« 肩こり解消(治療)方法やグッズ紹介 | トップページ | フライフィッシング(fly fishing) タックル紹介 »

2012年10月 4日 (木)

ノートパソコン(PC)発熱対策(冷却UP)

最新のノートPCは本当に発熱対策が良く出来ていると思う。我が家の最新PCはNECのLavie LL750(i7)だが、3台あるノートPCの中で一番速く、一番発熱量が少ない。。これは一重にCPUを含めたチップの低電圧化微細化技術の進歩が大きく貢献しているからだ。。発熱の対策には2つのアプローチが存在する。
◆1つ目が発熱量を抑える方向のアプローチで、省エネにもになるし、バッテリを長持ちさせる等たくさんのメリットがある。。 
◆2つ目が冷却技術の進化だ。。ヒートパイプやFANのPWM制御等・・あるにはあるが・・1つ目のアプローチと比べるとゆっくりしたものになってしまう。。
まあ~この様な技術進化があるため・・最新のPCほど発熱が少なく、省エネ化されているのだ。。さてさて、年寄りの能書きはこのぐらいにして。。
◆少し古くなったノートPC(Visat時代)で、「最近熱くなって来た」「昔はこんなに熱くなかった・・発熱しなかった」物理的な測定はしていないが・・何となく触った感じで熱い・・とかFANが頻繁に回るようになったとか・・そう感じている方は多いのではないだろうか??
これはある程度、改善できる可能性があるので以下を試してみてはどうだろうか・・基本的に内部の埃(ほこり)を取るという単純な作業だ!
(分解しなくても大きな埃(ほこり)は吸い出すことができる)

※リスクは少ないけど、あくまで自己責任でお願いします。
1.PCの電源を切る。(必ず行うこと)
2.例として写真を載せますが、排熱口(写真左)とFANの吸入口(写真右)から掃除機で埃を吸い出します。。この時、あればでいいけど、ダストブロアーで反対側から強制排出してあげると効果大です。
D_DSC_2716D_DSC_2717
私は以下の順番で実施しました。
①FAN側から掃除機で吸い込み、排熱口からブロア
(ちょっとびっくりするぐらい埃が出てきます、FANの網にからまった埃は手で取りましょう)
②排熱口から掃除機で吸い込み、FAN側からブロア
3.効果は??
何となくFANが静かになった気がします。。(前は頻繁に回っていましたが間隔にだいぶ空きがあります)CPUの温度で実施前と後の比較ですが・・YouTubeで30分ぐらい動画を見た直後の温度です。だた、CPU温度は制御されてしまうので温度だけでの判断はできませんね!!
※対策前
MAE
※対策後
ATO

やっぱり、絶対的な温度では比較が難しいですね・・FANが(高速で)回っている時間や間隔、温度の下がり方は変わっているはずなのですが・・・ちょっと証明(証拠)が難しいですね。。(このSWってログとれるのかな・・)

【補足】
◆「発熱を減らす=消費電力を減らす」なわけだが・・例えば、5V:1A(5W)で動いていた物を2V:1A(2W)にできれば発熱量も半分以下にすることができる。CPUや周辺のチップは物理的に物を動かしたり(例えばモーター)、発光させたりと物理的にエネルギーを消費させる必要が無い。つまり情報を処理しているだけなので、電圧を半分にしたからパワーが無くなるという単純な図式ではないのだ。。
なので、動作電圧を可能な限り低くすることで省エネを図ることができる。しかし、さまざまな二律背反(動作速度の低下やノイズ、宇宙線等など)があり、一気に課題がクリアできほど甘くは無い。。また、微細化により遅延を減らし(高速化)、無駄な電流を減らすことができるし、コストまで減らすことができるのだ。。まあこちらも一足飛びで出来るわけもなく、ここまで来たか~ってとこですか!!

web拍手 by FC2 written by トシyan

« 肩こり解消(治療)方法やグッズ紹介 | トップページ | フライフィッシング(fly fishing) タックル紹介 »

PC・IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/55811801

この記事へのトラックバック一覧です: ノートパソコン(PC)発熱対策(冷却UP):

« 肩こり解消(治療)方法やグッズ紹介 | トップページ | フライフィッシング(fly fishing) タックル紹介 »