« SAGE ONE 7136インプレ | トップページ | 2015年4月 中禅寺湖 解禁 オープン戦 »

2015年4月 5日 (日)

UST(アルティメットスカンジテーパー)インプレ

Scientific Anglers社の新製品・・USTを2本調達した。このUSTの特徴は・・
◆3種のシンクレートを組み合わせている。
◆テクスチャアド加工がされている。
と言った所がAS(アトランティックサーモン)との大きな違いだろうか・・調達したのは・・
※#7/8 I/S2/S4
IMG_0694
※#7/8 S1/S3/S5
IMG_0699
◆まずキャスティングに関して
I/S2/S4までが自身の実力では限界ですね。。ここまでならループを作って投げることができます・・(それでもTip側が重い)フィーリングはASとあまり変わらない感じですね。S1/S3/S5ですが・・これは・・無理です・・Tip側に大きな重りがあるような感じで癖が大きすぎます。それに・・スイープ中の水の抵抗が大きいので・・引き剥がせず・・ミスキャストするケースが多かったですね。。自身の実力ではI/S2/S4までかな・・
◆シンクレートの組合せと沈下姿勢
配合は綺麗に3等分されていると思いきや・・違うのですな~・・低レート側が6m(全体の約半分)高レート側がそれぞれ1/4程度(2.7m)の組合せになっています。GUIDELINEのパワーテーパーコンパクトなんかは綺麗に3等分されているので・・ちょっと意外です。さて・・肝心の沈下し姿勢ですが・・かなりいいです。。当然ですが・・沈んで行くラインをこの目で見ることは出来ません・・なので・・判断基準は・・シューティングラインをリトリーブして来て・・ヘッドまで来た時のラインの沈んでいる方向がカウントダウンした量と比例関係にあるか・・ヘッドも先端付近までリトリーブしていって・・方向にゆがみが無いか・・って所がチェックポイントになります。。カウントダウンは20秒・・40秒・・1分・・1.5分・・2分まで行いましたが・・綺麗に先端から沈んでいるように見えます・・中禅寺湖の岸ケ淵で確認しているので・・水深はまったく問題ないはずです。。S5を2分沈めても・・根掛かりもなければ・・フライに藻がつくようなこともありませんでした。(^_^;)。
◆テクスチャアド加工の効果(高価?)
シューティングヘッドにテクスチャアド加工が本当に必要なのでしょうか??大変疑問ですなぁ~・・メーカー曰く・・水の抵抗が軽減され・・ロールアップが容易になると言っていますが・・データで示してほしいです!(ロールアップがし易くなったのは・・シンクレートの配合の影響ではないでしょうか?)こんなことをして価格を上げる材料にするとは・・価格に合だけのメリットがあるならいいですけどね・・メーカーならば・・きちんとした定量的な効果を表示すべきでしょうな・・テクスチャアド加工を否定するわけではないですよ・・シューティングラインの部分でこれがあれば・・摩擦がぐんと減るし・・キャスティングが容易になると思います・・でもシューティングヘッドに本当に必要なんでしょうか??

まあ~・・今回は高シンクレートのラインだったので・・辛口評価となってしまいましたが・・正直な所・・湖で引張りをやる程度ならば・・RIOやAS(アトランティックサーモン)との差別化要素は・あまり無さそうかな??

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         

web拍手 by FC2 written by トシyan

« SAGE ONE 7136インプレ | トップページ | 2015年4月 中禅寺湖 解禁 オープン戦 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/61390980

この記事へのトラックバック一覧です: UST(アルティメットスカンジテーパー)インプレ:

« SAGE ONE 7136インプレ | トップページ | 2015年4月 中禅寺湖 解禁 オープン戦 »