« 管釣りシーズン始動!! | トップページ | スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント »

2016年10月23日 (日)

最初の一本なら・・TIEMCO EUFLEX JTH1267-4

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・芦ノ湖とか・・まだまだ釣りが出来るフィールドもあるのですが・・自分的には・・シーズン終了かな~って感じです(行っても厳し釣になるのは判ってますからね)。。なんで・・これからは・・多摩川でキャス練とか・・まあ~たまに・・管釣りってパターンになりますね。。と言うことで・・先週の土日も・・今日も多摩川でキャス練でした・・(^_^;)。。多摩川でキャス練していると・・色々な方と知り合いとなり・・キャス友になることができます。。今日はAさんとキャスティング談義に花をさかせることができました・・Aさんは御歳・・73歳・・去年からシングルハンドのアンダーハンドを熱心に練習されていました・・近藤さんのスクールは6回位行ったそうです。。そして・・今年からダブルハンドデビューとなりました・・何と・・雨の日以外はほとんど毎日・・練習しているとの事・・ものすごいモチベーションですね。。タックルはWILD-1のTさんに相談し・・決めてもらったそうです。。ロッドはJTH1267(#7の12f6’)、ラインはRIOのScanji Kit・・さすが・・Tさんですね・・判ってらっしゃる・・すごく無難な選択だと思います。。   
JTH1267RIOSCANJI   
このセットならば・・湖でも・・川でも・・キャス練にも・・オールマイティにこなせます。。JTHの印象ですが・・高反発でやや硬めかな・・って感んじはありますが・・良い意味でメリハリがあって・・きびきびとしたキャストができます。。ブランクも細身で・・風の影響も少なそう・・それに、この価格帯としては十分に軽いほうです・・硬めのロッドなので初心者の場合は・・ラインを一番手上の物を使ったほうが・・ラインを乗せやすくなると思います。。私も最初の一本としてお勧めできます。。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
    
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 管釣りシーズン始動!! | トップページ | スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/64386546

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の一本なら・・TIEMCO EUFLEX JTH1267-4:

« 管釣りシーズン始動!! | トップページ | スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント »