« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

アンダーハンドキャストの本質的な理論が判らない??フライフィッシングの落陽(2)

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・スペイ系のキャストを始めて・・2年半が経ちましたが・・いまだによく判らないのが・・アンダーハンドキャストです。例え話(あくまでも例え話です)を交えながら・・少しお付き合いください。。   
   
「その1・・トラディショナルスペイの話」      
メルセデス・ベンツが乗用車を発明しました・・4人がゆったりと乗車でき・・高速で移動が可能です・・しかも・・荷物をトランクに入れて一緒に運ぶこともできます。。。その昔・・スペイリバーと言う川で・・フライラインの先端付近をアンカーにしてDループを構成したロールキャストが発明されました・・これによりバックスペースにゆとりの無い場所でも・・角度変換を伴う・・打ち返しが容易になり・・D&ACによる釣が進化をとげました。。これを最初に開発・発明(あえて発明と言わせて頂きます)した偉人(先人)に感謝・敬意を表します。。判り易いシンプルな理論がここにあります。。   
【キモとなる発明と理論】Dループを構成した角度変換を伴うロールキャスト   
   
「その2・・スカジットキャストの話」      
トヨタと言う自動車のメーカーがハイブリットと言う・・電動モーターと燃焼機関を併用した新しい駆動システムを開発・発明しました・・電動モーターの強力なトクルにより・・力強い加速と・・大幅な燃費の改善を両立しました。。・・少し前の話ですが・・スカジットリバーと言う川で・・ウオーターボーンというフライラインと水面の表面張力を利用し・・ロッドに負荷を掛けながら・・円運動のベクトルを利用することでロッドを曲げたまま・・キャストできる手法を発明した。。これは・・従来の前後2次元的な動作によるストップやドリフトという概念から解放され・・初心者でもテーリングの出にくいContinue Motion・・高効率で小さなDループから大きなパワーを引き出すキャストを可能とした。・・これを開発・発明(あえて発明と言わせて頂きます)した偉人(先人:主要メンバーであるエド・ワード氏)に感謝・敬意を表します。。非常に合理的であり・・理論がオフシャル化され理解しやすく・・習得も比較的容易で最初に始めるスペイキャストとしてお勧めします。。(欠点は手前の水面を荒らし易い事だろうか)   
【キモとなる発明と理論】円運動のベクトルを利用しロッドに負荷を掛けながら(ロッドを曲げたまた)高効率にパワーを引き出す   
   
「その3・・アンダーハンドの話」      
スズキと言うメーカーが軽自動車という・・コンパクトな自動車を作った・・小さいけれど・・4人が乗車でき・・狭い路地でも苦もなく侵入でき・・駐車もラクラク・・小さくてもある程度の高速走行もできるし・・燃費も良い。。ただ・・これは発明なのだろうか??コンパクト化と言う応用技術の一種である。。さて・・アンダーハンドの動作について、以下の言葉の置き換えを行ってみる。。   
リフト <--->リフト   
ボディーターン <--->しいて言うとディップだろうか?   
ハーフサークル<--->スイープ   
リーダータッチ <--->アンカー   
バックストップ <--->ロンチポジション   
何が違うのだろうか??呼び方を変えれば・・それは理論・発明なのだろうか??そもそも・・上の言葉は単なる動作(型や手段)であって・・理論ではあり得ない。。アンダーハンドのキモとも言える・・逆手を利用したロッドの縦回転によるキャストであるが・・元々・・フライのキャストには・・「回転」「シフト(並行移動)」「回転+シフト」の3種しかあり得ない・・これは(自身は)フライの発明当初からの基本動作(既存の概念)と思っている。。柔道の「背負い投げ」や「一本背負い」のようにコンパクトな回転エネルギーを利用したロールキャストは「コンパクトスペイ」「リトルスペイ」と呼ぶに相応しく・・テクニックの一種であることは認めるが・・どこが・・理論・発明なのだろうか??ぜひ・・誰か・・教えて欲しい・・何度も言うが・・型や動作は単なる手段であって・・理論ではあり得ない・・理論とは・・何んの物理現象を利用しどの様な効果を得られるか・・言語により体系化できた物を言う。。あいまいで線引きが難しく・・言語化できないのであれば・・それは単なるテクニックに過ぎないと思う・・更に・・動作のプロセスや手段をタスク化しても・・当然だが・・それを理論と呼ぶには無理がある。。   
体操の金メダリストの内村選手には様々な応用技がある・・その一つ一つの手順を言語に置き換えることはできるが・・彼の神業(テクニック)は誰にも真似をすることは出来ないと思うし・・言語に置き換えてもあまり意味をなさない・・それに・・彼は自分の技を理論とは言っていない。。上記の2つの理論・発明(トラディショナルスペイとスカジットキャスト)は上手い下手は別として・・誰もがマネをして・・大量生産を行うことができる・・理論なのだから当然である。。確か・・誰かが言っていたような気がするが・・アンダーハンドは決して真似ができないらしい・・つまりこれは・・自ら・・理論ではなく・・高等テクニックであることを認めている証拠と思うのだがなぁ~・・それとも・・アンダーハンドの理論は企業秘密であり門外不出なのだろうか??   
とにかく・・誰でもいいので・・アンダーハンドキャストと言われる理論を教えて欲しい。。ちなみに・・以下のLOOPの(神業)デモンストレーション(ステファンさん)はアンダーハンドの分類なのだろうか?もしアンダーハンドであるならば・・どこが・・何故・・判別の閾値は何なのか・・こちらも是非・・教えて頂きたい内容である。。   
LOOPキャスティングデモ   
   
結局・・ただの「ビジネス」と言うのが答えだとすると・・あまりにも・・初心者が可哀そうである。。そもそも・・ロッドにラインを乗せて・・反発力を使う事すら理解できないビギナーに・・逆手のキャスト(背負い投げ)はあまりにも難しすぎる・・フライフィッシング業界そのものが衰退している現状において・・愚行は改める必要があると思うよ~・・結局・・最後は業界全体に跳ね返るからね。。今やるべきことは・・判り易く・・シンプルで・・少しの練習で誰にでも実戦が可能なキャストやロッド、ラインを取捨選択し・・「入門はこれ~」・・「中級になったら・・これ~」・・「上級者なら・・これにチャレンジ」とか・・指導すべき立場の人達(プロ)がやるべき事をやらないと・・フライフィッシングというすばらしい遊びが世の中から無くなってしまう・・目の前の小銭を稼ぎたいのは判るけど、これは悪手!!・・ビジネスの土壌をなくしてしまっては元もこうもない。。フライフィッシングの落陽は目の前まで迫っている。。   
日本におけるフライフィッシィングの落陽(衰退)/活性化を考える(1)    
   
※2017-3-28(追記記事)   
アンダーハンドキャストについて自身の結論を出してみました・・実戦されている方の参考になれば幸いです。   
フライキャスティングの核心(何故飛ばないのか?どうすれば飛ぶのかシリーズ全9話)   
   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年10月23日 (日)

スペイ(Spey)キャストにおける3つのポイント

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・スペイ系のキャストを始めて・・2年半が経ちました・・今年初めのキャス練から・・今シーズンの中禅寺湖を通して・・自分なりに気付いた3つのポイントを記録に残したいと思います。。   
   
◆理想のポイント(斜め前方)へ正確にアンカー(※1)が打てる練習をひたすら繰り返すこと   
まず・・アンカーの位置ですが・・自分の真横とか後方では・・実戦で通用しないケースが多くあります。。ディップ(※2)の位置(斜め前方)へ思い通りにアンカーを打ち・・理想的なDループ(※3)を作る練習をひたすら繰り返します(この練習はとても重要で避けて通れません)。。形(手段)から入るのは好きではありませんが・・それでもやはり基本的な考え方はあります。   
   
①ラインストレッチ(※4)後のリフト(※5)動作           
水面の高さ(どこまでウェーディングしてるか)・・ラインの種類や長さ等によりリフトの位置(高さ)が変わります・・水面が足首程度で・・フローティングラインなら・・Tipの高さは目線くらい。。水面が上がってくれば・・比例してリフト位置も上がってきます・・また、シンクレートの高いラインの場合もリフト位置は高めにしています。。   
   
②ディップ動作          
ロッドのTipを右斜め前に下げて・・ロッドを水平にします・・この時の高さはリフト同様に状況に応じて変える必要があります。自身の場合は・・上記と同じように・・水面が足首程度で・・フローティングラインなら・胸のあたりにしています。。右手と左手は水平で・・上から見た角度は45度くらい(右斜め前)になります。。   
   
③スイープ(※6)          
Tipが水平に掃うように後方へ回転(90度くらい)させ・・次は水平なロッドを起こす(90度:水平->垂直側へ)ように回転させ、バックストップ(※7)で停止(前後と言う2次元的には停止なんだけど円運動(回転)は継続)・・停止(2次元的に)されるのでアンカーが入りDループが形成されます。。ここでやってはいけない事は・・無理やり引っ張たり・・ラインを強制的に宙に浮かせて、下方へ打ちつける(パイルドアンカー)様な事をすると・・真っ直ぐ綺麗に伸びたアンカーにならない・・グシャグシャなアンカーは水の表面張力が部分的になってしまうためアンカーの役割ができなくなってしまう。。一方・・真っ直ぐなアンカーは着水しているライン全体に表面張力が掛かるため・・強いDループを作るための必須条件となる。。   
   
◆ロッドの反発力を最大限に引き出すキャスト   
形(手段)はともかく・・曲げたロッドを止めることで・・エネルギーが放出されます・・ルアーを投げるのと同じです。。とは言え・・基本的な考え方はあります。。    
    
①アンダーハンド(左手)?オーバーハンド(右手)?   
どっちでもいいと思います・・だた・・自身の場合は・・ロッドのハリの強さ・・硬さ・・ロッド長で変わってきます。。柔らかめのロッドだと・・50%-50%・・・硬く長くなるほど・・右手の介入が大きくなります(曲げるために)。。柔らかいロッドで・・右手を押し込んでしまうと・・Tipが水面方向へ大きく湾曲してしまい(おじぎ状態)ループは垂れ下がり・・飛びませんよね。。一方・・硬いロッドで・・左手だけで頑張っても・・放出のタイミングが難しいし・・なにより・・曲がらない・・なので・・右手を最後に押し込んで・・曲げて・直後に止める。。高反発ロッドは元々・・おじぎの量が少ないので・・これくらいで丁度良い感じになります。。いずれにせよ・・形(手段)に拘らず・・自分の手に伝わる感覚で・・ロッドの反発力を感じ取ることが非常に重要です。。    
   
②徐々に曲げる   
負荷の無い状態(真直ぐ)のカーボンは非常に曲がり易いです・・そして・・曲がれば曲がるほど硬くなります・・なので・・徐々に曲げていって・・止める(エネルギー放出)直前に最大パワーを掛けます。。最初から力を入れるのではなく・・最後に押し込んで止める。。まあ~これも・・形に拘らず・・繰り返し・・キャストすることで体感するしかないです。。何故・・最初から急激に曲げてはいけないか・・止める直前に最大パワーをかける必要があるわけだから・・最初にまげてしまったら・・シュートの前にエネルギーが放出されてしまいますよね・・それにオーバーヘッドのテーリング(※9)と同じ原理で・・ループが歪んでしまい・・歪んだまま放出されます。。    
   
③上を向いてキャストしよう!          
初心者(自身も時々やってしまいますが(^_^;))がやってしまう・・よくありがちなパターンに飛ばそうという気持ちがありすぎて・・手前の水面へ押し込んでしまう・・しかも・・力が入っているので・・ロッドを最初から曲げてしまい・・ループも崩れています・・こんな時は・・ラインを放出する付近の上空を見ながらキャストしてみてください・・多分・・直りますよ。。   
   
◆スペイの極意はたらし(オーバーハング(※10))にあり!   
ロッドのアクション・・ラインやリーダーの長さ・・ループの幅・・これらを調整できるのが「たらし:オーバーハング」です。。一般的に柔らかなアクションのロッドはループが大き目・・ファーストアクションはナローループ・・と思われていますが・・スペイの場合は「たらし」の長さでコントロールができます・・柔らかいアクションのロッドは当然・・Tipの動きも大きくなります・・これが結果としてループを大きくする訳だけど・・「たらし」を長目に取ることで・・「たらし」の部分がTipの動きを吸収するため・・ラインに伝わるエネルギーはTipの動きの積分値になります。。つまり・・パワーバンドやループ幅をコントロールできます。。キャスティングにもよるけど・・基本的には・・硬めのロッドは・・「たらし」は少なめ・・柔らかいロッドは大き目(1m位までかな)ですね・・ただ・・サイドキャストぎみに投げるような状況では少なめにしています。。「たらし」は長いほどエネルギー積分(ノイズを除去するフィルターの様な役割)するので・・効率は悪くなります・・なので・・Tipアクションを完璧にできる達人は短いほうが・・飛ぶし・・自身のようなヘッポコは長めに取ったほうが・・結果として飛ぶことになります。。   
   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・       
   
web拍手 by FC2 written by トシyan   
   
※1(アンカー):フライ、リーダー、ラインの先端付近を水面または水中に置くことで表面張力(水の抵抗)のブレーキを掛ける(錨)。   
※2(ディップ):スイープのスタート地点、右斜め45度前方にTipを向け、ロッドは水平状態にする。   
※3(Dループ):右後方に逆C型(D型)のループを形成する、ラインの先端はアンカーと呼ぶブレーキをかける。   
※4(ラインストレッチ):ロールキャストによってラインを一直線に伸ばすと伴に、ラインを水面に浮かせることを言う。   
※5(リフト):ロッドのTipを持ち上げてラインの一部(根元側)を水面から引き剥がす行為、第一のアンカーとも言う。   
※6(スイープ):ディップの位置から水平方向に後方へロッドを回転させて行き、バックストップの位置までロッドを回転させる。   
※7(バックストップ):ロンチポジションとも言う、Dループを完成させるポジション。   
※8(ドリフト):バックストップの位置から更に後方へロッドを寝かせるようにする、これによりロッドのバッドパワーを引き出す。   
※9(テーリング):急激にロッドに力を入れ曲げるため、ループに歪みを発生させる行為。   
※10(「たらし」/オーバーハング):ラインヘッドとシューティングラインの接合部をロッドTipからどれだけ出してキャストをするか。

最初の一本なら・・TIEMCO EUFLEX JTH1267-4

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・芦ノ湖とか・・まだまだ釣りが出来るフィールドもあるのですが・・自分的には・・シーズン終了かな~って感じです(行っても厳し釣になるのは判ってますからね)。。なんで・・これからは・・多摩川でキャス練とか・・まあ~たまに・・管釣りってパターンになりますね。。と言うことで・・先週の土日も・・今日も多摩川でキャス練でした・・(^_^;)。。多摩川でキャス練していると・・色々な方と知り合いとなり・・キャス友になることができます。。今日はAさんとキャスティング談義に花をさかせることができました・・Aさんは御歳・・73歳・・去年からシングルハンドのアンダーハンドを熱心に練習されていました・・近藤さんのスクールは6回位行ったそうです。。そして・・今年からダブルハンドデビューとなりました・・何と・・雨の日以外はほとんど毎日・・練習しているとの事・・ものすごいモチベーションですね。。タックルはWILD-1のTさんに相談し・・決めてもらったそうです。。ロッドはJTH1267(#7の12f6’)、ラインはRIOのScanji Kit・・さすが・・Tさんですね・・判ってらっしゃる・・すごく無難な選択だと思います。。   
JTH1267RIOSCANJI   
このセットならば・・湖でも・・川でも・・キャス練にも・・オールマイティにこなせます。。JTHの印象ですが・・高反発でやや硬めかな・・って感んじはありますが・・良い意味でメリハリがあって・・きびきびとしたキャストができます。。ブランクも細身で・・風の影響も少なそう・・それに、この価格帯としては十分に軽いほうです・・硬めのロッドなので初心者の場合は・・ラインを一番手上の物を使ったほうが・・ラインを乗せやすくなると思います。。私も最初の一本としてお勧めできます。。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
    
web拍手 by FC2 written by トシyan

2016年10月22日 (土)

管釣りシーズン始動!!

トシyanのヘッポコ・フライフィッシング~~・・先日・・平日休みがあったので・・帰省も兼ねて・・久しぶりに地元の管釣り(那須白河フォレストスプリングス)へ行ってきました。。   
IMG_1736IMG_1738   
平日なのでガラガラ・・セカンドポンドはフライ専用に戻ります・・当日は大会直前ということもあり・・魚影は濃いですね(遠投は必要)。。爆釣とは言いませんが・・45cm位の3倍体が丁度いいくらいの間で食ってきます。。狙い目は表層(20cm~30cm)でフライは何でも良い感じですね・・マラブーで表層を引張っても良いし・・ドライで誘いをかけても釣れます。。フライの色やサイズもセレクティブではないので・・誰がやっても釣れるのではないでしょうか・・理想的な管釣りの見本です。。やっと・・フォレストらしさが戻った気がします。。   
IMG_1739   
午前中で・・45cm前後を10本キープし・・午後は3時前まで飽きない程度に釣れてくれました。。この日は早めに切り上げて・・母の面会と・・温泉に浸かって・・優雅な大人の休日を楽しむことができました。。   
そう言えば・・東京に秋川湖っていう都内最大級の管釣りができたみたいです。。サマーランドの近くなので・・アクセスは最高です・・ダブルハンドもスイッチもOKだと言うことは確認しました・・今度行ってみます。。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

来春(2017年) 中禅寺湖のヒメマスが持ち帰り解禁へ!!

いや~~久しぶりの更新です。。福島第一原発事故の影響に伴い・・中禅寺湖で実施されているキャッチアンドリリースが一部解除されるようです。。県の放射線モニタリング検査結果で、ヒメマスの放射性セシウム濃度が国の基準値(100ベクレル/1Kg)を安定的に下回っている(30~58ベクレル)ことから・・県と漁協間でヒメマスのみの解禁へ調整が開始されたようです。。ヒメマスは主食がプランクトンであるため他のマス類とくらべ残留濃度の影響を受け難い傾向にある。。一方・・フィッシュイーターである・・レイクトラウトやブラウントラウトは濃度が高止まりをしており・・依然・・規制は続くようです。。まあ~おかっぱりのフライマンにはあまり影響の無い話ではありますが・・ヒメトロは復活ですね。。ヒメマスのみと言うことで・・難しい(微妙な)規制になりそうです。。   
   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・          
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »