« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

HDD丸ごと暗号化(TrueCryptはGPT非対応)

息子が学校へノートPCを持っていく機会が増えてきた・・万が一・・盗難・紛失があるとやっかいなので・・できれば・・もしものためにHDDを丸ごと暗号化しておきたい。。フリーソフトでメジャーなのが・・「TrueCrypt」というものらしい・・今回はこれを試してみた。。

◆まずは事前準備

(1)暗号化する場合は・・まず・・デフラグを事前にしておいたほうがいいらしい・・
DEFRAG
(2)次は念のためシステムバックアップを取っておく・・
SYSBACKUP

◆TrueCryptをインストールしてシステムドライブ全体を暗号化しようとすると・・・
GPTは対応できない」といってエラーになってしまった・・
gptmbr
このGPTとは新しいパーテーションテーブルの規格だ・・TrueCryptはMBRと言う従来の規格でないとダメらしい・・どうするよ~・・
GPTからMBRへ切り替えをするにはボリュームは削除しなければならない・・つまり・・データは全て消去する必要があるわけだ・・・困った・・結局使えねぇ~ってこと??
最新のPCでWindows8-64bitならGPTが標準と思われる・・と言うことは・・このTrueCryptはWindows8に対応できていないと言うことか??確かにオフシャルではWIN7までしか記載がなかったが・・

◆なんか手はないか?
そう言えば予備のHDDがあった・・確か320MBで容量も同じだ・・こちらはMBR規格のはず・・おお~そうか・・多少時間は掛かるが・・HDDを丸ごとコピーしてしまえばいいか・・
手順はこうだ・・・
①予備のHDDでクローンを作成
(現状のHDDは7200rpmだが・・この予備は5400rpmなので性能ダウンしてしまう・・面倒だが・・2回繰り返すしかない)
②予備HDDと本体HDDを入れ替える
③予備HDDで正常起動したら・・本体HDDをケースに入れて・・ボリューム削除・・MBRへ変換してしまう。。
④これで・・もう一度・・本体HDDへコピー(クローン作成)すれば元通りになり・・MBRへ変換もされるはず・・
※めんどくせぇ~が・・これなら一銭も掛からず・手持ちの部品で完結するかも!

◆早速クローン作成開始・
2.5インチHDDをケースに入れて外付けHDDに変身させ、USB接続。。
IMG_2676
IMG_2835
HDD革命CopyDriveを使ってコピーを開始・・
hdcopyexe 
◆HDDの入れ替え
ケースからクローンHDDを取り出し・・PCのHDDと交換します。
IMG_2837IMG_2839
◆起動できない!(ブートを認識しない)
ん~困った・・MBR形式でクローン化したHDDではブートがうまく認識できないようです。障害の可能性は以下の2つです。。
(1)HDD革命CopyDriveのバグ?GPT形式からMBR形式にクローン化する段階で規格通りのものが出来ていない可能性があります。
(2)HPのノートPC(ENVY dv6/7200)がMBR形式に対応できていない?BIOS設定も確認しましたが・・設定できそうな項目はありませんでした。

まあ~いずれにせよ計画は断念せざる得ない状況となってしまいました!しかし・・まいったなぁ~丸ごと暗号化は企業(ビジネスシーン)では当たり前なのだが・・個人レベルで売ってくれるまともなソフトって(しかもWindows8 64bit GPTに完全対応)ないんだよなぁ~ファイル・フォルダや外付けHDDの暗号化ソフトならいっぱいあるんだけどね・・一番まともなやり方はWindows8PROにグレードアップして・・BitLockerを使うってのが妥当なのだが・・費用が1万2千円ってのが・・予算的に無理なんだよな・・2~3千円ぐらいまでなら出してもいいだけど・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

豆腐!起動ビグ・ザム(MA-08)

ビグ・ザムが量産の暁には連邦などあっという間に叩いてみせるわ!とドズルは言った・・そして・・豆腐として量産されることになったのだ!日本の食卓はどう変わってしまうのか?あっと言う間に叩かれてしまうのだろうか?シリーズ第3段!
IMG_2798IMG_2799
・・そう言えば・・気になっていたのだが・・ビグ・ザムと言うと・・MS08小隊のアプサラスを連想してしまう。。ビグ・ザムはアイナとギニアス兄弟が開発したアプサラスⅢの進化版なのだろうか?自身にとっては未だに謎である・・
さて・・ビグ・ザム豆腐が新発売となった!さすがに大きい・・冷蔵庫にいれると存在感タップリである。味はまろやかでやわらかい、クリーミーな感じの(絹ごし系)食べやすいとうふだ!
IMG_2840IMG_2800
そのまま食べてもいいが・・デコレーションをすると・・もっと楽しめるだろう・・
ザクとは違うのだよ!ザクとは・・「鍋用ズゴック豆腐」
グフとは違うのだよ!

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年6月23日 (日)

ミニスカ宇宙海賊10(二隻の白鳥号)

ん~~・・やっと10巻が出版された。。今回はオデットⅡ世が120年前にタイムスリップ・・・独立戦争末期の白鳥号として情報収集船を撃退すると言うお話です。。
IMG_2834
いや~~またまた、ミニスカ話題で読者の皆さん・・ドン引きですかね?・・ですよね・・だって50過ぎたおっさんのブログでミニスカパイレーツの話題なんてね!!しかも2回目とは・・一応言い訳させてもらいますね・・原作タイトルが「ミニスカ宇宙海賊」、アニメのタイトルは「モーレツ♡宇宙海賊」で主題歌はあの「ももいろクローバーZ」です!!物語の基本設定も女子高生が海賊の船長になったり、どこぞのお姫様も登場してくるし・・それだけ聞けば、そりゃ~引くでしょう・・普通はね・・ところがどっこい、内容はしっかりしてます。。基本設定は今風(私の子供たちも含め幅広ターゲット)ですが、それを構成する要素が硬いと言うかしっかりしてます。。しかも芯がぶれない。。とにかくお勧めの「痛快スペースオペラ」です。
来年2月に劇場版が公開されるようです・・楽しみですね。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年6月22日 (土)

スカイツリーに切り替わってから・・ブロックノイズが・・

何故だろう・・東京スカイツリーに完全移行(切り替わってから)してからブロックノイズやフリーズ(映像の途切れ)が稀に出るようになった・・ご存知のように5月の後半に地デジ放送は東京タワーからスカイツリーへと完全に移行した。事前のテスト放送ではトラブルは確認できなかったのだが・・ブロックノイズと映像のフリーズが極稀に発生するようになった。
これまた不思議なのが・・REGZAやレコーダー(RD)に異常はなく・・例によってゲーム専用機(Panasonic製:TH-32D60ハイビジョンブラウン管) にだけ・・この現象が現れている・・念のため電波レベルを確認して見ると・・

◆NHKが83(※)程度
IMG_2822

◆TBSが82(※)程度
IMG_2823
お~~明らかに電波レベルが強くなっています。確か東京タワーの時は65~75ぐらいでしたから・・これは少し強すぎるかもしれません

◆何故強くなったのでしょうか・・スカイツリーになっても出力(NHKや一般の民放)は10KWで、仕様として変わりはありません。ただこれはあくまで電気的な話であり・・電波塔としてアンテナの性能は格段に上がっているはずです。つまりそれだけ効率良く電波を放出しているのでしょう・・つまり・・強すぎることで障害が発生している可能性があります。。

◆そこで・・これです・・アッテネーター(減衰器)
IMG_2824IMG_2833
-6dB(半分に減衰)、-10dB(1/3に減衰)、-15dB(1/6に減衰)の3ケセットで2千円くらいです。とりあえず-6dBで試すと・・

◆NHKが77(※)程度
IMG_2830
◆TBSが75(※)程度
IMG_2831

ん~~調度ピッタリのようです・・これで少し様子を見ることにしますか・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・ 

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年6月 2日 (日)

HP ENVY dv6-7200/CTインプレッション(指紋認証・・他)

HP ノートPC(HP ENVY dv6-7200)が来てから2ヶ月半が経ちました。。この辺でその後のインプレッションをしたいと思います。。まず・・・
◆改善を希望する点
方向キーの上下が小さくて(他のキーと比べて大きさが半分)扱い難い。。
IMG_2790
方向キーは極端な例です・・全体的にもキーボードのフィーリング(操作性)がダメです。。

②ACアダプタ入力(バッテリー充電)LEDやHDDのアクセスLED(ランプ)が右横に・・
IMG_2789
何故?この場所にLEDなのでしょうか?正面からまったく見えません。。(-_-;)。。

光学ドライブの取り出しボタンや操作性がダメ
このボタンがとにかく押しにくい・・しかもトレイが床にあたるのでスライドもダメ・・
IMG_2795IMG_2796

※なんだろ・・TOSHIBAやNECのPCでは考えられない・・違和感があります。。

◆良い点\(^o^)/
指紋認証機能
です。。始めはいらね~とか思っていたのですが・・使ってみると・・とっても便利です。。windowsのログインが(電源起動時やスリープ後の復帰)指をスライドさせるだけで簡単にできます。
IMG_2793
設定もすごく簡単・・「HP SimplePass」を起動して・・メニュー通りに進めるだけ!!
IMG_2794SIMONSET
※設定すれば・・特定WEBのログインも登録できます。。つまり・・
ブログ編集のログインには・・このパスワード
アマゾンの買い物は・・そのパスワード・・とか別々に登録できるわけですよ・・。。これなら・・パスワードの文字数を増やして・・難しくしても大丈夫ですね・・だってパスワードを覚える必要はないのですからね・・これは一度慣れてしまうと・・病みつきです。。(^◇^)。。

○関連記事です
(1)購入検討偏:
(2)インプレッション偏:
(3)なんとかせねば偏(キーボード Fキー):
(4)なんとかせねば編(Win8 スタートボタン):
(5)なんとかせねば編(Windowsアカウント):
(6)Windows8のメールアプリとはいったい?編
(7)Win8のマルウェア対策:これは使えるのぉ~?偏:
(8)Windows8への思い:素直な感想
(9)Windows8でマルチスクリーンにすると・・
NVIDIA Optimusテクノロジーとエクスペリエンスインデックス
HPノートPC(HP ENVY dv6-7200)のメモリ増設
HP ENVY dv6-7200/CTインプレッション(指紋認証・・他)

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・ 

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年6月 1日 (土)

インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

さてさて・・今回は2回目・・お題の続きを語っていきたいと思います。。初めての方は1回目を必ず読んでからにしてくださいね~インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・

通信の仕組みはOSIモデルと言う7つの階層によって構成されている。。
7 アプリケーション層
6 プレゼンテーション層
5 セッション層
4 トランスポート層 (TCP)
3 ネットワーク層 (IP)
2 データリンク層(LLC+MAC)
1 物理層
※数字の大きいほうが上位側になる
110_F_15384694_TiTaA3GUWq7fKdsPvA2HROoY4uMEoJa7_thumb
人と人がコミュニケーションを取るには会話をする訳だけど・・日本語・英語・フランス語・・と様々な言語が存在し・・言語が一致しないと会話にならない・・通信も同じで・・様々なプロトコル(言語と言うとオーバーだが・・手順のようなもの)がある・・インターネットではTCP/IPプロトコルが使用されている・・これは上記のOSIモデルの3:ネットワーク層と4:トランスポート層の部分にあたる。。
110_F_6549225_bb7LVNSY5fL14gnv9h0CPpkdbcNI5vmW
◆プロトコル(TCP)の例として・・府中市から都心のサーバー(40Kmの距離があると仮定:伝播遅延は190us)へ20MBのデータを転送したとすると・・・

(1)20MBのデータはパケットやセグメント(この例では1パケットあたり1460バイトとする:MSS)と言う単位に分割されて送られるため・・13,699パケットになる。。(パケットは3:ネットワーク層の単位)

(2)それとは別にウィンドウサイズ(RWIN)という決まりがあって・・これは何かと言うと・・まず・・通信で送ったデータが送り先へ確実に届いたことをはっきりにさせるため・・送り先では送り主に対して「確かに受け取りました」という応答(ACK制御と言う)を返すのだが・・どのくらい(どれだけデータを貰ったら)で応答を返すのか・・と言う細かなやり取りをお互いに決めておくんだなあ~だから・・ウィンドウサイズ(RWIN)が仮に260Kバイトだとすると・・178パケット(ウィンドウサイズ分)に1回はACK応答を確認することになる。。
110_F_43527862_DGwejOP9mzJmSTNdFCzOxO27WB2FlG8p
(3)つまり・・こんな感じ・・
1パケット目を送信--->サーバー
2パケット目を送信--->サーバー


178パケット目を送信--->サーバー
ACK応答を受信<---サーバー
179パケット目を送信--->サーバー


と言うやり取りで13,699パケットの伝送を繰り返すわけだ!!
※ACK応答を貰うまでは179パケットは送信せず待ちとなる。。また、ACK応答が一定時間無かった時は再送と言って・・もう一度1パケット目から送信する。。
110_F_3716439_ZCcFGqvYedybKjib2TwLfhly2IGTOaCo
(4)おお~~もう気づいた人は気づきましたね・・第1回で説明したように通信遅延がありますね~・・通信遅延は「伝播遅延」と「機器遅延」更に「伝送時間」があります。。なので・・・最初の1パケットはサーバーへ到達するまでに・・・・
190us(伝播遅延:片道)+1.06ms(機器遅延:片道)+伝送時間以上掛かることになります。なぜ以上かと言うと・・パケットとパケットの間って隙間はないの~とか・・余分なデータってないの~ですよね~・・あります・・実際にはフレームという物理層の単位なんですけど・・フレーム間ギャップというものが存在します。。つまり・・260Kバイトのデータを送るには・・

260KB(178パケット)の伝送時間+380us(伝播遅延:往復)+2.12ms(機器遅延:往復)+プロトコルヘッダやフレーム間ギャップの総数
ACK応答を待つので、理想的な伝送ができたとしてもこれだけ掛かる

根拠を明確にできない(いいかげん?)な所もあるけど・・仮定もいれて・・
260KBの伝送時間:2.1ms(1Gのスピードで送信できたとして
プロトコルヘッダの伝送時間:82us
距離的な伝播遅延(往復):380us
総合的な機器遅延(往復):2.12ms(第1回の実測値)
フレーム間ギャップ:27us
とすると・・合計で4.71ms・・この時間で260kB(178パケット)のデータがスループットされるわけだから・・
260k×8/4.71ms=443Mbps(40Km離れた都心のサーバーへアクセスした時)

と言う数値が出てくる。。(これが理論上の最大値)実際には複数の世帯でシェアリングするわけだから・・我が家の250Mbpsと言う数値はかなり恵まれた値といえる。。

ちなみに更に距離が長くなると・・
210Kmでの伝播遅延(往復)2msなので・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・329Mbps
550Km(東京<->大阪ぐらい)での伝播遅延(往復)5.2ms・・・・218Mbps
KAISENTIEN
※この表は各回線が理想的な状態で・・且つ・・一人で独占できた時の値です。。
※RWINは260Kバイト、MSSは1460バイトで計算しました。
機器遅延(片道)1.06msはpingによる実測値なので当然・・計測条件などで大きく変化するし・・誤差もあるはずです。(詳細は第1回・・(1)で・・)
※自分のRWINやMSS、MTUを調べたい人はこちら・・
Java Tweak Tool
※RWINはvista/win7/win8では自動なので設定はできませんが・・パラメータを変えると値を変化させることはできます(デフォルトのままでOK・・・特に変える必要は無いと思いますが・・)。。コマンドプロンプトを管理者権限で実行し・・以下を入力。。
netsh interface tcp set global autotuninglevel=****
*** -> normal(デフォルト)
*** -> highlyrestricted
*** -> disabled
以下のコマンドで現状の内容を表示できる。。
netsh interface show global

◆まとめると・・
インターネットの光回線速度を決定する重要な要素は
通信遅延=「伝播遅延:物理的な距離」と「機器遅延」
シェアリング=何人で回線を共有するか・・ になる。。
③vista以上のosならば・・MTUやらRWIN等の値を変える必要はありません。。

これで・・もう・・遅いって悩む必要は無くなりましたかぁ~

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・

今日は・・このテーマについて語って行きたいと思うのだが。。このお題は奥が深いからなあ~・・長くなるので2回に分けて説明したいと思う。。さてさて・・・歴史と言うとオーバーだが・・少し時代を遡ると・・電話モデム(56Kbps)・・ISDN(128Kbps)・・という時代があり・・たった1分のSD動画をダウンロードするのに何時間もかかっていた・・10年以上前の話だが・・当時は遅い・・待つのが当たり前だった。。それから間もなくADSL(10~50Mbps)の時代になりHD動画だって何とか見れるようになった・・そして光(100Mbps)・・更に光(1G)になり・・家族全員で一斉にブラウジングしようが・・動画を別々に見ようが・・びくともしない速度帯域が得られるようになった。。にもかかわらず・・今も昔も回線速度(通信速度)が遅い!と嘆いている人たちが多い・・何故だろう??・・電話モデムやISDNは確かにどうしようもなく遅い・・でも光は桁違いに速いし・・回線品質も格段に良い・・もういい加減・・この話題に終止符を打って見たいと思うのだが・・・ 
110_F_9974034_AkCyGIDA6TR6fxx88tM5REwIoUqy7257
◆最初にすごく重要なことを言っておくと・・
①光の速度をご存知だろうか・・ここで言う光の速度とは通信速度ではなく物理的な速度のことで・・3×10^8m/sec(1秒間で地球を7周半)のことである。。光ファイバーでの伝達速度や回路の電気信号は・・この光の速度の0.7倍程度である。。仮に210Km離れた距離を信号伝送(片道)すると・・およそ1ms(ミリ秒)かかる(伝播遅延する)ことになる。。人間にとって1msは一瞬かもしれないが・・数GHzで4コアもあるマイコンや1Gbps(これは1nsの単位だ)と言う通信速度からすれば1msはすごく長い時間ですよね~それに・・通信では様々な機器や信号変換を繰り返し相手と繋がります。。これらの機器も0秒では動きません・・必ず遅れが発生します。。更に・・実際にデータを送信・受信する時間が掛かりますよね・・とりあえずここでは・・「伝送時間」と定義しておきましょう。。これらをまとめて通信遅延と言います。重要なので覚えておいてください。。
※通信遅延には「物理的な距離の:伝播遅延」と「様々な機器の遅延」更に「伝送時間」がある。。 
110_F_37313095_M7kotWBOE4cQwF5Gndq5AWgRsM4K9vvM 
②あなたの加入した光1Gの回線は全てあなた専用なのでしょうか?・・いいえ違いますよね~・・複数世帯のシェアリング(共有:分割して分け合っています)で運用されています。。同時に使用する人が重なれば・・1/2・・1/4・・と帯域が狭くなっていきます。詳しく知りたい人はGE-PONTDMTDMA等のキーワードで検索して見てください。。

③もし・・あなたがすごく田舎の人ならば・・もしかしたら・・光1Gの回線を独占できるかもしれません・・でも・・アクセスするサーバーは普通・・都心にありますから・・距離はどんどん遠くなりますね・・一方・・都心に近くなれば距離は短くなりますが・・人口密度も上がってきます・・独占できる確立はどんどんと下がっていき・・シェアリングする人数は増える方向になります。。
110_F_3702484_MQte42XEaqnA3O26NRy1OZEigfaDzGyB
◆通信遅延についてもう少し掘り下げて説明すると・・・
上記で説明したように、通信遅延は「伝播遅延」と「機器遅延」「伝送時間」なのだが・・伝播遅延は光の速度なので判り易いけど・・機器遅延って何??・・ん~~・・自分のPCがどんな経路でサーバーへ繋がっているのだろうか・・
自分のPC->ルーター->ONU(PONインターフェース)->基地局->SNポート->サービス網・・・と実に様々な機器・回路、電気->光変換・・光->電気変換を通してサーバーへと到達するわけで・機器ごとの処理に要する「アプリケーション遅延」とそれぞれの機器がデータのバッファリングを行うため「キューイング遅延」が発生する。これら合算したものを機器遅延と表現していいだろう。。さて・・この機器遅延は伝播遅延のように理論値を出せるのか?・・これは無理である・・では・・実測はできるのか?・・これは不可能ではない。。所在の明確なサーバーにpingを打って・・RTT(Round Trip Time)を調べればよい。。
110_F_8050302_X2VrT6fR3T6fxld62vY3F6IwJ6XNQb6o
RTT=伝播遅延+機器遅延+伝送時間
である。。pingで送信するデータ数を4バイト程度にすれば・・伝送時間はほとんど無視できる。。なので計測したRTTは伝播遅延と機器遅延になる。。サーバーの所在地がわかっているならば・・およその伝播遅延は理論値で出せるので・・結果として機器遅延を計測することができる。。 さて・・では実測すると・・
pingtokyo
会社のサーバーへpingを打ってみた・・都心なので・・自宅からの距離はおよそ40km・・伝播遅延は往復で380usになる。。
※何度かpingしたが・・平均値は2.5msぐらいかな・・
※送信データは4byteなので伝送時間は無視していいだろう。。
※そうすると・・機器遅延は1.06ms(片道)ってことになる。。
※この値が全ての人や状況に適用できるわけではないが・・目安程度にはなるだろう・・ 

◆さて・・我が家で色々なサイトで回線速度を実測してみると・・・
無線だと・・30Mbps~100Mbps位・・有線では100Mbps~250Mbps位です。。確かに・・1Gには到底及ばない・・ん~~もしかして・・これを遅いと言っているのかな??・・回線を十分に使えていない・・と思っているのだろうか??・・だとすれば・・半分は合っているが・・半分は間違いです。。無線の実行速度がこの位であることは関連記事(無線LANの実行速度)で説明した通りであるが・・光を使ったインターネット回線の実行速度(実効速度)についても技術的に解説してみたいと思う。。
次回(2)に続きます・・お楽しみに・・

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »