« LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム | トップページ | シューティングラインの迷走と考察(Part1) »

2015年12月23日 (水)

スペイ系ラインのマッチングは難しい!!

どうも~~久しぶりの更新です・・すみません。。12月は土日が来ると・・多摩川でひたすらキャス練を繰り返していました・・近所の住人に釣ですか?って声を掛けられるんですが・・「釣の練習です」って答えると・・皆さん笑ってくれるのですが・・多分・・誤解をされているのかな・・まさか・・本当に練習しているとは想像もしていないと思います。。釣の為に練習が必要なんて・・フライくらいでしょうね・・だから・・フライの人口は増えないのでしょうね。。   
   
さて・・練習量はそれなりに多いのですが・・ヘッポコはどこまでいってもヘッポコのままで・・さっぱり上達してないですけどね。。今・・練習の時のマイブームがラインの番手をどこまで落とせるか・・なんです。。曲がらないロッドでは無理ですけど・・ScottやSAGEなら・・番手を落としても普通にキャストできます。。って言うか・・一番手落としたほうが結果が良かったりします・・特に顕著なのが・・シンキングですね。。逆に番手を上げることもやってますが・・フィーリング的には以下のようになります。   
   
※1番手上げる場合:Tipの先にボールを突き刺してそれをほうり投げる感じかな・・(トルクで投げる)   
※1番手落とす場合:ロッドの反発力を最大限に利用してルアーをピッシって投げる感じかな・・(回転馬力で投げる)   
   
ラインが軽いほうがヘッドスピード(Tip速度)が上がり・・重いと速度は下がるような気がします。。(測定してないのであくまで感覚ですが)・・さて・・誰もが知っている公式ですが・・運動エネルギーって奴ですね・・以下の式です。   
   
E=1/2mv²(mが重量、vは速度です)   
   
#6番手のラインのベリー部分の重量を仮に19.8gとします。また、シュートの瞬間のTip速度を仮に時速70Km(19.4m/秒)とすると・・運動エネルギーは3.74Jになります。これと・・同じエネルギーを#5番手(17.2g)で得るには時速75km必要になります・・約7%の速度アップで同等になるんですね・・しかも・・ラインが細いということは・・空気抵抗が低くなるので・・左記の速度以下でも飛んでくれる計算になります。。また水面へのインパクトが少ないと・・自身が良く釣をする湖だと効果が大きいと思っています。   
もし・・手持ちのラインがあるならば・・色々な組合(ボディとTip)せで試してみてはどうでしょうか?   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・            
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム | トップページ | シューティングラインの迷走と考察(Part1) »

」カテゴリの記事

コメント

たちさん、こんにちわ~~いつもコメントありがとうございます。私もラインに関してはアトランティンクサーモン、UST、RTG、KENCUBE、いつものRIOスカンジシリーズと高級ロッドが買えるくらい投資しています。。(^_^;)。。RIOのシューティングラインに関してはConnectCoreの最初のイメージがすごく悪かったので(本ブログでも酷評してしまいました)あまり使ってなかったのですが・・最近になって良さが判ってきました。。前回記事の「シューティングラインの迷走と考察」はRIO社製シューティングラインの再評価がテーマになっています。SlickShooterは使ったことがないので・・今度試してみます、値段もお手頃ですね。

トシyanさん
悩まれている事がいつも同じでついつい書き込んでしまいます。
私はSAGE6126に使うラインはAS#6/7でしたが、最近店員さんのアドバイスでAS#5/6+シンキングリーダーに変えたんですが、これがえらく調子が良いのです。
しかも気になっていたASの沈下姿勢もシンキングリーダーのおかげで調整が効くようになりました。
ラインの選択は本当に奥が深いですね。
私は今までにずいぶんラインを無駄買いしてしまいてちょっと後悔しています・・。(高級ロッドが一本買えそうです)
あとシューティングラインも同じ022のフローティング使っていましたが、最近リオのスリックシューター35LB(オレンジ)に変えました。
ラインパレット使用しないと水中に沈んでしますので使いますが、一日釣ってもほとんど絡まず細かいアタリも取れるようになったので気に入っています。
お勧めですよ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/62922052

この記事へのトラックバック一覧です: スペイ系ラインのマッチングは難しい!!:

« LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム | トップページ | シューティングラインの迷走と考察(Part1) »