« アンプ壊れたぜ! | トップページ | エアコンフィルタ交換 »

2012年7月 1日 (日)

昔のVOLVOを思い出す・・

  何故か昔のVOLVOを思い出してしまって・・・今日は、以前乗っていた960 ROYAL エステートの話をしたいと思います。
私が所有していたのは94年式なので薄目・マルチリンクになる前の外観的には940と区別がつけにくい車種でした。まずは、一般的な特徴やスペックを紹介すると、

Photo

4850x1755x1495(mm)、B6304 直列6気筒DOHC24V 2921(cc) 200ps 当時としては画期的なオールアルミエンジン(ポルシェが開発に関与)はシルキーで気持ちのいいエンジンでした。スクエアなデザインはとにかく扱いやすく、実用的で心地よく、シート、ステアリング、レバー、スイッチ操作のフィーリングに至るまで一貫したポリシーを感じる車でした。

Photo_2

私は、この車を所有したことで、自動車に対するスキル(主にH/W面の基礎知識)が向上することになりました。(良くも悪くも・・と言うか) 
そのほんの一例を上げると、皆さんはキャニスタなる物をご存じですか?燃料タンクにはガソリンが入っている訳ですけど、気化したガスが溜まってきます。このガスは排熱や気温の上昇によって多くなり、完全な密閉だとその圧力によってタンクが変形するほどになってしまいます。これを防ぐためガソリン入口付近に圧力弁を介しガス抜きホースを設けキャニスタにガスを貯蔵します、エンジン始動中は負圧によってそのガスを吸い出し一緒に燃やしてしまいます。でもエンジン停止中はこれができないので、キャニスタ(結局フィルタのような物)を通して車外へ放出します。(そのまま放出すると毒性や匂いも含め問題となるのでフィルタを通す)この基本構造は今も昔も日本車も外車も(例えポルシェが開発したエンジンでも)同じです。キャニスタはエンジンルームにあり、フィルタ機能の劣化によって匂う(車内へガソリン臭が入ってきます)ようになってしまいます。一般使用による劣化は何年もかかりますが、VOLVOの場合、一発でその機能をだめにしてしまう使用方法(方法と言うべきか?)があります。それは、ガソリンを入り口まで一杯に入れる(どこのスタンドでもよくやりますよね・・)と、圧力弁の仕様(仕様と言うべきか、日本車と比べ能力に劣る)により、ガス抜きホースからガソリンその物がキャニスタに侵入してしまいまい、ガソリン漬けになるので結果として機能不全となります。
VOLVOを庇う訳ではありませんが・・・・ワールドワイド的に言って、入口までガソリンを入れる危険行為(下手をすると吹き出します)をするのは日本だけ?(スタンドがせこいのかな・・)。通常は**ガロン、**リットルと必要分を入れるか最初に止まった所(自動)でやめます。(言いきって大丈夫かな??)
ここまで書けばみなまで言う必要は無いと思いますが・・・これらの知識不足により(文化の違いで車造りも違う)、キャニスタの度重なる交換という授業料を払いました。他にも、スタンドのお兄ちゃんが珍しさでエンジンルームを開けて、ウォッシャの蓋を壊されたとか・・・タ*ヤ館でオフセットの合わないホイールをチョイスされ、ダンパーを擦ってしまったとか・・・・この手の逸話は切りが無いですね!!このような書き方をすると、だから外車はダメなんだ!って思う人もいるかもしれません。でもね・・私はそう思わなかったんですよ!知らない事が罪であり(スキル不足が)車は悪くない、そもそもスタンドやタ*ヤ館のお兄ちゃんなんかに(彼らはプロでは無い:整備士ではない)勝手に触らせた自分が悪いと思うようになったんです・・・安心できるのはディラーか信用できる整備士、同車のオーナーの情報ぐらいかな・・。なので、所有し維持するにはメカ的な基本知識がどうしても必須だったんですね。(やらせる事とやらせてはいけない事を指示・管理するために!)

◆まあ~それだけこの車が好きだったんでしょうね!良さを並べると・・・
※シャーシマナーが最高(噂では960は本国生産なのでスウェーデン鋼を使用??)
※絶品のシート(さすがRoyal、スウェーデン王室マークは伊達じゃない)
※高速走行での接地感や直進性がすごくいい!(直線番長だけど)
※長距離走行でも疲れが少ない。
※3列シートを畳んだミニバン並みのラゲッジスペース
※スクウェアなのでスペースに無駄がない、実用的。
※最小半径が5mで且つ見切りが良いのでとにかく扱いやすい。
※シルキーで気持ちよく回る直6エンジン。
※踏み込んだ分だけ効くブレーキ(リニアで予測しやすい)

Photo_3

◆まあ~確かに背反と言うか欠点もあります。
※柔らかすぎる足回りでロールが半端無い。
※フロントヘビーでハンドリング(回頭・応答性)は悪い。(よっこらしょ!って感じです)
首都高や山道ではカローラクラスに煽られます。
Photo_4

まあ、結局無いものねだりでBPEに乗り換えましたが、懐かしいですね・・・・でも実家に帰れば会えるので(現在は兄が所有し、現役で動いています)いいかな。。。

« アンプ壊れたぜ! | トップページ | エアコンフィルタ交換 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/55092794

この記事へのトラックバック一覧です: 昔のVOLVOを思い出す・・:

« アンプ壊れたぜ! | トップページ | エアコンフィルタ交換 »