« HDD(ハードディスク)は容量が大きいほど高速になる! | トップページ | HPノートPC(HP ENVY dv6-7200)のメモリ増設 »

2013年3月31日 (日)

NVIDIA Optimusテクノロジーとエクスペリエンスインデックス

我が家のNewCommer「HP ENVY dv6/7200」にはGeForceGT650Mというグラフィックエンジン(GPU)が搭載されている。。つまり・・そこそこのゲームマシンになっている(はず・・)と言うことだ。。このチップのグラフィック制御はNVIDIA Optimusテクノロジーと呼ばれ・・通常は外部GPU(GeforceGT650M)がOFF(CPU内部のグラフィックエンジンIntel HD4000が動作)になり消費電力を抑え・・グラフィック制御の負荷がかかる時だけ(色々なプロファイリングが可能)ONとなりそのパワーを発揮すると言うもの・・だそうだ!!ん~何かよさげな・エコな感じなのだが・・・
110_F_31304593_R3fYa9U6uLD8kXL8XSUiHddnTmOWrtl8
◆さて・・NVIDIA Optimusテクノロジーの設定は「NVIDIAコントロールパネル」で行うことができる。。基本的には・・グローバル設定(通常・・どう動くか)とプログラム設定(指定したプログラムが実行された時どう動くか)を設定することができる。。
nvidiacntpanel1nvidiacntpanel2
ところが・・どんな設定にしても・・表面上で見えるGPUはいつも「Intel HD 4000」なんだな~DirectX診断ツールでも・・画面のプロパティーでも・・後でも触れるが・・ゲームソフトのベンチマークでも表示上(表面上)・・見えるのは・・いつも・・HD4000でGeForceはまったく見えてこない・・更に・・エクスペリエンスインデックスでもHD4000(内部GPU)で評価され・・かつ評価値が低い・
dxdiaghd4000POS2TEST2
本当に搭載されているのか??動いているのか??って疑問を感じてしまうわけだ・・
(動作の確認ができるアプリもあるみたいだが・・Optimus Test Toolとか・・)

◆実際はどうなのだろう!!エクスペリエンスインデックスを見ると・・がっかりするような数値が出てくる。。まずは・・下の表を見てほしい・・
SPECCMP
この表はゲーム性能にフォーカスし・・我が家の3台のPCを比較したものだ。。NVIDIA Optimusテクノロジーを搭載したマシンはHPのENVYになる。。ここで表の黄色の部分に注目してほしいのだが・・そう~性能値としてはあまり良くない・・ここだけを見ると・・世代の古い・・LL750FSにも負けている。。HP vs NECで言うと・・
○なんで世代の古いHD3000に0.4ポイントも負けているのか?(ディスクトップグラフィック)
○なんでGT650Mを搭載しているのに6.8なんだ?(ゲームグラフィック)
○インデックスの平均値だと・・0.1ポイント程度しか差が無い・・本当?

◆この・・ インデックス値(グラフィックディスクトップ)はどのように算出されているのだろうか??これは公開されてはいないので確かなことはわからないけど・・WEB上の情報を整理すると・・次の2つが大きく関連していそうだ・・(らしい)ってこと。。
(1)ビデオRAMの容量
(2)ビデオRAMのスループット

そこで・・winsat等を使って調べてみたわけだが・・まあ~・なんとなく・・関連性はありそうかなって感じで・・辻褄はあっている。。
blackexspericmdproblackgrafpro

◆次に・・数値の低い理由だが・・
※NVIDIA Optimusテクノロジーにより内蔵のIntel HD4000側で性能評価されてる。
※ビデオRAMのスループットが低い。(世代の古いHD3000より悪い)

といった所がすぐに思いつくのだが・・何故??ってのが明確にはならない。。まあ~単なる想像になってしまうけど・・熱や消費電力的な問題等で・・HD4000側のクロックを上げられないとか・・・Gefoce側との協調制御(頭脳だけがGeforceで肉体的にはHD4000とか・・)であるためオーバーヘッドが必要になってしまうとか・・~~何らかの理由はあるのだと思う。。(でも本当に知りたいのは理由ではなく・・実力より低く評価されてしまっただけなのか・・本当に低いのか・?事実を知りたくなってしまった訳さ・・)
※ちなみにHPのPCでは・・BIOS設定でどうにかできる項目は存在しない。。

◆では・・実際はどうなの??ってことになる訳だけれど・・これはもう~ゲームソフトでのベンチマークを見るしかない。。スコアの前に体感上の話をすると・・
             HP           NEC
PSO2  余裕でOK 設定によってはOK
BH-6  OK          NG
MHF     OK          重そう
FFXIV  余裕でOK 設定によってはOK   って感じです。。

スコアは上記の表の通り・・
             HP           NEC
PSO2  1854       2071
BH-6  2692         842
MHF    7605        1086
FFXIV   7944        2160

スコアと体感が不一致なのは・・「PSO2-HP」の組合せのみ。。POS2はベンチマークの映像でも実際のゲームでもまったく余裕で動作しているにもかかわらず・・スコアは低い・・これはPSO2の評価方法がエクスペリエンスインデックスに近いからかもしれない。。こうなると・・・PSO2のベンチマークは微妙だ!としか言いようがない。。

体感や・・スコア値から整理してみると・・
◎GeForceGT650MとNVIDIA Optimusテクノロジーは有効に作用している。
◎エクスペリエンスインデックスはOptimusテクノロジーを正当評価できていない。
◎スループット等の単純な性能値はHD4000単体よりパフォーマンスが低下する??
◎NECのインデックス値6.2を基準とすると・・7.2ぐらいはあってもいいかな??
◎エクスペリエンスインデックスの低い評価値は無視してよさそう・・安心した。。

◆結論
例えば・・システム上のRAMと違い・・ビデオRAMのスループットは計算上・・2GB/sec程度あれば・・マルチモニタでも120FPS(1920×1080×24bit)以上の実動作が可能なスペックになる。。つまり・・6GB/secとか8GB/secなんてスペック値にあまり意味は無いと言うことだ・・エクスペリエンスインデックスはこの意味の無い(体感上)スペックを評価ポイントにしている。。それに対し・・Optimusテクノロジーは意味の無い肉体強化は消費電力の無駄なので・・そこそこにして・・それより頭脳(どんな描写をするのか・・計算能力)に重きを置いてシステムの構築を図っているのではないだろうか??それが実際の体感としても感じることができる。。
まあ~~Windowsエクスペリエンスインデックス(が低い)の評価値はあてにならないし・・参考値にすらなっていないと言うことで(体感やゲームベンチマークとの相関が見られない訳だから意味を持たない数値と言うことだ)・・一件落着かな・・・

※TOSHIBAのTX67Hは世代が古いので・・ゲームソフトでの評価は実施していない。。

○関連記事です
(1)購入検討偏:
(2)インプレッション偏:
(3)なんとかせねば偏(キーボード Fキー):
(4)なんとかせねば編(Win8 スタートボタン):
(5)なんとかせねば編(Windowsアカウント):
(6)Windows8のメールアプリとはいったい?編
(7)Win8のマルウェア対策:これは使えるのぉ~?偏:
(8)Windows8への思い:素直な感想
(9)Windows8でマルチスクリーンにすると・・
NVIDIA Optimusテクノロジーとエクスペリエンスインデックス
HPノートPC(HP ENVY dv6-7200)のメモリ増設
HP ENVY dv6-7200/CTインプレッション(指紋認証・・他)

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・

web拍手 by FC2 written by トシyan

« HDD(ハードディスク)は容量が大きいほど高速になる! | トップページ | HPノートPC(HP ENVY dv6-7200)のメモリ増設 »

PC・IT関連」カテゴリの記事

コメント

念のため追記しておきます・・我が家のPC(ENVY)はメモリを4GB->8GBへ増設しています(関連記事に詳細があります)。。ディスクトップグラフィックインデックス値の5.8はメモリ増設後の数値で・・増設前は4.8でした。。本文でも記載していますが・・ディスクトップグラフィックインデックス値はビデオRAMの容量とスループットで決まるようなので、メモリ増設で単純にビデオRAMの割り当ても増加するので、結果的にスループットは同じでも数値としては上がるようですね!(どれだけ意味があるかは別として・・^_^;・・)

なるなるさん こんにちは~ そうなんですよね・・新しいPCだし・・チップだって性能が上のはずなのに・・なんで??って誰もが思いますよね!これを解決するには・・私がとやかくここで言うより・・御自分の2台のPCでベンチマークしちゃうのが一番良いと思います。。有名なベンチマークソフトは3DMarkでしょう・・ Basic Editionと言う無料版があります。また・私のようにバイオハザード6とかモンスターハンターフロンティアのベンチマークならカプコンから楽に入手できますよ!グラフィックベンチマークは見ているだけでも楽しいし・・結果を数値で定量化してくれるので・・一番の特効薬ではないでしょうか!

やはり、そう言うことだったのですね、なぜか疑問だったのですが、
当方、旧PC、CPU i7-2670QM、GPU GTX580MのWindowsエクスペリエンスインデックスがCPU7.5、グラフィック7.5、3Dグラフィック7.5でGeForceGTX580Mの値で表示され、
新PCがCPU i7-3610QM、GPU GTX680MのWindowsエクスペリエンスインデックスがCPU7.8、グラフィックHD4000、4.9、3Dグラフィック7.1です、どう言う事??疑問で調べてこちらを拝見しました、体感はこちらは変わりません、動いていない気がする・・かも?

多分、CPUが i7-3610QMと低いから、Windowsエクスペリエンスインデックスには、それも左右されているのでしょうか?旧PCの方が良いような気がしてきて・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/57072267

この記事へのトラックバック一覧です: NVIDIA Optimusテクノロジーとエクスペリエンスインデックス:

« HDD(ハードディスク)は容量が大きいほど高速になる! | トップページ | HPノートPC(HP ENVY dv6-7200)のメモリ増設 »