« Scott T3hが戻って来た! | トップページ | 胃の内視鏡検査(定期検診) »

2015年5月10日 (日)

2015年5月(第6回目)中禅寺湖釣行

トシyanの中禅寺湖ヘッポコ・フライフィッシング。。今週は連休の疲れを癒すために休もう・・と思っていたのだが・・結局行くことに・・(^_^;)・・連休も終わって・・自宅療養の人が多いはず??釣り人は少ないはず??・・と思いきや・・まったくの的外れで・・中禅寺湖は今日も大賑わい。。しかし・・面白いのは・・それぞれのポイントに駐車している車・・あの車・・今日も・・ここにいるとか・・白のランクルは今日も・・13番に置いているとか・・(どうも・・あの白のランクルは兄の知り合いらしいのだが・・ぜひ・・今度・・お話を伺いたいと思う)好きな人は毎週通っているのが伺える。。
IMG_0823
さて・・今日も・・いつものポイントでタイプ3(S3)を引張ってみる・・タナに関してだが・・底以外ならどこでもいいのでは・・表層でも釣れるみたいだし(同行したユキyanはフローティングボディ+インタミTipで表層を引いてレイクを釣り上げている)・・中層でもOK・・不思議なのは・・人によって・・相性の良いタナと・・そうでないタナがあるってことだろうか・・フライのウェイトの量とか・・リトリーブの癖等・・ポイントの地形・・色々あるけど・・自分の場合は・・60カウント以上しっかり沈めないと・・釣れる気がしない。。もちろん・・遠浅の場所ならインタミで30カウント以内だけど・・何故か??中禅寺湖で1m前後のタナは釣れた試しがないのだ・・逆に・・芦ノ湖はウェーディングの場合・・これが定番で・・これ以上沈めても釣れる気がしないし・・根掛かりの連発になってしまう。やっぱり・・人それぞれのスタイルがあるのだろう・・フライのウェイトを多くして・・フライ単体でS4かS5相当のシンクレートを作りだし・・逆にラインはインタミにして・・フライ先行で沈ませ・・比較的ゆっくりと長めのリトリーブで大きな縦の変化を誘発させる。。小さく早めのリトリーブなら・・小刻みに縦に変化する。。ウェイトを多めに入れれば・・誘いの変化を着けられるが・・根掛かりというリスクを負うことになる。また・・魚はフライを咥える時・・周囲の水を一緒にまるごと吸い込むことで捕食するけど・・ウェイトの多いフライは重い故に掛かりが浅い時がある。まぁ~・・こんなこともあって・・自身はウェイトは少なめのフライが主流(ウェイトの多めの物も用意はしているが)で・・どちらかと言うと・・普通に横の変化で釣を確立するタイプ・・つまり・・ラインのTipと・・フライはほぼ真横の関係なんだよね・・まぁ~タナとの相性はこんなところが理由ではないだろうか??なので・・よく・・釣の情報でインタミ:30カウントとか・・S1/S2で60カウントとか・・あるけど・・それほど重要ではないというか・・フライの大きさとウェイト量の情報とセットで初めて意味のある内容になるような気がします。。とか言いながら・・今日も黙々とタイプ3を引張っていました。。釣果は・・
IMG_0826 IMG_0828
49cmのレイク・・腹が膨れてパンパンです。
DSC_4496
こちらもパンパンのレイク48cmです。今日は2本ですね・・釣れたのは朝だけです。アタリは3回でそのうちの2本が何とか乗ったと言う状況です。それ以降はまったく反応無し・・お昼で帰宅しました。

釣行データ:
ロッド:SAGE ONE 7136(#7-13f6’)
リール:LOOPオプティスピードランナー
ライン:RIOスカンジボディ インタミ #7
Tip:RIO リセクタブル #7-15f S3 
リーダー:OH&D(S)14f-2X
ティペット:グランドMAX FX 2号
カウントダウン:60秒
フライ:グレーオリーブNスペ#8(ウェイト:020を7~9巻)

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                

web拍手 by FC2 written by トシyan

« Scott T3hが戻って来た! | トップページ | 胃の内視鏡検査(定期検診) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/61567081

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年5月(第6回目)中禅寺湖釣行:

« Scott T3hが戻って来た! | トップページ | 胃の内視鏡検査(定期検診) »