« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月22日 (日)

2014年6月 中禅寺湖釣行(5)

6/21(土)・・まさしく惨敗とはこのことだろう・・・まったくあたりすらなく・・なにをやっても・・何処に投げても・・反応無し・・中禅寺湖と言うフィールドの難易度を思い知った釣行であった。。水位の上昇により水際がどんどんと岸側へ入り込んでくるためバックスペースがまったく無くなってしまう、場所によってはスペイ/アンダーハンドでも振れないという・・釣をさせてもらえない状況になる。こうなると・・釣ができるポイントが限られてくるし・・・・思うような釣ができない!以下の写真は5月前半(右)、と今回(左)のものだ・・
IMG_3356DSC_4033
水際が木の根元近くまで来ているのが分かると思う・・・・
しかし・・早朝はライズもあり・・なんらかの捕食活動を行っているのは間違いないのだが・・モンカゲニンフも・・マーチブラウンも反応なし・・枯葉かゴミと思ったら・・
DSC_4028_1

何と・・ニジマス(?)の稚魚・・#8のフックによくフッキングできたものだ・・今月に入ってからかな・・稚魚やワカサギ・・ウグイを足元で良く見かけるようになった・・いままで何処にいたの?・・まあ~水温の上昇と伴に活動範囲が大きく変わってきているのだろう。
あくまで推測だけど・・水温の低い4~5月・・ワカサギや稚魚達は・・中/大型のレイクやブラウンにとって楽に捕食できる存在だったはず・・マラブーやゾンカーの引張が有効なのがその証拠だ・・水温が上昇すると・・・中/大型のトラウトたちの捕食対象は昆虫系へとシフトする?のだろうか?シンキングでの引張はもう限界なのは分かるけど・・表層もさっぱりだと・・もう手が無いね・・来週はどうしようかな・・・・午前1時に起床して・・眠い目をこすりながら高速飛ばして・・高速代・・ガソリン代・・高い金を払って・ボウズではなぁ~・・岸釣はもう終了なのかな・・・ボートを使って・・人が入れないような・・岸際のライズを狙うとか・・・そんなスタイルに変わっているのかもしれないですね・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                                 

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年6月15日 (日)

2014年6月 中禅寺湖釣行(4)

金曜の夜・・早々に食事と風呂を済ませ・・10時には就寝・・ところが・・まったく眠れん・・・70cmオーバーのレイクやブラウン妄想で釣れまくってしまい・・興奮が収まりません・・・いい年をして・・これではまるで小学生ではないか・・・結局・・ほぼ完徹に近い状況での出発となりました。。AM3:50に大島商店に到着・・釣券を購入・・状況を聞いてみると・・水位は急上昇・・今日は今シーズン一番の人出とのこと・・とにかく釣り人がめちゃくちゃ多いです。。約束の地・・金谷へ到着すると・・すごい車の数です。。マイナーポイント金谷でこれだけの人を見るのは初めてですね・・・何とか・・隙間に入り込んで釣行を開始。。
DSC_3990
フローティングでニンフをスローリトリーブしてみるも・・反応無し・・ライズも無ければ・・水面の春ゼミやモンカゲも少ない・・それに水位が50cmぐらいは上がっている気がします・・今までは4mぐらい沖側で釣が出来ていたはずなのに・・とにかく釣りにくいです。。
DSC_3996
晴れているわりには・・気温も低く肌寒い感じです。良い波があるににもかかわらず・・生命反応を感じない・・どういうことでしょうか・・釣れる気がしません。。ところが・・隣のルアーウーマン(?)にヒットです、沖でのヒットらしくかなりリールを巻いていました。50cm前後のレイクです。表層にはいないと判断し、ラインチェンジです。RIOのインタミボディとタイプⅢのティップで深場をねらいます。。
IMG_3383
すると・・・「キタ~」・・茶鱒
DSC_4004
1分程度沈めて・・スローリトリーブです。漂わせる感じでガツンときました。。フライはこれ・・
IMG_3412
モンカゲニンフ#8・・・釣れたブラウン(55cm)は鼻に傷がありました。歴戦の勇士でしょう・・(フライにとって)不利な状況で釣れたことは奇跡に近いですね。
DSC_4008
しかし・・妄想では70cmオーバーのスーパーブラウンが釣れまくっていたんですけどね・・現実は甘くないです!!自然の状況変化は難しいですね。。

◆各種装備情報
ロッド:Schmitt DH1404-8
ライン:RIO Scandi Shooting Head インターミディエイト
TIP:Replacement TipタイプⅢと自作TIPを2m
リーダー:フロロカーボン(TIEMCO)12f
フライ:モンカゲニンフ #8

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                               

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年6月 8日 (日)

中禅寺湖トップシーズン(6月)へ向けて傾向と対策

これまではNスペシャル風でひたすらリトリーブの釣でやってきたけど・・トップシーズン(6月)はモンカゲロウ・・春ゼミ・・・ワカサギの接岸・・魚たちにとって飽食の季節がやってくる。。それに合わせ・・フライのパターンや釣り方を変える必要があると思う。ベストシーズンの休日なのに・・あいにくの雨で・・とても釣行する気分になれず・・フライでも巻いてみるかと・・・来週の釣行用にいくつか巻いてみた。。

◆Nスペシャル風(#8)
IMG_3411
ひっぱりの定番・・何故か・・グレーオリーブのパターンが良く釣れる。。

◆モンカゲニンフ(#8)
IMG_3412
ウェイト有りと無しのパターンで作ってみた。これをフローティングラインで漂わせるように釣るらしい・・

◆なんちゃってマーチブラウン(#10)
IMG_3413
ウイングが小さいような気がするが・・(^_^;)・・

◆なんちゃってプロフェッサー(#10)
IMG_3414
定番のウェットフライは表層をゆっくりとリトリーブ。。

◆シケーダー(春ゼミパターンはタイイングと言うより工作になってしまうので・・完成品を購入してみた・・シマザキシケーダーと言う物らしい:540円税込)
IMG_3415IMG_3416
これって・・フッキングするのだろうか??

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                               

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »