« ブログ記事ネタとアクセス数 | トップページ | 謹賀新年!2016年 »

2015年12月29日 (火)

シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part2)

下図はシュート直後のラインの状態を表しており・・この時の運動エネルギーは1/2mv²で表現される。。運動エネルギーの主力はラインのベリー部分に集中している。。(なので・・ベリー中央部が先頭になって飛んでいくはず)   
image    
シュート直後の状況を整理すると・・(手元のシューティングラインは水面に浮いていると仮定)    
   
※ティップ側の速度Aとシューティングライン側の速度Bは・・速度A≒速度Bとなっている。    
※ベリー部分の推進力(運動エネルギー)を阻害(抵抗)する要因は「空気抵抗」と「シューティングラインの重量」が主成分である。    
   
瞬間・瞬間を区切って見てみると・・水面に浮かんでいるシューティングラインは静止しているので・・運動エネルギーは”0”であり・・次の瞬間では(瞬間分の長さ・重量分だけ)水面から剥がされ・・速度Bに達している。。この時・・ベリー部の運動エネルギーはその分だけ・・消費されることになる。。これも何度も言っているけど・・空気抵抗・・ラインの重さや水面の引き剥がしに較べれば・・カイドの摩擦抵抗なんて・・ゴミのような存在なので・・バット側のSIC以外はあまり意味は無い。。    
   
◆この後・・キャストがまずまずだったと仮定して・・ラインはどうなるか・・それが下の図になる。。    
image    
ベリー部分の推進力が残っている状態で引き出していたシューティングラインを出し切ると・・シューティングラインは停止する。    
   
image    
残っている推進力が大きければ(速度Bが速いほど)・・ラインは反動でスラックが入りつつ・・リーダーとシューティングラインが完全に伸びきることになる。これ以降は下図による。    
image    
伸びきった反動でラインが縮み落下する。。これって・・・良くあるケースで・・これはこれで有りなんですが・・これって理想なんでしょうか?・・とりあえずこれを「ケースA」と呼びます。。使用するラインシステムやキャスティングにもよりますが・・この「ケースA」は細くて・軽量なシューティングラインほど出易いですね。    
   
◆次は・・「ケースB」なんですが・・下図のような状態です。    
image    
ラインの推進力は残った状態で・・シューティングラインを出し切り・・ベリーから着水したケースです。推進力は残っているので・・水面上空でターンが始まります。    
image    
この「ケースB」はある程度の重さというと誤解を招くかもしれませんが・・少し重めのシューティングラインのほうがやり易いです。まあ~これは自身のキャスティングがヘッポコである証拠なのですが・・ある程度・・飛距離を犠牲にして・・少し太めのシューティングラインのほうが・・落下が早まる分だけプレゼンス性は上がるような??そんな気がしています。自身のヘッポコキャストでは狙ってできる訳ではないのですが・・圧倒的にケースAが多い中・・たまに・・ケースBが偶然できた・・って感じです。。エキスパートの方達のループを見ていると・・ほとんどケースBです・・もちろん・・使用しているラインに違いもあります。次回は最終編に続きます。。   

 

関連記事:シューティングラインの迷走と考察(Part1) 
シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・             
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« ブログ記事ネタとアクセス数 | トップページ | 謹賀新年!2016年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/62959715

この記事へのトラックバック一覧です: シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part2):

« ブログ記事ネタとアクセス数 | トップページ | 謹賀新年!2016年 »