« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月28日 (土)

LOOP OPTi Speedrunner スプールとラインシステム

LOOP オプティ スピードランナーのスプールを調達した。。しかしスプールとは思えないくらい高い!!ボッタクリだよね。。   
IMG_1093   
替スプールの身分であるにもかかわらず・・本体と同じコーデュラケースが付いている・・高価なのだから当たり前か!!まあ~惚れた弱みです・・仕方が無いと諦めるしかないですね。。さて・・皆さん・・ラインシステムや接続ってどうしてますか?・・今回は自身の方法を紹介します。   
①バッキングライン   
最近はバッキングラインを巻くことはほとんど無くなりました・・PEラインの2号(32lb)を50~60m巻くだけです。   
IMG_1095   
②シューティングライン   
今回も無難なScientific Anglersのブレイデッドマルチ 022 フローティング(45m)を使用します。   
IMG_1091   
③ループの作り方   
※ループはリールごと輪に入れられるくらい大き目に作ります・・まず・・下の写真のようにスレッドを巻いて固定します。   
IMG_1101   
※15mmくらいグルグルに巻いていきます。   
IMG_1096   
※巻いた部分に瞬間接着剤を塗布   
IMG_1098   
※瞬間接着剤が乾いたら・・UVコーティング(レジン)で表面を滑らかに塗布して・・紫外線で硬化させます。   
IMG_1099IMG_1100   
※両端ともループを作ったら完成。。   
IMG_1102   
◆UVコーティング(レジン)で表面を滑らかにできるので引掛りが無く・・見た目も綺麗です。   
◆これまで何度となく根がかりもしましたが・・接合部分が抜けてしまったり・・ほどけたことはありません。 
④ループtoループでラインを接続   
写真は一見間違ったループtoループに見えますが・・シューティングラインとヘッドを結ぶ部分はこれでいいんです!!正解のループtoループより・・このほうがガイドに引っ掛からなくなります。。   
IMG_0867 

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・          
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2015年11月22日 (日)

今更ですが・・RIO Scandi VersiTip(スカンジ・バーサティップ)とScandi Body

RIOのScandi(スカンジ)シリーズは飛距離・・投げやすさ・・乗りの良さ・・アタリの感度・・多用途性と良い所が沢山あります。単体だけの値段で見てしまうと高いラインだなぁ~と思うかもしれませんが・・トータルで考えると割安なんですよ。。   
IMG_1084   
Scandi Short VersiTip(フォローティングBody+4種のTipが付属)が16,848円(税込)   
Scandi Body インターミディエイトが7,020円(税込)・・合計で23,868円になる訳ですが・・以下の組合せができるのです。   
Body側           Tip側   
フローティング   フローティング   
フローティング   INT(S1)   
フローティング   S3   
フローティング   S6   
INT(S1)          INT(S1)   
INT(S1)         S3   
INT(S1)         S6   
アトランティックサーモンやUSTで7種のラインを購入するとすれば・・58,000円~67,000円位になってしまうので・・いかに割安かおわかり頂けると思う・・Tipのワレットはこんな感じ。。BodyとTipはループtoループで簡単接続。。   
IMG_1085   
Scandi Bodyの長さが23f・・Tipには10fと15fの2種があって・・(上記のShortは10f)・・スペイを始めた頃は15fを好んで使っていたけど・・最近は10fのほうが扱いやすく感じています。このセットさえあれば・・湖でも川でも・・浮かべても・・沈めて引張っても良し・・更にボトムを探るのもOK・・対応力が抜群で、乗りが良く投げやすい・・アトランティックサーモンより良い点が沢山あります。。まぁ~唯一劣る点があるとすると・・着水時のインパクトが少し大きい所かな~・・シンクレートに関しては公称値と実測でかなりのひらきがあるので・・以下を参照してください。   
フライライン シンクレートの測定(2)   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

釣れない芦ノ湖 キャス練(2)

いや~~芦ノ湖は釣れませんな~・・今回は椿の花~七里ケ浜~深良水門辺りまで蹂躙しましたが・・さっぱりです・・魚影がまったくありません。。昨日は連休の初日とあって釣り人もそれなりに入っていますが・・話を聞く限り・・この周辺は皆さん凸ですね・・(^_^;)。。現地の口コミ情報だと・・成蹊で放流したてのチビブラウン20cm未満が岸際で群れていて・・これを狙ってかイワナが岸まで寄ってきているようです。。イワナ狙いでフライを引張るとチビブラウンが爆釣してしまうみたいですよ・・でも岸際を狙って釣ると漁協に注意されるみたいですけど。。それから白浜でもポツポツあがっているみたいですが・・自分はもうこれ以上・・キャス練のためにわざわざ芦ノ湖まで行く気は無いですけどね。。   
IMG_1068   
芦ノ湖のキャス練・・テーマは左手キャスト(利き腕の逆)です。。中禅寺湖で釣をしていると・・障害物を避けたいとか・風向き・・等々・・左手キャストが必要な場面が沢山あります。。両サイドで投げることができると釣の幅が大きく膨らむため・・ぜひ練習して覚えておきましょう!!利き手側のキャストが普通にできる人ならば・・それほど難しくはないはずです・・竿のさばき方やタイミング・リズムは出来ているので・・繰り返し何度も練習すればすぐに上達できるでしょう。。左手側のほうが・・力まない分・・ループが綺麗だったりします。。(^_^;)。。   
DSC_4901   
魚影も釣果もありませんでしたが・・湖尻側はロケーションがいいのと・・峠からの富士山がとても綺麗だったので・・まあ~良しとしますか!!   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・       
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2015年11月 2日 (月)

SAGE ONE VS Scott T3h

いや~~・・このタイトル・・どっちが良いの?って言うなら・・答えは出ないよ・・何故かって??・・どっちも良いからに決まっているじゃないか!!   
DSC_4795   
   
①SAGE ONE 7136-4 #7 13f6’(総重量:220g)    
各ピースごとの重量は以下の通り   
                 重量     比率    
Tip       :    11g        5%    
2nd      :   27g  12.4%    
3rd      :   42g  19.3%    
グリップ : 140g  63.3%   
DSC_4808   
※とにかく軽くて細い・・・風の影響を受け難く・・一日振っても疲れない。。   
※アクションはファーストです・・でも硬い訳ではありません・・ちゃんと曲がりますし・・自然です。。   
※キャスティングはオートマチックな感じで・・ポイントさえ押さえれば・・後はロッドがラインを飛ばしてくれます。   
※魚とのファイティングも申し分なしです・・ジャンプに・・ヘッドシェイク・・左右に走られても・・絶妙にいなしてくれます。   
※ブランクはピアノブラックに仕上げられ美しいです・・コルクは4A~4A+クラスでクオリティは半端無いです。   
◆アクションだけなら・・同じ物もあるかもしれません・・しかし・・この軽さでこのアクションは他にないでしょう・・これが・・値段の差だと思います・・一般的な6万円~8万円クラスでは到達できない・・一歩先へ行く性能がここにあります・・中禅寺湖や芦ノ湖の釣行に無くてはならない存在となっています。。   
   
②Scott T3h 1286 #6 12f8’(総重量238g)   
各ピースごとの重量は以下の通り   
重量            (g)   比率    
Tip                9      3.8%    
2nd            24    10.1%    
3rd             39   16.4%    
グリップ側   166  69.7%    
DSC_4811   
※グリップが堅牢な作りとなっているためグリップは重めですが・・ブランクはSAGE並みに軽く振り易いです。。   
※アクションはファーストとミディアムファーストの中間・・柔らかさとハリのバランスが最高でラインを乗せやすいです。。   
※SGAEがオートマならば・・こちらはマニュアルですね・・ギアを選択し自由に操る楽しさがあります。。   
※12f8’と言う長さと・・6番という番手も絶妙で・・#5から#7までのラインも扱う事ができます。。   
※バットがすごくいい仕事をするので・・キャスティングも・・魚とのファイティングも欠点はありません。。   
※コロラドの工場で手作り・・ナチュラルフィニッシュ・・仕上げが非常に美しく・・所有感をくすぐります。。   
◆一言で言うなら・・性能のSAGE・・楽しさのScott・・是非・・2本ともお買い上げください。。   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・      
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2015年11月 1日 (日)

釣れない芦ノ湖・・キャス練か?

まあ~・・確かにこの季節は厳しいよね~・・水温も17℃位・・魚はまだ沖の深場にいるのでしょう。。そう言えば・・去年もこの季節に撃沈したような・・(^_^;)・・まったく懲りていませんなぁ~・・ボウズを食らって・・単なるキャス練になってしまいました。。   
DSC_4787   
魚の気配がまったく無く・・釣れる気がしません!!・・フローティングで表層直下・・スローインタミで1.5m前後・・インタミで2m以下・・S4でボトムも・・・フライも手を変え・・品を変え・・散々やったけど・・何の反応も無し・・釣れるのは葉っぱと水草だけ!!このポイントって芦ノ湖の中でも魚が溜まりやすい場所なんだけど・・ここで釣れなきゃ・・どこでやってもだめでしょう。。息子はルアーで挑戦しましたが・・ルアーもダメですね・・釣れるのは水草と木の枝だけ。。   
IMG_20151031_103248   
ところで・・キャス練ではうまく投げれるのに・・湖の実釣ではミスが連発ってありませんか??自分は精進が足りないので・・このパターンって多いです。。で~・・今回・・魚が釣れないので・・夢中でキャストを繰り返して見たのですが・・いくつか判ったことがあります。。キャス練はいつも近所の多摩川で普通の長靴を履いて・・足首くらいまで水に入ってやってます・・でも・・実釣では・・膝上までウェーディング・・しかも・・風で波が立っています・・環境の差異を要約すると・・   
DSC_4772   
①ウェーディングしてるので水面が練習よりうえに上がっている。   
②湖特有の波が立っている。      
これにより・・スイープからアンカーまでの難易度が上がってくるんですね・・RIOのスカンジボディ+15fティップ(トータル11.5m)が練習ではベストバランスなんだけど・・本番では長すぎる・・10fティップで丁度よくなるんです。。アトランティックサーモンも11m位なんで・・練習では良いんだけど・・本番だとちょっと長く感じる・・練習ではロンチポジション(バックストップ)で間を取って丁度良くても・・本番では・・水離れが悪いから・・むしろ静止させないほうが良かったりする。。または・・波の影響で・・抵抗が無くなって・・一気にすっぽ抜けとかね。。リーダーの長さも含め・・その場の環境で調整する必要があるんだよね!!   

 

○モチベーションアップのご協力お願いします・・   
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »