランスなんだよね。。   
   
関連記事:高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1)   
              高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2)   
              高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4)   
参考記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
アンダーハンド(下) vs オーバーハンド(上)どっちがいいの?   
スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・            
   
web拍手 by FC2 written by トシyan   

Blue Bloodというロッド

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・今日は・Blue Blood(青い血?では無く・・高貴な血筋と言う意味だそうです)と言うフライロッドを紹介します。。キャス友のTさん(エキスパート)が愛用しているロッドで・・御好意により・・何度となく試投をさせて頂いています。。   
IMG_1764IMG_1765   
ブランクは漆黒のカラーリング・・コルクは最上級の5Aで指に吸いつくように滑らかです。。特筆すべき点は沢山ありますが・・何といっても・・しなやかなんだけど・・抜けの良いアクション・・良く曲がってくれて・・すばやく復元してくれるロッドです。。こう言うと・・なんだ・・良く・・他メーカーが言っているじゃないか・・って思われるかもしれませんが・・そのほとんどは実現できていません。。本当にこれが(二律背反)できるロッドはすごく少ないんです。。力を入れず・・回転して・・止めるだけ・・これだけで後はロッドが仕事をしてくれます。。目から鱗とはこの事ですね・・このロッドが欲しくなりました。。(^_^;)。。   
http://www.blueblood-rod.com/   

   

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・            
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年12月 3日 (土)

多摩川キャス練・絶不調

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・今日は・風邪をひいて・・調子が悪いのに・・キャス練に行ってしまいました・・穏やかな天気でキャス練日和なのですが・・どうにも・・ループが作れません。。やっぱり・・体調がダメだと・・まったく話になりませんな~・・ラインの重さや・・ロッドの曲がり・・復元する時の感触・・そういう感覚がさっぱり判らないので(フィードバックされない)・・自然と力んでしまうんですね。。そう言う意味で・・自身のキャストは感覚派なんでしょうね・・ロッドからのインフォメーションをとても大事にするほうなので・・感覚がマヒすると・・キャスティングもボロボロになってしまいます。。一方・・軸や形をガチガチに固めて・・ミスを少なくするスタイルもあるのでしょうが・・これはどうにも性に合わない・・固める所は最低限にして・・ロッドの声を聞きながらキャストするほうが好きです。。今日は・・まったくロッドの声が聞こえませんでした・・キャス友のTさん曰く・・「調子の悪い時はへたに練習しないほうがいい」・・まったくその通りです・・変な癖がついてしまうと・・修正が大変ですからね。。明日は止めておいたほうがよさそうですね。。(^_^;)。。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・          
    
web拍手 by FC2 written by トシyan

高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・え~今回もS氏(弟)理論を粉砕したいと思います。。まず・・その前に・・余談を少し。。初心者Aが・・ダブルハンドの高弾性ロッドを購入しました・・飛距離を謳い文句にしたロッドです。。指導者から基本的な形とポイントを伝授され・・すぐに・・シューティングスペイで30m飛ぶようになりました・・でもループはまだまだド素人のレベルだし・・ターンも不安定です。。さて・・その後・・いくら練習しても・・何年練習しても上達しません・・ループが安定しないので風が少しでも吹くと釣が成立できなくなってしまいます・・そもそもロッドの反発力を利用する事すら判っていません。。一方・・別の初心者Bが・・有能な指導者から・・しなやかなロッドを勧められ・・高価でしたが・・バランスの良いロッドを購入しました。。始めは力んでしまい・・20mも飛びませんでしたが・・ロッドの反発力をイメージできる練習を取り入れることで・・コツをつかみ・・ジャンプロールキャストの練習を繰り返すことで・・35m・・40mと飛距離も伸びてきました。。初心者は必要以上に力んでしまい・・押し込んで・・突っ込みます・・結果として・・飛ばない・・ラインがすぐに落ちる・・ことになり易いですね。。高弾性・高反発ロッドは曲がらないので・・多少・・押し込んでも・・被害は少ないです・・これが初心者でも・・高反発ロッドは飛ぶと言われる・・都市伝説な訳です。。いいですか~~この手のロッドを作っている人は判った上でやっている確信犯ですからね。。   
さて・・これから本題ですが・・前篇(高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1))を読んでいない人は必ず前篇から読んでください。。今回は・・シュートタイミング(リリース)の話です・・下図を見てください。。スペイキャストの例ですが・・前篇の理想的なタイミングでシュート(リリース)ができた瞬間の状況になります。。この時Tipの速度は最大になっています。。   
   
image   
その直後・・ロッドTipは慣性移動で前傾します・・が・・シューティングラインはリリース(フリーだからロッドTipが動いてもあまり関係無い)されているので・・ライン(シューティングヘッド)の動きベクトルに影響はほとんど無く・・回転のベクトルから進行方向へのベクトルへと変化して行きます。。   
image   
その後・・ロッドTipは元に戻り・・ラインはループを形成しながら・・直線的に飛行をして行きます。。しなやかなロッドでも・・シュートタイミング(リリース)が理想ならば・・・ラインが落ちるなんて事はありません。。   
image   
   
さて・・次は典型的な失敗事例です。。シュートタイミングが遅い場合や・・必要以上に押し込んだ時の状況です。。   
image   
リリースポイントの最大速度は過ぎているので・・Tipは完全に失速状態です。。しかも・・ラインのベクトルは前方落下の方向です。。ロッドが復元した時には・・大きく垂れ下がる・・力の無いループが出来上がるだけです。。   
image   
この現象は・・ロッドが柔らかいから・・しなやかだからではありません・・これらの動きが理解できていない・・率直に言ってしまうと・・下手っぴな訳です。。でも・・恥じる事はありません・・初心者のほとんどはそうですから・・自身もそうでした。。   
高弾性ロッドにも有利な点があります・・シングルハンドでフォルスキャスト(ラインを沢山出した状態)をすると・・ラインの重さとスピードで・・ロッドが負けちゃうような状況があります・・トーナメントや大会等で競技を行うならば・・高反発になるかと思いますが・・実際のフィールドでは魚のバレ難さ・・キャストや飛距離の安定・・少しくらいのミスをカバーできる包容力・・どう考えても・・しなやかなロッドのほうが圧倒的に有利です。。S(弟)さん・・いいかげん・・目を覚ましてください・・フライフィッシングの落陽は見の前まで来ています・・このままでは・・あなたの息子や孫に・・フライフィッシングというすばらしいレガシィを残せませんよ!!今のままではあなたの代でお終いです・・次の世代のフライ業界であなたの息子達が生き残っていけるとは到底思えません。。あなたのやってきた事は・・あなたの息子達に必ず跳ね返ってきます。。   
さて・・ここまでは一般論を言ってきました・・次回は応用編へ進んで行きたいと思います。。   
   
関連記事:高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1) 
               高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3) 
               高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4) 
参考記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
アンダーハンド(下) vs オーバーハンド(上)どっちがいいの?   
スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント   
   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年12月 2日 (金)

高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(1)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・え~今回も業界の癌をバッサリと切除したいと思います。。高弾性・高反発を謳って・・金儲けしか考えていない・・超悪性の癌が業界には沢山います。。有名どころでは何と言ってもS氏(弟)でしょうね。。御兄さんはいたってまともな商売をしていますが・・舎弟は最悪です。。何といっても判っているのにやっている所が確信犯ですよね。初心者は特にだまされ易いので注意してください・・宗教と同じですよ・・役に立たない高額な壺やおふだ(棒切れのような硬いロッドや飛ばないライン)を買わされ・・自慢話を聞かされるはめになります。。もう~~気の毒としか言いようがないし・・これ以上は見ていられません。私が・・皆さんの目を覚まさせます・・私はこの業界のプロでは無く・・素人です・・なので・・特に怖い物がありません・・なんでも素直に言っちゃうことができます。。さて・・ロッドのアクションは大別すると・・速い物(ファーストアクション)、中間くらいの物(ミディアムアクション)、遅めな物(スローアクション)になります。ここで・・以外と判っているようで・・判っていない(理解されていない)のがパワーバンドになります。。下の図を見てください。。   
imageimage   
ロッドが①の状態で湾曲し・・②へ復元して・・③へ慣性移動(前傾)・・最後は④へ戻る・・と言う動きを想定します。ここでTipが最大速度になるのは何処でしょうか??簡単ですね・・どんなアクションのロッドでも・・②です。。ファーストアクションのロッドは最大速度値は高いですが・・最大速度を維持している時間がとても短(パワーバンドが狭い)くなります。。一方・・ミディアムアクションのロッドは最大速度値は僅かに及ばないものの・・最大速度付近を維持している時間が長いです(パワーバンドが広い)・・更に・・これはとても重要な要素ですが・・グリップから復元の様子が伝わるので・・タイミングが取り易くなります。。ミディアムアクションは最大速度が大きく劣るから時間が掛かるのでは無く・・移動量が大きいのと・・初動の動きが緩やかなため・・時間が長いと言うことです。。   
では・・シュート(リリース)のタイミングは何処でしょうか??・・これも簡単ですよね・・そう②です。。最大速度の瞬間にシュートすれば・・ラインは最大速度(OHの場合はね)で飛んで行くことになります・・(①は位置エネルギーが最大で速度は”0”、②は位置エネルギーが”0”で速度が最大と言う関係です)。。あれ~・・ファーストアクションの短い時間(瞬間)で本当にシュートできるのでしょうか??(やるテクニックはありますが・・後にします)・・まあ~普通に考えて・・無理(難しいですね)。。初心者だと・・判っていたとしても成功率は10%未満でしょう・・。。一方・・ミディアムアクションはというと・・タイミングの取り易さと・・パワーバンドの広さもあって・・真っ当な指導者から教えてもらえれば短時間で・・独学でも練習すれば・・成功率はどんどん上がるはずです。   
私が言いたいのは・・何故??難しい事をあえてやるのでしょうか(やらせるのか)??それによって得られる物は何でしょうか??ミディアムアクションでロッドの反発力を判り易く覚えて・・ロッドのアクションが綺麗なループを作ってくれて・・これによって・・安定した飛距離が得られる。。何故??最初に・・これを覚えないのかな(教えないのかな)??・・飛距離・・高弾性・・というメーカーの謳い文句に惑わされてはダメです。。何故??日本のプロは自身の信念を持ってダメだと言わないのでしょうか??あいつはダメだと誰かが言わないと!!しなやかなんだけど・・しっかりしている・・そういう真っ当なロッドを選びましょう。。次回もS氏理論を粉砕します・・こうご期待!!   

       

関連記事:高反発ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(2)   
              高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(3)   
              高弾性ロッドは飛ぶと言う嘘・しなやかなロッドは飛ばないと言う誤解!!(4)   
参考記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
アンダーハンド(下) vs オーバーハンド(上)どっちがいいの?   
スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント

         

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・             
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »