« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月19日 (日)

無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)

無線LANを複数台のPCで同時使用すると通信速度はどこまで低下するのだろうか??web上で答えが見つからなかったので実際にやってみた。。
結論から言って・・同時使用の限界台数は(ストレス無くフルアクセスが可能)3~4台以内がベストと言う検証結果となった。。詳細は以下に記載するが・・4台同時に速度検証のフルアクセスをすると・・応答の途切れが発生し始める(3台目までは見られない現象だ)。。ただ・・YouTubeレベルの動画再生とか・・(この程度の帯域)ならば4台同時でも問題(ストレス)なく再生できている。

◆お約束の・・周辺の電波環境だが・・Xirrus WiFi Inspectorで調べてみた。。
2.4Gと5Gの両方の帯域で見ているが・・衝突しそうなアクセスポイントもなく理想的といっていいだろう・・
WiFi11NABG

◆測定環境の構成は・・ (11n 2.4Gを使用)
①使用したソフトは「LAN Speed Test(Lite)
②無線ルーター:Aterm WR8700N(NEC)
③PCは4台で・・メーカー型番、内蔵のWiFiチップは以下の通り・・
TOSHIBA dynabookTX/67H(Atheros AR9281)
NEC LL750FS(Intel 1000BGN)
HP ENVY dv6-7200(Intel N2230)
TOSHIBA dynabook TX/66A(USB子機:WL300NU-AG) 
④アクセス対象はNAS(HDL-A2.0:DATAI/OとHDL-C1.0の2台)で無線ルーターとギガビットイサー(カテゴリー6:0.5m)で接続している・・PCを有線接続した時の速度は・・
書込み:422Mbps
読出し:450Mbps
ぐらいあるので・・無線LANの評価としては必要かつ十分と思われる。。 
HP1GSPEED1C
測定時は検証対象を1台に絞って・・
検証対象:高速NAS(HDL-A2.0)を使用しtestする。
2台目:NAS(HDL-C1.0)へファイル転送を行わせる。
3台目:WEB上の回線速度サイトで高速データ転送をさせる。
4台目:同上
こんな感じで2台~4台の同時アクセスをさせてみた。。

◆測定結果は下の表の通りだ!
WiFi_CORI_2to4

※PCは最大で4台同時だが・・測定記録は上記の2台に絞って行った。。
※HP ENVYは2ストリーム・40MHz幅が使用できるため300Mbps仕様だが・・dynabookはドラフト2.0の古い仕様であるため・・150Mbpsになっている。。
※実行(実効)速度の理論値はリンク速度の44%(関連記事参照)としている。。

◆考察と結論
(1)まずHP ENVYで2台同時以降での測定値だが・・お気づきのように1台単体に対して大きく低下(126Mbps->51Mbps)している。。あくまで推測なのだが・・同時使用では速度の低いほうに自動切換されてしまうのではないだろうか??速度の低い仕様が優先されると考えると測定結果と辻褄は合うようになる。。(?)

(2)dynabookで2台同時以降での測定値だが・・これは想定の通りで・・2台同時になったからと言って・・通信速度が1/2(半分)・・1/3となって行くわけではない・・関連記事でも言っているように衝突回避の待ち時間(CSMA/CAのDEC)があるため・・1台単体では空白期間が多く存在している・・2台同時になると・・その空白期間が埋まってくるので・・速度低下は僅かである(55Mbps->48Mbps)。。この傾向は3台・・4台となっても同じである。。つまり・・4台同時動作だから・・実行速度が1/4になるわけではなく・・空白期間が埋まっていくため・・むしろ・・無線としての伝送効率は上がる方向になる。と言うよりは1台単体での効率が悪すぎるのかもしれないが・・上記表のdynabookデータから・・
K1:1台単体での伝送効率(約37%)
K2:2台同時での伝送効率(約64%)
K3:3台同時での伝送効率(約70%)
K4:4台同時での伝送効率(約77%)
150Mbps(リンク速度)=55/K1=(48+48)/K2=(35+35+35)/K3=(29+29+29+29)/K4
と表現できる。。(ちょっと乱暴だけどね~)

(3)4台同時のフルアクセス検証になると・・応答の遅延や途切れが発生してくる。。(3台同時までは出ていない現象だ)ただし、YouTube程度の帯域であれば4台同時でもストレス(問題)なく動作する。。

☆ネットワークをフルに使用するなら3~4台以内がベスト!(複数台での同時利用)
☆同時使用すると・・速度の低い仕様が優先される??(未確認:裏は取っていないが)
☆実行速度は同時使用でも1/2・・1/3になるわけではない。むしろ伝送効率は上がる。

と言うことで・・これまた・・想定内の結果となってしまった・・

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年5月18日 (土)

無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)

我が家の環境で無線LANの実行(実効)速度を計測したので紹介する。。
またまた・・結論から言ってしまうと・・
リンク速度が300Mbpsでは・・126Mbps(実測)
リンク速度が150Mbpsでは・・56Mbps(実測)という結果であった。。
関連記事(1)でも述べているようにリンク速度の44%が限界速度だとすると・・まあ~こんなもんかなあ~~って感じですかね。。以下は詳細ですよ~

◆まず・・周辺の電波環境だが・・Xirrus WiFi Inspectorで調べてみた。。
2.4Gと5Gの両方の帯域で見ているが・・衝突しそうなアクセスポイントもなく理想的といっていいだろう・・
WiFi11NABG

◆測定環境の構成は・・
①使用したソフトは「LAN Speed Test(Lite)
②無線ルーター:Aterm WR8700N(NEC)
③PCは3台で・・メーカー型番、内蔵のWiFiチップは以下の通り・・
TOSHIBA dynabookTX/67H(Atheros AR9281)
NEC LL750FS(Intel 1000BGN)
HP ENVY dv6-7200(Intel N2230)
④アクセス対象はNAS(HDL-A2.0:DATAI/O)で無線ルーターとギガビットイサー(カテゴリー6:0.5m)で接続している・・PCを有線接続した時の速度は・・
書込み:422Mbps
読出し:450Mbps
ぐらいあるので・・無線LANの評価としては必要かつ十分と思われる。。 
HP1GSPEED1C

◆測定結果
以下の表の通りなのだが・・理論上の計算値と実測値でマッチングが取れており・・まあ~測定誤差も考慮すれば・・予測通りといえるのかなあ~~
WiFi_Speed_CMP
※HP ENVYの無線LAN測定値で読出し速度が極端に遅いのですが・・ん~~原因が良くわかりません・・(^_^;)・・ドライバーの設定とか見てはいるんですけど・・正直・・はまりそうなので・・これ以上は詮索しない事にしました。。(上記のデータのように有線LANではこのようなことはないので・・アプリレベルの干渉はないと思います)
※NEC LL750FSのリンク速度は何故か・・150~300の間をフラフラとして安定しません。。こちらも・・ひと通り調べましたが(ドライバー設定や電源オプションとか・・)原因は不明です・・ただ・・通信速度が不安定な訳ではなく・・60~70Mbps前後で安定しています。。これも不思議ですね??
※NEC LL750FSとTOSHIBA dynabookにUSB子機(WL300NU-AG)を取付けて・5G帯で検証して見ると・・2台とも・・リンク速度が300Mbpsで安定し・・測定値は双方とも・・・115Mbps程度(書込み)が出ています。。これも理論値と比べるとやや低いですが・・USB2.0であることも考慮すれば妥当な数値かもしれません。。

◆結論
無線LANの実行(実効)速度はリンク速度の約44%が限界という理論値は測定結果ともほぼマッチングが取れました。。

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・   

web拍手 by FC2 written by トシyan

無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)

◆理論上の実行(実効)速度はどれほどなのか??結論から先に言ってしまうと・・・
あくまで目安ですが・・だいたいリンク速度の44%程度でしょう!!つまり・・
54Mbpsならば・・・23Mbps程度
150Mbpsならば・・66Mbps程度
300Mbpsならば・・132Mbps程度
※理想的な環境での実行(実効)速度になります。。
興味のある人や無線LANは遅いと思っている人は以下を見てください。。

◆初心者には・・ちょっとキツイ話から始まるかもしれないが・・LANの通信機能(プロトコル)OSIモデルと言われる7つの階層によって構成されている。。

7 アプリケーション層
6 プレゼンテーション層
5 セッション層
4 トランスポート層
3 ネットワーク層
2 データリンク層(LLC+MAC)
1 物理層
※数字の大きいほうが上位側になる
110_F_15384694_TiTaA3GUWq7fKdsPvA2HROoY4uMEoJa7

◆このOSIモデル上で言うと・・有線と無線の違いは「1 物理層」と「2 データリンク層のMAC」だけで・・それ以外は同じものとなる。。ここで通信の実行速度(実効速度)に大きく影響する部分は無線の場合・・MAC層CSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)と呼ばれる衝突検出・回避制御機能にある。。
無線であれ有線であれLANと言うものは複数のクライアントがいつでも平行(同時)に動作するように設計されている。。当然だが・・衝突(コリジョン:つまり誰かと誰かが同時に送信してしまい・・データが壊れてしまう現象)が発生する・・これでは通信ができないので・・検出して・・また回避や・・再送といった手順を行う必要があるわけだが・・無線の場合、CSMA/CAと呼ばれる方式で・・これを実現している。。

◆有線の場合は信号のレベルで衝突を容易に検出できるのだが・・無線の場合は・・そう簡単ではない・・なので・・これが厄介なんだな~例えば・・無線LANで2920バイトのデータを送信(受信)したケースを例にすると・・
①衝突回避の待ち時間(CSMA/CAのDEC)
②1460バイトの送信(受信)
③ACKの待ち時間
④ACKの受信(送信)
⑤衝突回避の待ち時間(CSMA/CAのDEC)

⑥1460バイトの送信(受信)
⑦ACKの待ち時間
⑧ACKの受信(送信)
⑨衝突回避の待ち時間(CSMA/CAのDEC)

⑩TCPのACKの受信(送信)
⑪ACKの待ち時間
⑫ACKの受信(送信)

※実際のデータ送信(受信)は②と⑥だけでそれ以外は回線状態の確認になってしまう。。
・・・・・(^_^;)・・とこんなに手順が複雑になってしまうのだなあ~・・しかもこれはあくまでの理想的(周囲では誰も無線LANを使っておらず・・邪魔をするような電波やノイズもなく・・受信レベルも完璧・・・1対1の関係で衝突はありえない環境)な状態での話です・・
110_F_3702484_MQte42XEaqnA3O26NRy1OZEigfaDzGyB
◆誰もが・・規格の最高速度(リンク速度)は実際には出るはずが無いと言うことは判っていると思いますが・・これには少し勘違いがありますね~・・送信や受信している時は最高速度(リンク速度)が出てはいるんですよね~・・ただし・・上記のように回線品質や衝突回避のために・・実際のデータ以外のやりとりが必要で・・これに時間が掛かっていると言うことなんだなあ~~

◆で・・もう一度結論になるけど・・
あくまで目安ですが・・だいたいリンク速度の44%程度!!つまり・・
54Mbpsならば・・・23Mbps程度
150Mbpsならば・・66Mbps程度
300Mbpsならば・・132Mbps程度

※念のために言っておくと・・(^_^;)・・ここで言っている実行(実効)速度とはインターネットの回線速度を言っている訳ではありません。。あくまでローカルエリアネットワーク(LAN)上の話です。。具体的に言うと・・PCから無線ルーターまでの通信速度の話になります。。

次回は実際にPCから測定(実測)してみましょう・・では~

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・ 

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年5月11日 (土)

ウェーディングシューズの(補修)フェルト張替

長年付き合ってきたウェーディングシューズ(Pazdesign)のフェルトが剥がれてしまった。。買換えするか・・補修して使い続けるか・・まあ~勿体ないので補修することにしました。。
IMG_2771

◆用意した物はこれ・・
①リバレイボンド(メーカー:双進) 900円
②フェルト角切り(300×480mm)(メーカー:双進) 1800円
IMG_2772

◆作業手順
①古いフェルトを剥がす。。力任せにベリベリ剥がします。。
IMG_2775
また、剥がした面をサンドペーパーでこすって・・きれいにします。。

②買ってきたフェルトをサイズに合わせ加工します。。
IMG_2776IMG_2779
挟みじゃ無理なので・・カッターナイフで切っていきます。。

③ボンドを靴の底とフェルト側にも塗ります。。塗ったら・・10分位乾かします。。(ボンドは後のこともあるので少しだけ余るようにしましょう)

④接着したら・・チャーシューのように紐でグルグルと巻いていきます。。
IMG_2781

⑤一晩乾燥させたら・・はみ出した部分のカットと・・隙間をチェックして・・隙間があったら・・余ったボンドで埋めましょう。。
IMG_2782IMG_2784

⑥これでもう一度乾燥させれば完成です。。ん~いい感じ・・まだまだ使えそうです。。
IMG_2785

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・

web拍手 by FC2 written by トシyan

2013年5月 4日 (土)

オイル交換(レガシィBPE)

これまでは2回/年だった交換サイクルを1回/年にしてみた。。まあ~ほとんど距離を乗らないので(6千Km/年ぐらいかな~)・・もったいない・・かなってのが理由です。。(^_^;)。。1年間・・無交換で乗って見ましたが・・オイルの状態としては・・いい感じに茶色って言うか・・粘度は新品時とそれほど差もなく・・エンジンフィーリングもいつもの通りですね。。(真黒でドロドロかなって心配しましたが・・この程度の距離では何ともないですね)オイルの量も変化がなく・・絶好調って感じです。。

◆交換するオイルはいつものモチュール(MOTUL) 300V(5W40)です。
DSC_3347
もう・・7年以上・・これを使っていますが・・信頼性の高いオイルだと思います。。最近はやりのサラサラオイルではなく・・ある程度しっかりした粘度をもちながら・・重くはならず・・軽やかに回ってくれます・・それに高回転に回しても膜切感が無いというか・・どこまで回しても・・オイルが仕事してます・・って感じな所が気に入っています。。一般的なオイルと比べると高価なオイルですが・・それだけの価値はあると思っています。。

◆交換手順です。。
①ジャッキアップは面倒なのでこれを使います。すごく便利ですよ・・
IMG_2764
②アンダーカバーを外します。。(ネジ3箇所とクリップが2箇所)
IMG_2765
③ドレインボルトとフィルタはこれ・・
IMG_2768IMG_2769
④廃油はこれで・・(今回はフィルタも同時交換です)
IMG_2767
⑤水平対向エンジンは規定量をキッチリ入れましょう。。多すぎも少なすぎもNGです。。

◆やっぱりオイル交換すると・・フィーリングが変わりますね・・エンジンも静かになりました。。

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »