« 激安パックロッド(トラベル用)は使えるか?? | トップページ | GENTOS LEDランタン Explorer »

2016年3月 6日 (日)

2016年芦ノ湖解禁3月釣行(1)

トシyanの芦ノ湖ヘッポコ・フライフィッシング~。。待ちに待った解禁がやって来ました・・(土曜日の)AM2:00に起床し・・暗いうちから東名を下って芦ノ湖を目指します。。皆さんはどんなルートで芦ノ湖に行くんでしょうね~・・自身の場合・・初めから湖尻方面の釣行が決まっていれば・・御殿場から乙女峠~湖尻ですね・・釣り券を購入する時間を入れてもドアtoドアで1時間半位で行けるし・・東名はルートが2つに別れたこともあり早朝なら楽に走っていけます。。目的が元箱根や箱根湾方面なら・・小田原厚木~箱根新道パターンも良く使います・・こちらも時間的には同じですね。。   
IMG_1191   
さて・・釣行なんですが~・・撃沈ですね!!・・とにかく魚の気配がまったくなく・・当然・・アタリすら無し・・まるで・・秋口芦ノ湖戦の様相です。。目で見える範囲では・・ボートも含め・・一匹も上がってませんでした・・少なくとも・・入ったポイントや周辺には放流は無いと考えるのが自然ですね。。朝の表層水温は7℃・・普通に風もあって・・環境としては悪くありません・・ラインはスローインターからS2まで・・フライはグレーオリーブ系からダークオリーブ・・茶色と・・色やサイズ・・タナを変えながら探りましたが・・反応無し!!・・自身の思惑としては芦ノ湖はウォーミングアップ・・今年考案したキールフライのフッキング性能を確認できれば良いと考えていたので・・ショックが非常に大きいです・・管釣りでボーズを食らったような凹み具合です。。(^_^;)。。   
IMG_1208   
ここで芦ノ湖漁協の戦略を推測してみたいのですが・・今年の2月中の成魚放流量はおよそ9tです。。3月に予定されている追加放流は約3tで合計12tしかありません。。昔の芦ノ湖黄金期に較べると・・圧倒的に減りましたね・・この量だけでは湖全体へ撒くには足りません。。そうすると・・基本的な考え方として・・   
   
成魚放流ポイントは力関係・・主要なボート貸しの事業者が優先される。      
岸釣等は残留資源(稚魚放流含め)に頼る。。      
   
ここで重要なのが・・残留資源がどれだけあるか??ってことですが・・たぶん・・漁協も把握できていないと思います。。芦ノ湖の面積は7km(平方)でそこそこありますが・・最大深度は40m位しかありません。しかも冬場の平均表層温度も6℃くらいあります。。何が言いたいかと言うと・・夏場の高水温状況をトラウト達はどうやって乗り越えているのか?ってことです。サーモクライン(水温躍層)や溶存酸素濃度(温度の低い深場は無酸素状態の可能性が高いです)を考えると厳しいね~・・湧水が多いことが唯一の救いではあるけど・・生存可能なエリアはかなり限定されると思われます。。ブラックバスにとっては生存・生殖可能な環境かもしれませんが・・トラウト達が年越しを重ねる確率はかなり低いのではないでしょうか??それに、三倍体やドナルドソンをいくら放流しても残留資源になるとは思えません。。   
   
中禅寺湖漁協は残留資源(中禅寺湖は成魚放流は僅かなので釣の対象はほとんどが残留資源)の把握と管理が重要であるとの認識で・・タグを使ったデータ管理に乗り出すようです。もう少し先の話になるかもしれませんが・・釣り券購入時にチップが配布され・・全ての釣り人が釣った魚にスマホをかざして写真を取るのではなく・・チップのデータをやり取りし・・その魚の経歴を調べ・・何処で・・誰が・・何時釣ったのか・・その時のサイズは・・そして自身のデータを書込み・・チップが入っていない個体の場合はチップを取付け・・最初のデータを書き込む。。これらのデータは漁協へ送信され・・個体データとして管理される。。中禅寺湖ではこんな未来があるかもしれません・・中禅寺湖が残留資源において・・圧倒的に有利な点は以下でしょう。。   
   
※標高1200mオーバーの高所であること。(冬は半端無く寒く、氷結はないけど平均表層温度は4℃以下まで下がる)   
※特別解禁を除き西側が保護エリアであること。   
※キャッチアンドリリースであること。   
※最大水深は160mオーバーの複循環湖(表層と深部が2回/年間混ざり合う・・これにより深部へ酸素が供給される)    
※トラウトだけで無くワカサギ・コイ・フナ・ウグイ・ヨシノボリ・スジエビ等々20種を超える豊富な魚種や生物の多様性。   
   
関連記事:   
中禅寺湖の水温と溶存酸素濃度変動を考察(釣れない理由・釣れる理由)(第1回)   
   
なんだか~・・話がまたまた中禅寺湖になってしまい・・脱線しまくりですが・・芦ノ湖でおかっぱりはいろんな意味で厳しってことでしょうか・・釣りたいのであれば・・有名なボート屋さんで手こぎを借りて・・桟橋から30m(なるべく近場:湾内)くらい沖にいったら釣りをするのが良いのかもしれません。。   

   

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                        
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 激安パックロッド(トラベル用)は使えるか?? | トップページ | GENTOS LEDランタン Explorer »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/63306308

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年芦ノ湖解禁3月釣行(1):

« 激安パックロッド(トラベル用)は使えるか?? | トップページ | GENTOS LEDランタン Explorer »