« ザクとは違うのだよ!ザクとは・・「鍋用ズゴック豆腐」 | トップページ | D7000 ミラーアップショック(振動)の測定・計測(No2) »

2012年10月 7日 (日)

無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント

昨今、自宅は光回線。。室内は有線と無線LAN(WiFi)の混在と言う家庭は多いと思う。。DTCP-IP対応のNASを入れてホームサーバーを構築とか。。ノートPCやらTAB(タブレット)やらゲーム機等・・色々と機器が増えて同時動作(シェアリング)が多くなるとコリジョンも発生しやすくなるし、応答性も悪くなって行く。。そうなると、やはりどうしても(基本的なと言うかベースとなる)通信速度をどうしても上げておきたくらるはずだ!!そのためのポイントをいくつか紹介したいと思う。

1.まっとうな製品を選ぶべし!
非常に残念ではあるが、「802.11.n対応300Mbps」「ギガビット・イサーネット」と規格を謳いながら、機器内部で使用しているマイコンやチップがプアーで100Mbps程度が限界と言う無線ルーターやAPが多く存在している。。性能データ(測定条件を含め)をきちんと公開していない機器は購入をやめたほうがよい。まっとうな製品を選ぶべし!!お勧めは以下だ。。
◆私の物は少し古いので最新型は型番が違うかもしれないが・・
NEC:Aterm WR8700N(USB子機:WL300NU-AG付き)
をお勧めする。。有線・無線とも性能データを公開し納得のスペックになっている。実際に使用しても遅いと感じたことは無い。。
最近のノートPC等は無線LANを内蔵している物がほとんどなので・・何故USB子機付きを選ぶのか??疑問を感じる方もいると思うが・・詳細は後で述べたいと思う。

2.可能な製品は有線接続すべし!
液晶テレビやレコーダー、NAS、ホームサーバーとか、PS3やXbox等・・まあ~可能な限り(ハブ等を有効に使って配線を減らし)有線接続させること。(基本的に移動しない機器は有線接続)

3.自宅周辺の無線環境を知るべし!
他人は何をする人ぞ・・周囲の無線LAN環境を調査すること!私は以下のフリーソフトを使用している。。
Xirrus Wi-Fi Inspector
WiFiInspecter
◆このソフトを使い、周囲でどれだけ無線LAN(WiFi)が使われているのかを調べるのだが。。調査の際、もし、上記のWL300NU-AGや相当品を所有しているなら二度手間を避けるため最初からインストールしたうえで測定することをお勧めします。一般的なノートPCは802.11.nとはいえ2.4Gしかサポートしていないはず。。WL300NU-AGは5G帯もサポートしているので、全ての規格で調査ができる
◆さて、このソフトの画面を少し説明すると・・中央のオレンジ部、ベンダーがNECとなっているのが当方のAPポイントである。電波強度は-33dBmでかなり強めで理想的と言える。。(ここで、dBmと言う単位を簡単に説明すると・・1mWが0dBmで-3dBmが0.5mW。。-6dBmは0.25mW。。-10dBmは0.1mW・・・となっていき、-**dBmの**が大きいほうが電波が弱いと思ってください)
2番目が-79dBmで電力比的に約1万倍程度の強度差があるし、、使用しているチャンネルも大きくひらきがあるのでまったく邪魔になっていない。。
◆私(一軒家)の実施例を紹介すると・・一階で各部屋(数か所)で測定(1か所あたり約1分間程度のサンプリング)、家の外(家の外周)で11か所程度を測定。。2階の各部屋でも同様に測定。。結果をエクセルでまとめ・・立体的に考察してみた・・こうすることで、どのアクセスポイントがどっちの方向で使用されているか・・ある程度ではあるが推測できるようになる。。
もし、2.4G帯が混雑しているなら迷わず5G帯にしたほうがいいだろう! 11.nを有効に使うには広い帯域が必要になる、混雑していないほうが安定度はもちろん速度UPに大きく影響する。。

4.反射板を試すべし!
ダンボール等にアルミホイールを貼りつけ・・(そのままでは恰好が悪いと思う人は壁紙をさらに貼ってもいいと思う)アクセスポイントの裏側(当然だがこちらが使用する電波を遮らない場所で反射を有効利用できる方向に)に配置すると速度が改善することがある。。
IMG_2301
我が家ではアルミむき出しではさすがに嫁が怒るので・・東海道五十三次の絵を貼りつけている。。最近のWi-Fiはアンテナを2つ以上もっておりMIMOと言う技術が導入されているので反射を有効に利用できる。。また、アクセスポイントの配置に自由度があるならば、先ほどの測定データを基に、邪魔になる(電波)方向は反射板で遮り、こちらに有利な状況を作ることもできそうだ。。

5.PCの向きを変えてみるべし!
我が家のノートPCのアンテナはモニタの上部左右にあるようだ。。なので・・アクセスポイントに対して横(90度)を向くか正面(180度)を向くかでリンク速度に差ができる。(150Mbpsと300Mbpsの差がでることもある)

6.我が家の実測データ(ご参考)
◆NECのLavie LL750(i7)
※このPCで一つだけ注意がある。ドライバ(無線)の初期設定で40MHz/ch(GI=400ns)がディセーブルになっている。有効に変更しよう!
①有線接続
WITEPC_1000B_10_07
まずまずの回線速度だと思う。。(AUの光 1G)
②無線接続
WITEPC_80211N_10_07
無線ということを考えれば上等な部類だと思う。
③リンク速度(無線)
WITEPC_PRO_80211NWITE_PRO_80211N_2

PCの場所や向きでリンク速度が大きく変わる。。色々と試してみては??

◆TOSHIBA Dynabook TX/67H
①無線接続
BLACKPC80211N_10_07

少し古いPCだが最新のLavieとほとんど変わらない。。
②リンク速度
BLACKPC_PRO_80211N

リンク速度が150Mなのになんで測定値が150M以上でるの??(非常に不思議なのだ・・)

まあ~自身の環境を知って・・配置や向き等・・ちょっと工夫して・・って感じですかね!!

◆関連記事:
無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント
無線LAN(WiFi)の実行速度(実効速度)とは?(1)
無線LAN(WiFi)の実行(実効)速度の測定(2)
無線LAN(WiFi)の接続台数の限界は?(3)
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(1)・・ 
インターネットの回線速度(通信速度)が遅い(2)・・

○モチベーションアップのご協力お願いします・・
記事最後の「拍手」をクリックしてやってください・・o(_ _)oペコッ・・

web拍手 by FC2 written by トシyan

« ザクとは違うのだよ!ザクとは・・「鍋用ズゴック豆腐」 | トップページ | D7000 ミラーアップショック(振動)の測定・計測(No2) »

PC・IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/55835377

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN(WiFi) 安定度・速度改善(UP)のポイント:

« ザクとは違うのだよ!ザクとは・・「鍋用ズゴック豆腐」 | トップページ | D7000 ミラーアップショック(振動)の測定・計測(No2) »