« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

2014年4月 中禅寺湖釣行

4月29日・・時計のアラームで目を覚ます・・時間は何とAM1:30・・眠いっす・・(+_+)・・好きじゃなければ釣なんてやれねぇなぁ~と言いながら・・目的地・・日光中禅寺湖を目指し・・東北道を飛ばします・・宇都宮ICで日光宇都宮有料道路へ。。しかしこの時間・・気持ちが悪いくらいに車がいません・・ガラガラです。有料を降りてからの一般道・・いろは坂・・中禅寺湖まで一台の車も見かけませんでした。。連休初日とはいえ・・まだ4時ですからね・・当たり前か!待ち合わせ場所の丸山駐車場に着くと・・もう・・けんちゃんとゆきyanがVOLVOで来ていました。。急いで朝食をかきこみ・・釣行開始です!

◆スタートは丸山~大崎周辺・
・・風もなくユスリカがハッチしています・・あちらこちらでライズも見かけます・・おお~テンションあがりますねぇ~絶好のコンディションです。
IMG_3335IMG_3336
まずは・・シングルハンド(ライトタックル)で近場の様子を探ります。。すると・・ヒット~・・ってけんちゃんが叫んでいます。。おおぉ~なんとレイク(47cm)です!!
IMG_3340
レイクの実物を始めて見ました・・イワナそっくりですね・・ものすごくヒレピンです。スタート直後でこれなので・・期待は高まるばかりですが・・・私には何の反応もなく・・時間だけが過ぎていきます。。こういう時の心理って・・ラインを変えようかとか・・ダブルハンドで遠投するかとか・・迷いますね。。でも・・迷っている時って・・だいたい釣れないんです。。

◆結局・・けんちゃんの一匹だけで・・その後まったく反応もないため・・ポイント移動です・・現地情報によると・・昨日・・金谷ワンドが好調だったようです。そこで今日の風向きから岸ケ淵でドン深ねらいとしました。。
IMG_3352
少しずつ横に移動しながらキャストしていると・・底石にフライが当たったような感覚がロッドから伝わり・・その直後・・グングンと明らかな魚信が・・「キタ~」・・来ました!!
魚影が見えなくてもグッドサイズであることが判ります・・慎重にリールを巻いて・・ドラッグ調整・・ゆっくりと上がってきました・・おおぉ~「レイクです」・・(51cm)
IMG_3345IMG_3347
素直に嬉しいですね~・・中禅寺湖で初めてのヒット・・始めてのレイク・・そして・・Schmitt(DH1404-8XX)ルーキーのデビュー戦でこの成果です!!あまりの嬉しさに・・私はこのレイクに向かってどれだけの労力や時間・・資金を費やしたか・・そして感謝の言葉を語りかけていました。
結局、釣果はけんちゃんの47cmとの51cmの2匹のみでゆきyanはおでこでした。

◆各種装備情報
ロッド:Schmitt DH1404-8
ライン:3M アトランティックサーモン S2/S3 #8/9
TIP:タイプⅢ相当を2m
リーダー:フロロカーボン(TIEMCO)12f
フライ:グレーオリーブのNすぺしゃる風 #10ロング
※1分30秒のカウントダウン

けんちゃんのタックル
ロッド:KENSAWADA SW9906L
ライン:3M OH&D インターミディエイト #6
リーダー:バリバスSTD 12f
フライ:グレーオリーブのNスペシャル #8

関連記事:
中禅寺湖へ向けての準備
2014年5月 中禅寺湖釣行(2)

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                            

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年4月19日 (土)

中禅寺湖へ向けての準備

今度の連休はぜひとも中禅寺湖へ釣行したいと思っている。。実は過去に数回チャレンジしているが・・未だに魚影すら見た事がない・・実に敷居の高い湖だ!!釣れない湖と思って遠のいていた・・震災以降、放射性セシウムの影響でキャッチ&リリース化されたわけだが・・どうやら釣に関しては好調らしいのだ!!これは・・もう・・行くしかないでしょう。。そこで・・情報を集めてみると・・シーズン初期は山側(急峻などん深が多い)・・根がかり覚悟の・・・ベタ底狙い・・フライはNスペシャルKⅡ・・色は「グレーオリーブ」「ブラウン」といったキーワドが多い。。ではでは・・準備を始めますか・・

◆ライン
手持ちでは・・フローティング・・インタミ・・S1/S2までだ・・S2/S3ぐらいまでは必要になるだろうなぁ~・・と言うことでこれ!!アトランティックサーモン#8/9 S2/S3
IMG_3329IMG_3324
シューティングは3MのSLブレイデッドマルチ(インターミディエイト)これ・・初めてですが・・ブレイデッドで巻癖がないかなと思いこれにしました。
IMG_3328

◆リール(ロッホモア LOCHMOR-SLA9/10/11)
スプールを追加購入。。金額的には・・本体とほとんど差がなく(まあ~本体が激安でしたからね・・)8900円・・
IMG_3327

◆フライマテリアル
KⅡBonnyストリング・・正体不明ですが・・これです。
IMG_3320
これとスピードファイバーをボディに2重巻にしてなんちゃってNすぺしゃる風にしてみました。
IMG_3321
今はまだ準備段階です・・月末には釣果報告したいですね・・
関連記事:
2014年4月 中禅寺湖釣行
2014年5月 中禅寺湖釣行(2)

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                            

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年4月12日 (土)

ロッホモア SLA9/10/11 フライリール

ダブルハンド用のスペイラインはものすごく太い・・まるでうどんのようだ!・・シングル用のラージアーバー程度ではとても収まりきらない。。先日・・地元のWILD-1を物色していたら・・お買い得なリールを発見した・・ロッホモアの大口径リールでお値段・・なんと8,800円!!見た目も安っぽくないし・・回転もスムーズで超軽い・・・即決で購入してしまった。。
IMG_3315IMG_3316
20LBのバッキングを100yほど巻いたが・・もう~余裕で収納できてしまった。RIOの極太ラインが細く感じるくらいだ。。本日・・キャス練で使用しましたが・・可もなく不可もない・・普通に使えました・・\(^o^)/・・
IMG_3319
DAIWA製 LOCHMOR-SLA9/10/11
直径:107mm
幅 :35mm
巻取内径:52mm
自重:170g

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                           

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年4月 6日 (日)

Schmitt(シミュット)でキャス練

Schmitt(DH1404-8XX)でキャスティング練習をしている。。しかし・・練習すればするほど・・驚くべきロッドであることに気づく・・とにかく収束性が早い・・だから・・曲がったロッドパワーを一瞬で放出できるのだと思う。。収束性が早い=ファーストアクション≠曲がらない・・・な所がすごいのだな・・そう・・硬いけど・ちゃんと曲がるんですよ・・ ハリの強めなロッドだが・・しなやかさも内包している・・そういうバランスなのだと思う。。
IMG_3291
シューティングスペイやOHをするために生まれてきたアクションなんでしょうなぁ~・・やっぱりブランクのマイクロピッチ製法に秘密があるのでしょうか?・・・下の写真は手前(下)からSchmitt、ノースランド、Sageのバット部分ですけど・・確かに・・Schmittは1mm位・・Sageやノースランドは1.5mm位の間隔に見えますね。。
IMG_3314
無風であれば・・40mをコンスタント・・トラブル無し・・大き目のヤーンを取り付け余裕でターンオーバーしてます。ほとんど力を入れず・・ティップだけを意識して・・ロッドに仕事をさせているだけです。。 ただ・・このロッドは少し重めで・・何故か風の影響を受けやすいです。
IMG_3296
ロッドのアクションと重さ等の性格から言って・・キャスティングや使用するラインは限定条件があると言うか・・条件が成立した時だけ・・性能が発揮されるロッドですかね。。少なくとも・・このロッドでアンダーハンドをする人はいないと思います。 SAGEやSCOTT、ルーミスといった誰が振っても高バランスでラインやキャスティングを選ばない万能選手では無く・・非常に個性的(限定条件付き)なロッドだと思いますね。。
関連記事:
Schmittというフライロッド(1)
Schmitt用フライロッドケースの自作
自作ロッドケースの仕上げ
Schmitt Super Multi 6
Schmitt(シュミット)SuperMulti6がやって来た!
Schmitt(シュミット)SuperMulti6が折れた!
Schmitt(シュミット)SuperMulti6が戻ってきた!

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   
                  

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年4月 5日 (土)

自作ロッドケースの仕上げ

安物の塩ビ管で作ったロッドケースを塗装とシールでそれらしく化粧をして見た。。

◆まずは塗装・・
①対象を良く洗浄する・・(油脂の除去)
IMG_3282
②使用する塗料は・・順番に・・
a.プライマリー(樹脂系と塗装密着を上げるための塗料)
b.プラサフ(今回は無し)
c.塗料
d.クリア
IMG_3284
③塗装風景
マスキングテープを貼って・・プライマリーからスタート
IMG_3285IMG_3287
IMG_3290

◆シールの作成
①手作りステッカー(980円・・本体(塩ビ管)より高価だった・・3枚組だけどね)
IMG_3288
②PCでそれらしく作成して印刷
IMG_3289

◆スッテカーを貼って完成!
IMG_3311IMG_3312
やりすぎてしまった感が・・まるで海外遠征のような・・

関連記事:
Schmittというフライロッド(1)
Schmittというフライロッド(2)
Schmitt用フライロッドケースの自作

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                         

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »