« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月27日 (土)

Switch Rod(スイッチロッド)から始めよう?

これはまったく誤った考え方だと思う。。スペイ系と言うかDループを形成するキャストを始めたい・・しかし・・ダブルハンドは敷居が高い・・SwitchRodなら片手でも両手でも使えるらしい・・これはいい!!・・と思って・・SwitchRodを購入すると・・まず・・失敗する可能性が高い!!SwitchRodって最初に始めるロッドではないと思う。。Dループを作って振ると言うよりは・・投げるとか打つ・・曲げたロッドをはじく・・ラインを乗せる感覚をSwitchRodで習得するには相当な時間と労力を必要とすると思う。。結局くじけるのではないだろうか・・そして・・じゃ~片手で振ってやろうと思い・・振って見みるが・・とても重くて・・1時間も振れはしないことに気付くはず。。まあ~SageのOneとか・・常識を超えたSwitchもあるけど・・そう言う私も最初に安いSwitchを購入し失敗した一人です!。。。(-_-;)。。Dループ系キャストを始めて1年未満なので初心者マークが取れていませんが、二本目はHardyGreysの13f:#8(320g)と言うとても重く・・棒切れのようなロッドで練習を始めました・・でも結局どうすればいいのか?をこのロッドからは学ぶことができませんでしたね・・その後・・すぐに・・・Schimtt(シミュット)のDHシリーズに出会って・・劇的に進化しました(自分ではそう思っているだけかも・・(^_^;)・・)初心者が一番重要視することって・・飛距離なんですよね・・Schimttはそう言う意味で満足できるロッドです。。更に・・今シーズン中禅寺湖に通って・・思ったことは・・繊細さ・・まあ~飛距離は確かにあったほうがいいのだが・・それより・・軽いライン・・短いロッドで獲物を捕える・・狩猟本能・・これには繊細さが欠かせない・・で・・ScottのT3Hを購入・・更にラインナップ追加としてSwitchに辿り着くわけですね。。つまり・・長いロッド→短いロッドへダウンサイズするのが正しい道順で、短いロッド→長いロッドは流れに逆らった険しい道になるでしょうね。。と言うことで最初はしっかりと両手で振れるダブルハンドから始めましょう!!お勧めはG.LoomisのNRXシリーズScottのT3Hシリーズ・・14f前後で#7~8番が最初のとっかりとして一番良いと思います。。安い買い物は結局・・高くつきます、最初に一番いい物を買ったほうが結局安く済むんです・・だって・・買い替えが必要ありませんからね。。それに悩みません・・何故って・・だって・・うまく飛ばない時・・ループが乱れる時は・・ロッドのせいではなく・・間違い無く自分のせいなのだから!!それに良いロッドは振り方・・ラインのマッチングを教えてくれますからね。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年12月21日 (日)

年末年始の管釣り用フライを用意してみた

今回の年末年始も管釣三昧になれたらいいな~・・ということで管釣り用フライをいくつか巻いてみた。。
◆ボトムスキャン用(BLニンフとかブービートラップとも言うらしいが)
適当な発砲スチロール(私はシモリ浮を使用)を加工して塗装するだけの簡単フライ
IMG_0503IMG_0504
低水温時は大活躍となる。タイプ3以上のラインで底に沈め・・フライだけを浮かせてベタ底を這わすようにゆっくりと引いてくると・・突然ガツンとくる・・ので面白い。。
◆ゾンカー系
IMG_0505IMG_0506
大物だけを狙い撃ちしたい時に使用する。
◆マラブー系
IMG_0507IMG_0508
IMG_0509IMG_0510
クリーム・・グレーオリーブ・・ブラウン・・ゴールデンオリーブが定番
◆WET・ニンフ他
IMG_0513IMG_0514
IMG_0515
天気の良い日中で条件がよい時・・表層を引っ張る時に使う。。
○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         

web拍手 by FC2 written by トシyan

2015芦ノ湖特別解禁釣大会

まだ、web上で公開されていないようなのでアップしておきます。。今年は大雪で残念な結果となり・・また・・現地の方々は大変なご苦労があったと思います。。来年は無事開催できることを心より祈っております。では・・詳細情報を・・
◆日時
2015年3月1日(今回は2月ではありません!!)
AM6:30~15:00(エアホーンで合図)
◆受付
AM5:00~10:00まで「漁協水産センター」「ノザキ:元箱根」「おおば:湖尻」の3か所
◆ライセンス
6、000円(中学生以下は無料)現場券は10,000円
◆検量
14:00まで受け付け、レインボーは60cm以上、ブラウンは45cm以上、サクラは40cm以上、イワナは45cm以上だそうです。
◆表彰式
漁協水産センターで15:30より、1~3位まで表彰。
img034
img035
○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・         

web拍手 by FC2 written by トシyan

Scott T3H(1286)の適合ラインって・・

Scott T3H(1286)の適合ライン・・はメーカー推奨値が400~440gr程度・・RIOのスガンジラインに換算すると#6~#7番くらいに相当する・・実際・・フローティングラインでは#7のボディに15fのティップで丁度ベストマッチになる。。では・・インタミではどうなのだろうか?沈むラインではどうしても水の抵抗が大きくなるので・・フローティングよりも重く感じるようになるし・・さばき方も含め難しくなってくる。そう言う意味では沈みの度合いで番手や長さを落としてもいいかな?って思っている。こればかりはやって見ないと判らないので・・実際にやって見た。。用意したラインは#5、#6、#7、#8まで・・手持ちで無い物は知り合いから借用して揃えて見た。(下の写真は#7で今回購入した物)
IMG_0500
シューティングラインはいつものドラゴンテールEXライト・・
IMG_0502
◆#5番の感想--△
淡白だけど・・これでもありかな・・ってくらい自然に飛んでくれます。重量は330grくらいなんで・・手ごたえはあまりないけど・・不思議なくらい・・楽に飛んでくれます。
◆#6番の感想--×
試した中で・・一番バランスが悪いと思いました・・重量は390grくらいなので・・十分に適合範囲に入っているはずなのですが・・自分でも理由が?です。2週間程度の期間をかけてチャレンジしても納得いく結果は出ていません。
◆#7番の感想--◎
やっぱり#7番が一番バランスが良さそうですね。。長さも15fティップで丁度いいです。重さは440grになります。
◆#8番の感想--○
510grなので・・さすがに少し重いと感じますが・・ルアー感覚で放り投げるとすごく飛びます。。決してロッドパワーが負けている訳ではないのですが、ロッドにかかる負担が大きそうなので実用は控えたほうがいいでしょう。

と言う訳で・・インタミも#7がベストマッチとなりました。今回用意したティップはインタミのみですが・・タイプ3くらいだと・・ティップだけ#6に落としてもいいのかもしれませんね!

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・       

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »