« スペイ系ラインのマッチングは難しい!! | トップページ | ブログ記事ネタとアクセス数 »

2015年12月23日 (水)

シューティングラインの迷走と考察(Part1)

何度となく取り上げているテーマなんだけど・・・それだけ難しいと言うことなのかなぁ~~・・前にも書いたけど・・シューティングラインで重要なポイントは・・       
   
①飛距離(シューティングラインが軽いこと)       
②巻癖がなくて絡まないこと(トラブルが少ない)         
③伸びが無くてアタリの感度が良いこと
    
   
これって・・技術的にはすごく難しいことなんだと思います・・(様々な二律背反を解決する必要がある)・・モノコアは軽くてすごく飛ぶんだけど・・細くすると伸びが大きくなる・・・巻癖はコーティング等である程度は解決できても①と③の両立はなかなか難しい。。そうなると・・やっぱりブレイデッドコアになるんだけど・・耐久性がいまいちなのと・・割高感が強い。。(まあ~シューティングラインは消耗品だからね・・なるべくコストは押さえたいのが人情)・・で・・自身のお勧めは無難な「Scientific Anglers」のブレイデッドマルチ 022 フローティング(45m)になるんだけど・・ 
IMG_1091   
こいつの良い所は・・45mあるので・・先端付近が傷んできたら・・10mカットして(35mにして)使う・・また・・痛んできたら・・10mカット(25mにして)して使う・・こうすることで・・2~3年は(使用頻度にもよるけど)もってくれます。①②③はあたり前でバランスは良いと思います。。購入したばかりのバージンでは巻癖がかなりあるので・・下のラインドレッシングを使って・・3~4回こすりましょう・・ 
IMG_1092   
これを使って巻癖を一度取ってしまえば・・リールに巻き込んで放置しても巻癖は激減するはずです。。できれば・・釣行の前日にこのドレッサーを使って伸ばしてやりましょう・・トラブルが減って釣に集中できるようになります。。さて・・ここまでは・・単なるおさらいで・・本題はこれからです!!・・実は・・最近・・ターン性にこだわっているのですが・・シューティングラインとシューティングヘッドのバランスを考えるようになってきました・・本題は後編に続きます。。    
   
関連記事:シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part2) 
シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
   
以前の記事:    
シューティングライン(ランニングライン)の迷走    

    

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・            
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« スペイ系ラインのマッチングは難しい!! | トップページ | ブログ記事ネタとアクセス数 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/62922917

この記事へのトラックバック一覧です: シューティングラインの迷走と考察(Part1):

« スペイ系ラインのマッチングは難しい!! | トップページ | ブログ記事ネタとアクセス数 »