« D7000のカメラバック(カメラケース)(2) | トップページ | テーブルの棚を製作(久しぶりの日曜大工) »

2012年11月 4日 (日)

REGZA 37Z2 音割れ(ビビリ音)

REGZAはZ2になってから音質が大きく悪化したように思える。。Z1と比べパネル部の厚みが48mm->29mmと薄くなり、外枠も小さくなった・・その背反と思われるのだが。。。また、外観上もZ1と比べ明らかに低コスト化されたように見える。。まあ~実際安いのだから仕方が無い・・だって37インチのZシリーズが6~7万で買えてしまうのだから。。どこの会社・部門であれ様々な規定・基準があると思われる・・Made in Chinaは当たり前として・・Z1にはメーカーのぎりぎりの線引き(基準・規定・こだわりのような物)を感じたが・・Z2にはそれらを感じられない。。勘違いをして貰っては困る・・REGZAは素晴らしい商品だ!!高画質(どこぞのメーカーのように厚化粧をしてけばけばしく華やかさを装っていない)、あくまでニュートラルに素のままで美しさを引き出そうとしている。。動きの早い画像でもブロックノイズが少ない・・通常のDVDレベルの画像でもそれなりに見れる。。これは多分・・この賢いテレビが欠落した情報を補完しているからだろう!!更に、どうすれば早く・美しく表現できるか・・液晶という厄介なデバイスを制御している。。更にPS3を接続したゲーム映像は綺麗なだけでなく遅延も残像も無い!感動ものである。。そう・・このテレビはどのメーカーのテレビより頭がよく・俊敏な肉体を持っているのだ!!しかしどうだ・・身に着けている物はユニクロ?Sanki?いやいやもっと下かもしれない・・・何とかならんのかな・・TOSHIBAさん!!   
   
◆年を取ったせいで前置きが長くなってしまった。。そうそう音割れだ!!このテレビを購入して数ヶ月経った頃・・・ビリビリという音割れが始まった・・ボリュームはせいぜい23とか25位だ・・サービスに電話すると・・リセットをすると直るケースがあるので試してほしいという。。言われるままにやってみると・・直った!! はあ~~??なぜ?? 実は・・予想としてスピーカーの取付に問題が発生したか筐体の緩み等で共振しているのだろうと思っていたのだ・・んん~~つまりソフトが介在している?可能性があるということだろうか??・・その時は、まあ直ったのでそれ以上は考えていなかった。。   
購入から数年が経過し、またビビリ始めた・・ほとんど同じ現象だ!また、リセットしてみた・・直った。。ここからは私個人の何の根拠も無い想像だが・・バイアスやオフセット等のキャリブレーションをしているのではないだろうか?・・学習機能があれば常時調整されるけど・・多分、初期化の時だけやっているのではないだろうか??だから・・気温や経年変化に弱い??・・そう言えば前回リセットした時は初夏のころだった・・
もしくは逆のパターンで学習機能にバグがあり少しづつずれてしまう?・・それが初期化でデフォルト値になるから直る??まあ~何の根拠も無いけどね!!   
   
◆手順(自己責任でお願いします)   
①電源OFF(外付けHDDのランプが消灯していること)   
②念のためHDDのUSBケーブルを外す。   
③REGZAの電源コンセントを抜く。一分間放置。   
④HDDのUSBケーブルを接続。   
⑤REGZAの電源コンセントを入れる。   
⑥通常の待機状態になるまで待つ、この間コンセントは絶対に抜かない。   
⑦電源を入れて、HDDが認識できていることを確認(録画データはOKか)。   
⑧音割れを確認。   
   
※最初に現象が発生した時のサービスの指示はリセット以外に設定の初期化もあったけど・・今回試してみた限り、リセットのみでOKでした。設定の初期化までやると・・最初のセットアップはもちろん、ネットワークや録画予約の情報や画質・音質の設定まで全部やり直しなので非常に面倒になる。。   
   
web拍手 by FC2 written by トシyan

« D7000のカメラバック(カメラケース)(2) | トップページ | テーブルの棚を製作(久しぶりの日曜大工) »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/56039018

この記事へのトラックバック一覧です: REGZA 37Z2 音割れ(ビビリ音):

« D7000のカメラバック(カメラケース)(2) | トップページ | テーブルの棚を製作(久しぶりの日曜大工) »