« 80年代(Good old days)邦楽ベストヒット | トップページ | シューティングスペイ用のライン »

2014年3月29日 (土)

IIJMIO(MVNO)でテザリング

docomo系端末の場合、MVNO(仮想移動体通信事業者でテザリングを行うことはできない・・理由はテザリングの機能を有効にすると・・APNの設定が強制的に「SPモード」にされてしまうためだ・・(Docomoの訳のわからん仕様でこのようになってしまう)・・ただ・・機種やアンドロイドのバージョンによっては・・テザリング機能を有効にした後でもAPNの変更が可能な個体もあるらしく・・うまくいけば・・簡単なアプリで利用できるようになる。。残念ではあるが・・私のF-01D(ARROWS)ではできない。。(No rootの場合)
110_F_4599115_qtNJt1nDSqN523pXwgSdSk5l3LH1enZK
普通のテザリングはLTE(3G)<->WiFiのアクセスポイントとして動作させることで周辺のPC等をネットワークへ接続させる訳だけど・・WiFiではなくUSBで接続する方法がある・・この方法ならばAPNの設定が変わることは無いので・・テザリング機能を構築するとこができる。この機能を実現するには当然・・アプリが必要なのだが・・有名なアプリは3種類あって「Easy Tether」「PdaNet」「Klink」・・私は「Easy Tether Lite(No root)」を使ってみたので・・その方法を紹介する。もちろん無料アプリだ!

◆端末側(F-01D:タブレット)
①まず最初にUSBデバックモードにしてしまおう・・(まあ~後でもいいんだけど・・)
・「設定」「開発者向けオプション」「USBデバック」にチェックを入れる・・
②アプリ「Easy Tether Lite(No root)」のインストール(google playから入手)
Easy Tether
③USBの設定
アプリのインストールが終わるとUSBの設定が始まるので・・実施する・・基本「Next」と「YES」でいいはず。。
④USB・・ボックスにチェックを入れる。
Screenshot_2014-03-26-18-05-46

◆PC側
①当然PC側にもアプリとドライバーが必要なのでインストールする。
PC側ソフト
※途中でドライバーのインストールをするか聞かれるのでインストールする。(私のpcではインストールしないと動作できなかった)

◆接続
①USBでPCと端末を接続。。(初回は端末を認識すると・・ドライバーのインストールを始めるというメッセージがでるはず)
②Easy Tetherというソフトが常駐しているはずなので(画面の右下)・・右クリックして接続を選択する。
EasyTether
これでIIJMIO等のMVNOでも接続できるはずだ。。(ちなみに・・USBではなくBluetoothでもテザリングすることはできるみたいです・・どうしてもワイヤレスでいきたいならその選択もありだと思う)

関連記事:
IIJmio 接続できない!
格安SIMでスマホの通信費を安くする?本当に安いの?

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                      

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 80年代(Good old days)邦楽ベストヒット | トップページ | シューティングスペイ用のライン »

PC・IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/59373331

この記事へのトラックバック一覧です: IIJMIO(MVNO)でテザリング:

« 80年代(Good old days)邦楽ベストヒット | トップページ | シューティングスペイ用のライン »