« ARROWS買ってやったゼ!(1) | トップページ | アクアリューム(1) »

2012年6月 2日 (土)

ARROWS買ってやったゼ!(2)

今回はトシyanのインプレ編だぜ!
前回は超お得なARROWS Xi Tablet(タブレット)の入手方法を紹介しました。今回は続編ARROWSのインプレッションになります。今回のトシyanはちょっとマジだぜ!

(1)外観・デザイン (◎)
なかなかに綺麗です。薄いです(約11mm)。期待したほど軽くはありませんが、重くもないです(約600g)。

Gaikan1_1

液晶側は全体的に黒で、エンボスされた枠は薄目でよく仕上がってます。裏面?(液晶の反対側)はメタリック調のパールホワイトで高級感があります。(梱包箱も同色のパールホワイトで塗装され実に綺麗で捨てるのがもったいなく感じます、とてもダンボールとは思えない肌触りです)と言うわけでデザインは◎としました。

Gaikan1_2

(2)防水について(?)
SpecはIPX5/7に対応しているようです、怖くて試してはいません。が、気になる点を挙げると、各種コネクタ(端子)関連のカバーがとてもプアーに感じます。パッキンとして機能するか不安になります。また、僅かですが表裏ケースの接着面(中央部)に隙間(浮き)があり加工精度は標準レベル(特筆するよさはありません)。なので、お風呂で使用する時は、側面やカバーにセロハンテープを貼り付けています。実力は不明なので?。

(3)液晶・タッチパネル(○)
標準的な美しさです。個人的には好みの部類に入ります。ぎらつきもなくこれでよいと思います。まあ、どのパソコンでもそうなのですが、録画した地デジやDVDの再生の時、何故か全体的に白っぽいと言うか、TVと較べると色が薄いというか、と言うのはあります。
タッチパネルは初めてなのでそもそも操作に慣れていません。(いまだに携帯で十分とスマホは拒否してます)なので、まあこんなもんかな~感度的にも不満はないです。なので評価は○です。

(4)サウンド(×)
話が長くなるのと脱線してしまうので、興味のある人は最後の【脱線】を見てください。紙のようなペラペララジオなので評価は×です。

(5)ワンセグ(△)
ワンセグの評価は難しいです。所詮ワンセグなのでこんなもんと言えばこんなもんですが、ワンセグにしては良い方です。ただ、評価を○にしてしまうと誤解を与えかねないので(過度な期待)△にしています。都内で一軒家ですがお風呂でも見れてます。AU、ドコモの携帯と感度は同等だと思います。

(6)ジェスチャーコントロール(限りなく×に近い△)
まあ、正直な所、使い物になっていません。苛々するので未使用に設定しています。

(7)通信速度(WiFi)(○)
我が家の構成概要としては、AU光(1G)、無線APはNEC PA-WR8700N(当然11.n)で電波強度は-38db程度、周囲の電波環境(ご近所の使用状況)はチャンネルが離れているのと、強度的にも-80db前後なのでまずまずだと思います。ノートPCでの測定データは、有線で下りが680Mbps,上りが440Mbps程度、無線では下りが130Mbps,上りが70Mbps程度が通常です。(KDDIの測定サイトにて)
ARROWSの測定結果ですが、同じKDDIのサイトではJavaが動作しないため、FLASHを用いるBNRで測定しました。結果は下りが23Mbps、上りも20Mbps程度でした。11.nに対応しているとは言え、40MHz/ch(GI=400ns)には未対応(情報の確実性は不明)、とすると上記の結果は納得です。ニコニコやYouTubeなら支障はありません。
Hikari



Sokudo


(8)カメラ機能(△)
これでマジな撮影をする人はいないと思いますが・・・絵作りは普通です。使用するシチュエーションとしては何かのプレゼンですかね??そう言う意味では画面も大きいので、組合せとしてありかなと・・・と言うことで組合せとしては○ですが。大きさが大きさなので動画撮影は手振れがバリバリに出ます。また、オートフォーカスがいまいちなのと、タッチスクリーンがシャッターなので半押しができません。と言うことで評価は△です。

(9)バッテリー(◎)
使っても、使ってもバッテリーの減りが僅かです。充電時間はそれなりに長いですが、これだけ使えれば十分です(使用中WiFiはいつもONです)。ただし、評価で注意してほしいのは我が家の使用方法が特殊なのか自宅のみの使用であるため、本機を携帯やスマホの延長では捉えていません。どちらかと言うとノートPCの延長で考えています。

(10)ファームやアンドロイドに関して(△)
よくフリーズします。WiFiがらみかな?と言うのが所感です。何かの障害でパケットが喪失
(無応答)した時があやしいと思ってます(あくまで勘ですが)。それから、スリープに移行するタイミングとアプリとの関係もあやしいです(これも勘です)。

(11)総評(○)
入手コストが3万円オーバーなら正直○は微妙です。でも1万円なのでぜんぜん○です。
また、今後のアップデートで品質アップを期待します。

web拍手 by FC2 written by トシyan

関連記事:右下の「PC・IT関連」に関連記事があります。

【脱線】
我が家には3台のノートPCがあります。dynabook(TX)が2台、LL750が1台で、小さいなりに音楽を奏でています。なのでこのクラスはこれが当たり前だと勘違いしていました。
dynabookのサウンドシステムはHarman(JBLの会社です)、LaVieはYAMAHAのブランドで構成されています。さすがですね!(と言うか今までよさに気づかなかった)

ARROWSは更に小型で、防水と言うハンデもあります。技術的にも難易度が上がるため上記のノートより悪くなることは容易に想像ができます、がその想像を超えた悪さがARROWSにはあります。
キーワードはフィルタです。小さなスピーカーなので当然レンジは狭いです。狭いレンジの中でどう聞かせるか、ARROWSは再生が困難な帯域を信号として出してしまっているのでは?と感じます。出ない物は出ないだけでなく悪さをします。この辺の認識があるのかないのか?と疑問を感じてしまうのです。次回の製品ではぜひMATLAB等を使ってシミュレーションしてみてくださいGAINだけでなく位相も重要です。(もし、「メーカーの人が見ていたら」ですけど)老婆心ですかね・・・釈迦に説法ですかな・・・

« ARROWS買ってやったゼ!(1) | トップページ | アクアリューム(1) »

PC・IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587227/54822104

この記事へのトラックバック一覧です: ARROWS買ってやったゼ!(2):

« ARROWS買ってやったゼ!(1) | トップページ | アクアリューム(1) »