« 釣れない芦ノ湖 キャス練(2) | トップページ | LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム »

2015年11月22日 (日)

今更ですが・・RIO Scandi VersiTip(スカンジ・バーサティップ)とScandi Body

RIOのScandi(スカンジ)シリーズは飛距離・・投げやすさ・・乗りの良さ・・アタリの感度・・多用途性と良い所が沢山あります。単体だけの値段で見てしまうと高いラインだなぁ~と思うかもしれませんが・・トータルで考えると割安なんですよ。。   
IMG_1084   
Scandi Short VersiTip(フォローティングBody+4種のTipが付属)が16,848円(税込)   
Scandi Body インターミディエイトが7,020円(税込)・・合計で23,868円になる訳ですが・・以下の組合せができるのです。   
Body側           Tip側   
フローティング   フローティング   
フローティング   INT(S1)   
フローティング   S3   
フローティング   S6   
INT(S1)          INT(S1)   
INT(S1)         S3   
INT(S1)         S6   
アトランティックサーモンやUSTで7種のラインを購入するとすれば・・58,000円~67,000円位になってしまうので・・いかに割安かおわかり頂けると思う・・Tipのワレットはこんな感じ。。BodyとTipはループtoループで簡単接続。。   
IMG_1085   
Scandi Bodyの長さが23f・・Tipには10fと15fの2種があって・・(上記のShortは10f)・・スペイを始めた頃は15fを好んで使っていたけど・・最近は10fのほうが扱いやすく感じています。このセットさえあれば・・湖でも川でも・・浮かべても・・沈めて引張っても良し・・更にボトムを探るのもOK・・対応力が抜群で、乗りが良く投げやすい・・アトランティックサーモンより良い点が沢山あります。。まぁ~唯一劣る点があるとすると・・着水時のインパクトが少し大きい所かな~・・シンクレートに関しては公称値と実測でかなりのひらきがあるので・・以下を参照してください。   
フライライン シンクレートの測定(2)   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 釣れない芦ノ湖 キャス練(2) | トップページ | LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム »

」カテゴリの記事

コメント

たちさん・・お久しぶりです~いつもコメントありがとうございます。
確かにインタミのBodyは実質S2程度ですからね・・(^_^;)・・
中禅寺湖だけならこのセット+15fTip(S3とS6)でも十分なんですが・・中間を埋めるためにアトランティンクサーモンのスローインタミは別途必要になりますね。
SAGEついに買ったんですね!!ONE6126は最高傑作ですよ~・・高額である以外の欠点はおよそ見当たりませんからね~・・SAGEワールドへようこそ!!
今シーズンはほぼ終了ですが・・チャンスがあれば・・ぜひ来シーズンご一緒に釣行できればと思います。。

トシyanさん、こんにちわ。

私もよくRIOは使います。
スローインターのBodyがあれば最高なんですけどねえ・・。
フローティングはBodyのみなら6/7とか微妙な番手が選べるので、着水のインパクトが気になる時にはこの辺で調整するもの有りかなあと思っています。

SAGE ONE 6126買いましたよ~
色々教えてくださってありがとうございます。
軽くて最高です。
おかげで肩こりの悩みから開放されました!
SAGEはロッドの曲がりが良くわかるので、自分のキャスティングの悪いところに気が付けて修正出来るようになりました。
おかげで少しずつ上達しているような?
また楽しい記事をお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/62730962

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが・・RIO Scandi VersiTip(スカンジ・バーサティップ)とScandi Body:

« 釣れない芦ノ湖 キャス練(2) | トップページ | LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム »