« 2016年中禅寺湖釣行(引張り最終回?)(14) | トップページ | 日本におけるフライフィッシィングの落陽(衰退)/活性化を考える(1) »

2016年6月27日 (月)

インターホン(TVドアホン)が壊れた・・DIYで交換

かれこれ16年間(24時間)フル稼働していると思いますが・・インターホン(テレビドアホン)が壊れてしまいました。。(Panasonic製:HA-M102(親機)/HA-C23-T(玄関))玄関でチャイムを押しても反応が無くなり・・しかも・・誰も押していない時にチャイムが鳴ったりします。。怖いですね~・・(^_^;)・・でも室内から通話ボタンを押すと・・外の映像も写るし・・会話も出来ます・・もしかしたら直せるかな??って思って・・玄関側の子機を取り外して・・分解して見ました。。(良い子の皆はマネしないでね~・・)   
IMG_1520IMG_1521   
一応安全のため・・ブレーカーを遮断します。。中央下側のネジを緩めれば(写真の右)・・簡単に取り外しができます。。配線は2本のみで(写真左)無極性なので特に印をつける必要はありません。。配線が2本のみと言うことは・・親機からの電源供給ラインに(たぶんAM変調で信号ごとに周波数分割)映像信号(NTSC)や音声・チャイム信号等が多重されていると思います。。   
IMG_1517IMG_1518   
流石に・・16年使っただけのことはありますね~・・風雪や真夏の西日にも耐えて来た・・満身創痍って奴です・・あちこちが腐食しているし・・虫の巣まであります。。多分・・問題は写真右下のボタンスイッチだと思います・・シルク上のSW201の接点が腐食しているのだと思います・・が・・分解して見て・・直す気分では無くなりました・・むしろ・・良く頑張った!!と褒めてやりたい。。と言う事で・・このドアホンは生涯を真っ当したものと・・見送ることにしました。。   
さて・・後継機ですが・・同Panasonic製のVL-SV26KL-W(アマゾンで10,800円税込)にしました・・値段もお手頃だし・・JIS1スイッチボックスで規格も同じ・・配線も多重方式で既設が流用できます。。   
IMG_1509IMG_1510   
しかし・・便利な世の中になりましたね・・ネットで手配した物が次の日には届くんだから・・アマゾンもクロネコも凄いと思います。。さて・・作業にあったては安全のためブレーカーを落としてくださいね。。親機は上にズラす(スライドさせる)と外せます・・   
IMG_1506IMG_1507   
配線はAC100V電源(2本)と子機との接続が2本です。。全部外します・・子機との配線は+ドライバーで簡単に外せます・・すこし厄介なのは100V電源ですね・・写真(下)のようにドライバーで押しながら・・配線を引張って抜く必要があります・・結構な力で押して・・配線を引張らないと・・抜けません。。   
IMG_1523   
配線を全部外したら・・壁に取り付けてある金具も外し・・付属の金具へ交換します。。   
IMG_1522   
購入した親機VL-SV26KLの電源ケーブルを取り外します。。要領は同じです。。(マニュアルを見てやればできますよ)   
IMG_1511IMG_1512   
親機の接続です・・100Vは外した時と同じ要領でドライバーで四角の部分を押しながら電源ケーブルを差し込みます。。玄関子機側の接続は写真の一番上と2番目に電線を挿しこみます・・この時・・コネクタのボタンを押しながら差し込んでください(マニュアル通り)。。配線にミスが無いか・・差し込みは十分か確認してください。。後は・・金具の爪に引っ掛けるようにスライドさせれば・・親機の取付完了。。   
IMG_1524   
次は子機です・・ドライバーで接続(無極性なのでどっちに付けても大丈夫)したら・・枠に取付けるだけです・・外枠は交換無しで流用できました。。すごく簡単です。。   
IMG_1514   
ブレーカーを入れて・・テストしてください。。初期設定だと・・チャイム音が最大になっているので・・凄い大きな音になります・・メニューから設定を変えられます・・また・・便利な機能で・・音声応答の設定をすると・・通話ボタンを押さなくても・・「はい」等の声だけで通話が開始されます。。それから・・この機種には録画機能もあり・・来客者の映像が保存されます。。   
※作業は自己責任となります、また電源の配線作業は電気工事士の資格が必要です。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2016年中禅寺湖釣行(引張り最終回?)(14) | トップページ | 日本におけるフライフィッシィングの落陽(衰退)/活性化を考える(1) »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/63836082

この記事へのトラックバック一覧です: インターホン(TVドアホン)が壊れた・・DIYで交換:

« 2016年中禅寺湖釣行(引張り最終回?)(14) | トップページ | 日本におけるフライフィッシィングの落陽(衰退)/活性化を考える(1) »