« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月22日 (土)

ロッドのジョイントが抜けない・・

フライロッドのジョイント部が一箇所・・抜けなくなってしまった。。こんな風にすると・・簡単に抜くことができる。。
①まず木の板を用意した。(木の板でなくても代用品はいくらでもありそう)
IMG_3243
②抜けなくなったジョイント部の上下にこの板をテーピングで貼り付ける。。
(写真赤矢印の所がジョイント部分)
IMG_3242
③貼り付けた板を(上写真の黒い部分)を持って・・一気にねじる感じで回す・・そうすると・・ギリ・・って音がして簡単に抜けます。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                              

web拍手 by FC2 written by トシyan

モーレツ宇宙海賊 劇場版

さすがに・・一人で行くには恥ずかしいので・・娘に頼んで・・・一緒に行ってもらいました。。
IMG_3255
劇場版はまったくのオリジナルストーリーで「亜空の深淵」というタイトルです。。亜空間の専門家であり・・探検家を父にもつ少年のお話です。。なんだろ~オールスター総出演の大サービスは良いのだけれど・・ちょっと欲張り過ぎて・・肝心の少年と父・・母親?との人間関係や肝になる部分がおろそかになってしまった感がありますねぇ~マルウェアを使った情報収集のくだりなんかも・・もう少し緊迫感(TVアニメや原作に見られたような)や臨場感がほしかったなぁ~90分の枠のなかで・・全部やろうとしたのがあだになったかな・・
IMG_3253
それにしても・・映画の音響ってなんでこんなに音が悪いのでしょうか??映画に行って過去一度も音が良かったって感じたことが無いのだが・・音量さえでかくすれば迫力が出ると思っているのだろうか・・ただ・・ひたすらうるさいだけなのだが・・コンサートにでも行って・・プロの音作りを聞いてみてほしい・・TOHOシネマには音響エンジニアはいないの??

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                            

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年2月19日 (水)

ミニスカ宇宙海賊11

待望の11作目が発売された。。タイトルは「モーレツ時間海賊」・・・今回も前作(2隻の白鳥号:10巻)同様に120年前の独立戦争時代へタイムスリップするネタです。。
IMG_3218
本作は完結ものではなく上巻なのかな?・・まだまだ・・続くよ・・って感じです。。帝国軍からの依頼で異常空間を調査していた弁天丸が行方不明・・・茉莉香は120年前からのメッセージを受け・・再びオデット二世で過去へ(120年前へ)タイムスリップ。。弁天丸・・オデット二世・・サイレントウィスパーで謎の宇宙船を追いかけるというお話です。。いつもと較べると・・ペースがゆっくりしている感じがします。。下巻に期待しましょう・・
さて・・2/22に劇場版が公開されます・・オリジナルのストーリーと思われます・・見に行きたいけど・・こんな親父が・・一人で行くには恥かしいなぁ~・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                           

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年2月 8日 (土)

安田レイ Brand New Day

シングル第2段の「Brand New Day」を購入した。(初回限定版)
img032A
収録曲は
※「Brand New Day」(ニッセンCMソング)
※「Let it Snow」
※「Delight」
初回限定版にはDVDが付属されていて「Let it Snow」のmusic videoが入っている。。
img032B
Brand New Dayは春の爽やかな雰囲気が彼女のクリスタルボイスにぴったりマッチした曲になっている。Let it Snowは切ない冬の失恋ソング・・・musc videoが秀作だ!少し残念なのが・・いかにもSONYレコーディングって言うか・・イコライジングもそうだし・・作られた音になっている(多分・・圧縮音源を想定しているのだろうけど・・)できれば・・彼女の素のままのボーカルを聞かせてほしかった。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                           

web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年2月 5日 (水)

シューティングライン(FLY fishing)について

フライラインのシステムにおいて・・シューティングヘッド+シューティングラインの組合せは(シングルであってもダブルハンドであっても)誰もが使っている方式の一つであろう。。今日はシューティングラインについて書きたいと思う。。シューティングラインに求められる性能や仕様とはどのような物なのだろうか・・・自身は以下のように思っている。    
   
a.とにかく巻癖がなく絡まない事。(様々な気候の条件下でも)    
b.軽くて良く飛ぶこと。    
c.感度が良くて小さいあたりも取れる事。    
d.50M程度の長さがほしい。    
   
※巻癖がなく絡まない・・      
これはもう釣をする上で必須(自身としては・・)と言っていいと思う・・巻癖があると・・キャスト中に絡まって・・中断とか・・絡まったラインがガイドにぶつかってシュートが不発とか・・とにかく釣に集中できなくなってしまうし・・大変イライラします。    
   
※軽くて飛ぶ・・      
使い勝手として0.02~0.025インチ・・20lb以上が良いです。特殊コーティングで摩擦が軽減されているものが理想です。    
   
※感度・・      
本当は・・フライが流れに乗って・・底石に当たった感じまで伝わるのが理想なんですけど・・とにかく小さなあたりが取れないと・・シビアな釣はできません。    
   
※長さ・・50M程度      
例えば・・50Mを半分に切ってしまうと・・25M・・シューティングヘッド(ライン)部が11Mとして・・リーダー+ティペットが3Mとすると・・25+11+3=39Mもあります。。自分の腕ならこれで十分なんですよ・・残り半分は別のシステムで使ってもいいし・・保管して予備品とするのもありです。(シューティングラインは消耗品です)    
   
◆現在使用中のシューティングライン    
(1)EXフローティング(Kencube:¥6,980)    
IMG_3204    
0.02インチの極細で20lb・・ブレイテッドコアのフローティング(45M)です。このラインの特徴はとにかく巻癖がありません・・リールから出した直後でもこれです(下写真)。    
IMG_3210    
スベリも良く飛びます。。値段を除けば・・一押しのシューティングラインです。ただ・・購入したばかりなので・・経年変化でどう変わっていくか観察が必要です。(キャスティングスクールに参加した際・・このシューティングラインを貸してもらい使用しました・・1年以上は使ったものらしいですが・・まったく巻癖はなく・・とにかく良く飛んでくれました)    
   
(2)EXインターミディエイト・スローシンク(Kencube:¥6,980)    
IMG_3205    
0.02インチの極細で20lb・・モノコアのスローシンク(45M)です。このラインの特徴も巻癖が少ないところです・・リールから出した直後でもこれです(下写真)。    
IMG_3211    
水面直下に入ってくれるので・・波の影響を避けることができ・・あたりが取り易くなります。こちらも良くスベリ・・飛んでくれますが、若干ラインが伸びる傾向があり、キャスト中に違和感を感じる時があります。今後・・経年変化を観察したいと思います。    
   
(3)インターミディエイト・モノコア20lb.0.025″50.0m(3M:¥5,000ぐらい)    
IMG_2441_1    
購入当初は巻癖は少ないほうで・・手でひっぱり・・伸ばしてやると改善されました・・現在1年以上使用しましたが・・巻癖が酷くなってきています。完璧にカール状態でなかなか元に戻りません・・しかもよく絡まります。。    
IMG_3208IMG_3207    
購入当初はこんなことは無く・・リールから出したら・・手で伸ばし・・4~5回ぐらいキャストすれば・・ほぼ真直ぐになっていたんですけどね・・使用したら・・必ず・・ラインドレッサーで手入れをしてリールに格納していたんですけどねぇ・・(使用していたドレッサーは下写真です・・これがいけなかったんでしょうか?このドレッサーは3MのASTコーティングと同じ素材が含まれているらしく・・逆に使用する直前にかけたほうが良かったのかなぁ~)    
IMG_2521    
ハンドリングも感度もいいので巻癖さえなければ・・いいラインなんですけど・・    
   
★今の所・・KencubeのEXシリーズが一押しのシューティングラインです。。ただし・・値段が高いのが難点ですね・・    
(EXシリーズは耐久性に難がありすぐにコーティングがボロボロになります)   
   
関連記事:   
シューティングライン(ランニングライン)の迷走   
シューティングラインの迷走と考察(Part1)   
シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part2)   
シューティング(ランニング)ラインの迷走と考察(Part3)   
   
○モチベーションアップのご協力お願いします・・    
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                           
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

2014年2月 2日 (日)

SUBARUの新型車LEVORG(レヴォーグ)

愛車のBPレガシィに較べて・・現行のBRレガシィは大きく感じる・・まるでクラウンか・・と思わせる風貌である・・欧米ではレガシィのサイズアップ要望が多く・・現行型で大型化が図られ海外では一定の成功を収めた。。しかも・・北米等では更なるサイズアップ要望があるらしい・・そうなると・・もう~日本のニーズではマッチしなくなってくる。。そこで・・日本のみをターゲットにしたLEVORG(レヴォーグ:レガシィとレボリューション・・ツーリングを意味する造語)が生み出された・・・まだ・・発売前なので・・実車での試乗や現物確認はできないが・・カタログを入手したので・・机上でのスペック確認をしたいと思う。。
img022img023
◆ラインナップ
*1.6GT
*1.6GT EyeSight
*1.6GT-S EyeSight
*2.0GT EyeSight
*2.0GT-S EyeSight の5車種で全てがワゴン(のみ)でセダンは存在しない。
◆ボディサイズ
全高:1490mm
全幅:1780mm
全長:4690mm
ホイールベース:2650mm
トレッド(前)1530/(後)1540mm
と扱い易いサイズになっている・・2.0系の最小半径が5.5mになっているが・・これはタイヤサイズの影響だろうか・・ラゲッジ容量は522Lと過去最高だ。
img026
◆エンジン+トランスミッション
※1.6DOHCのDIT+リニアトロニック(CVT)
170ps/4800~5600rpm
25.5Kgf・m/1800~4800rpm
※2.0DOHCのDIT+スポーツリニアトロニック(CVT)
300ps/5600rpm
40.8Kgf・m/2000~4800rpm
img027
◆インテリア
img024img025
◆装備
img028
img029
◆基本スペックとボディカラー
img031
4月に発売予定らしいが・・ぜひ試乗して確認してみたい。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                         

web拍手 by FC2 written by トシyan

ヘッドホン(JVC:HA-SZ1000)

息子(高2)がヘッドホンを買った・・購入にあたっては・・新宿の量販店でしっかりと視聴を繰り返し・・この機種(JVC:HA-SZ1000)に決めたようだ!・・・私は無難なオーディオテクニカや・・疲れ難いゼンハイザー・・高音質のbeats/MONSTERを勧めたのだけど・・
IMG_3193IMG_3195
息子曰く・・このJVCは神の降臨がごとく感じたと言う・・えぇ~・・ほんまかいな・・数日のエージングを済ませ・・聞いてみた・・ヘッドホンアンプは所有していないので・・アキュフェーズのC-200Lといつもチェック用で使用するCD・・GRPのライブinセクションと竹内まりあの「Quiet Life」で確認した・・
IMG_3198IMG_3199
このヘッドホンの特徴を表現すると・・
(1)良い意味でヘッドホンらしく無い・・まるでスピーカーで聞いているような音場表現をする。
(2)良い意味でアナログである・・「中の上」とか「中の下」とかを引出す個性を持っている。
(3)良い音を聞くのではなく・・良い音楽に浸る・・それだけの情報量をもっている。
若かりし頃・・6畳間の狭い空間で・・JBLを鳴らしていた・・ワイドレンジは当たり前・・色艶・・音像・・音の粒子の一粒さえも表現できないか・・それらを求め・・ケーブルはもちろん電源にまで手を入れていた昔・・30年前にタイムスリップしたかのような視聴の時間だった。息子よ・・お前の選択は間違っていない・・これは一つの答えであり、一つの個性であると思う。
※S□□Y製品でよく見かけるシャカシャカ・・シャリシャリという金属的な中高音を強調することで高音質:原音:デジタル:情報量が多いと信じて(神)いる人たちは真向否定だろなぁ~

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・                        

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »